電子タバコ・VAPEコラム

タバコで気になる臭いの原因「タール」は電子タバコには含まれない

タバコで気になる臭いの原因「タール」は電子タバコには含まれない

タバコ独特の臭いやヤニは「タール」に原因があった

タバコは一度吸ってしまうとなかなか手放すことが難しくなります。しかし、タバコを吸うと臭いや歯の黄ばみなどが気になってしまうものです。気になるけれどやめられないという葛藤に悩まされている方も多いのではないでしょうか。

タバコの特徴ともいえる臭いや黄ばみ、歯に付着するヤニの原因は「タール」と呼ばれる物質です。
タールは黒い粘着性の強い物質で、タバコの葉を燃やすことで発生します。

このタールは粘着性の強い物質ですので、タバコを吸うと歯にヤニがついてしまいます。また、強い臭いも持っているため、ヤニによる口臭も強くなってしまいます。

さらにタール色素と呼ばれるものもあるほど、タールは色が付きやすくなっています。それによって歯が黄ばんでしまったり、自宅内でタバコを吸うと白かったはずの壁紙が黄色くなってしまったりするのです。>br> タールの臭いの強さは口臭に影響を及ぼすだけにとどまらず、服や髪の毛などにも臭いが付きます。これほどの臭いなので、周囲の非喫煙者に迷惑をかけてしまうことは明らかです。

お客さんと頻繁に顔を合わせる営業職の方であれば、スーツにタバコの臭いが付いてしまい、お客さんに悪い印象を与えてしまうこともあります。

VAPEはタールが含まれないから臭いや色が気にならない

電子タバコVAPEは、タールによる臭いや黄ばみを気にすることなく喫煙を楽しむことができます。
というのも、VAPEにはタールが含まれていないので、臭いや色の発生原因を根本からシャットアウトしているのです。

ただここで気になるのが満足感でしょう。タールが含まれていないことによって、満足感が得られなければ、電子タバコに変える意味がありません。

しかし、ここで確認していただきたいのが、タールの役割についてです。
なぜ喫煙者がなかなか禁煙できないのかというと、タバコには依存性があるからです。しかし、この依存性はニコチンから来ているものであり、タールが含まれていなくても満足感の減退にはつながらないのです。

VAPEにはタールは含まれていませんが、ニコチンは含まれているので、電子タバコでは満足できなかったから普通のタバコに戻そうということにはならないでしょう。
ご家族や周囲の人から、臭いや色を理由に禁煙を勧められている場合は、電子タバコVAPEに切り替えてみることをおすすめします。

身体への悪影響が少なくなる

タバコは臭いや色だけが問題ではありません。喫煙をすることで癌のリスクが高まることからも禁煙が叫ばれているのです。

実はタバコが癌のリスクを高める原因もタールにあります。タールは約4000もの化学物質が結合したものだと言われており、それが体内に入ることで癌を発症させるのです。
また、喫煙者はタバコのフィルターを通しているので、タールの影響が和らげられていますが、周囲の人はフィルターを通さない煙を吸うことになるので、ご家族の前で堂々と喫煙することは、ご家族を癌のリスクにさらしている状態だと言えます。

こういった面からもVAPEはメリットがあります。タールが含まれていないので、癌のリスクが高まる心配がなく、身体への悪影響を減らすことができるのです。もちろん、周囲の人に対しても同じです。

しかし、VAPEも身体への悪影響が全くないわけではありません。ニコチンは発がん性物質ではないため癌のリスクに影響することはありませんが、神経系に作用して血圧を上昇させたり、動脈硬化を引き起こしたりするのです。
そのため、身体への影響を無くして喫煙を楽しみたい場合は、VAPEのニコチン0mg相当のリキッドを使うことをおすすめします。

電子タバコVAPEは、様々なリキッドを楽しむことができる上に、自分の健康に対しても、周囲の人に対しても優しいタバコと言えます。

関連コラム