電子タバコ・VAPEコラム

電子タバコの臭いは周囲の人の迷惑になるのか

電子タバコの臭いは周囲の人の迷惑になるのか

進行していく禁煙への規制

近年、喫煙への嫌悪感は増しているように感じます。

飲食店でも禁煙席のみになってしまったり、ショッピングモールなどでも喫煙ルームが数か所用意されていたりする程度です。

なぜこのように喫煙者が肩身の狭い思いをしているのか、原因は明らかです。

それは喫煙による健康被害が原因です。喫煙によって肺がんのリスクが高まることは子どもでも知っているでしょうし、喫煙者が吸い込む主流煙よりも、周囲の人が吸い込む副流煙の方が害が大きいことも有名です。

このように喫煙は喫煙者本人だけでなく周囲の人にも健康被害を及ぼしてしまうため、喫煙できる場所が限られているのです。

そして、最近では飲食店での喫煙を全面的に禁止する動きもでてきています。この規制についてはどのような結果になるかわかりませんが、さらに喫煙しにくい世の中になっていくことは確かなことでしょう。

電子タバコは周囲に迷惑をかけにくい

そんな規制が進んでいるタバコですが、電子タバコVAPEであれば喫煙者本人も周囲の人も安心です。

通常のタバコでは火を使用しているため煙が発生します。この煙が周囲の人に迷惑を掛けたり、臭いの元になったりします。

ところがVAPEは電気を使用して加熱するため、煙が発生しません。VAPEを使用していると煙のようなものが発生しますが、これは水蒸気です。

それに伴って臭いも軽減。少し臭いはするものの、決して嫌な臭いではなくVAPEに使用するタバコリキッドの香りであり、不快に感じることはほとんどありません。

喫煙によって肺がんなどのリスクが高まる原因は、タバコ葉を燃やした時に発生するタールという物質ですが、VAPEでは火を使わないのでタールも発生することがなく、肺がんを発症する危険性を抑えることもできるのです。

さらに火を使わないメリットがもう1点。

タバコの臭いで気になるのは煙だけではなく、吸い終わった後の吸い殻からの臭いも気になります。たとえ喫煙者でも、人が吸った後の吸い殻の臭いは不快に感じます。

自分が吸った場合には気にならないものですが、不思議なもので他人の物は気になります。
そうなれば、非喫煙者はさらに吸い殻の臭いを不快だと感じやすいということです。

しかし、電子タバコの場合は吸い終わっても吸い殻が出ないので、喫煙しはじめから終わりまで、不快な臭いを発生させずに喫煙することができるということです。

もちろんタバコではないからといって禁煙席で電子タバコを利用できるかはお店によって違うので確認が必要ですが、分煙がしっかりとなされていないお店の喫煙席では、電子タバコを使うことで禁煙席に座っている人への迷惑を抑えることができます。

面倒な喫煙後のケアも必要なし

仕事上、お客さんと顔を合わせる機会が多い場合、喫煙後のケアは非常に大変です。

タバコによって口臭が強くなることもありますし、服や髪に臭いが付いてしまいなかなか取れないということもあります。

しかしVAPEはそういった面倒なケアも必要なくなります。

前述したように煙が発生せず、臭いも不快なものではないため、服や髪に臭いが付く心配はありません。

また、喫煙後に口臭が強くなったり、歯にヤニがついたりするのはタールが原因です。タールは粘着性と臭いが強く、口内に残って臭いを発生させ続けます。

VAPEに関してはタールも発生しないので、口臭を気にすることがなくなります。

このように本物のタバコと大きな違いを持つVAPEですが、実際に満足するのかというのが喫煙者にとって気になる部分かと思います。

禁煙をしたいと思っている方は、電子タバコVAPEに切り替えることで、無理なく禁煙に向けての一歩を踏み出せるのではないかと考えます。

関連コラム