★ 電子タバコ用【ニコチンリキッド】の個人輸入はこちら>>

ニコチンソルトのDIYリキッドが新発売!

電子タバコVAPEはドンキで買える?販売されている種類やメリットを解説

電子タバコVAPEはドンキで買える?販売されている種類やメリットを解説

仕組み・吸い方
シェアする

VAPEは電子タバコの一種として注目されるようになりました。健康面、味といった理由から支持を受けています。そして、電子タバコがドン・キホーテで買えるのか気になっている人もいるのではないでしょうか。この記事では、ドン・キホーテで取り扱われている電子タバコVAPEの種類や、ドン・キホーテで買うメリットなどを解説していきます。

Contents

1.ドンキで買える電子タバコVAPEの種類は?

電子タバコVAPEはドン・キホーテ(ドンキ)でも購入可能です。どんな種類が置いてあるのか、事前にチェックしておきましょう。ドンキで変えるVAPEは形状によって大きく3種類に分けられます。

1-1.ペン型

まず、VAPEには「ペン型」と呼ばれるタイプがあります。ペン型は細長い形が特徴であり、コンパクトさを求めるユーザーにはぴったりです。さらに、使い方も比較的簡単なので、VAPEの初心者でも操作が覚えやすいといえるでしょう。そのほか、ペン型は価格の安さもメリットです。最初から高価な付属品などがついてこないので、気楽に始めやすい種類です。ペン型が広まったのは、小型で軽量なので持ち運びが便利だったからです。カバンやポケットに入れていても邪魔にならず、外出時にも携帯できます。職場の休憩時間や飲み会、デートなどにも向いています。

1-2.ボックス型

四角い見た目の「ボックス型」VAPEもドンキで販売されています。ボックス型VAPEは重い吸いごたえを求める人に向いています。そのため、ある程度VAPEを使い慣れた中・上級者向けの商品だといえるでしょう。ボックス型は出力調整のできる商品が多く、使い方によって吸いごたえが変わります。たとえば、同じリキッドを使い続けていても味わいの幅が生まれるのはメリットです。一方で、価格が高くなりやすく、VAPE初心者からは敬遠される傾向にあります。それでも、カスタマイズ性が支持を受け、VAPE通には好まれています。

1-3.POD型

ペン型とボックス型の間にあたる商品として開発されたのが「POD型」VAPEです。POD型はペン型の操作性とボックス型の吸いごたえを両立させました。そして、最大の特徴は交換可能なカートリッジの存在です。PODと呼ばれるカートリッジを取り替えることでリキッドとコイルを交換できます。VAPEは長く使い続けるためにメンタナンスが不可欠であり、パーツの手入れのしやすさは大きなポイントとなります。手軽に利用できるPOD型は初心者からもヘビーユーザーからも人気です。

2.ドンキで電子タバコVAPEを買うメリット・デメリット

電子タバコVAPEをドンキで買うなら、メリットとデメリットを押さえておきましょう。事情によってはドンキで買うと得な場合と、そうでない場合があるからです。

2-1.メリット

ドンキでVAPEを買う最大のメリットは「購入前の確認ができる」点です。店頭で商品を手に取り、実物の感覚をつかめます。サイズや重さはもちろん、デザイン性まで間近で見られるので購入後の違和感を防げるでしょう。次に、「店舗数の多さ」も魅力です。ドンキは全国にチェーン展開しているので、多くの地域で簡単に店舗が見つかります。足を運びやすく、VAPEが欲しくなったらすぐに店舗へと向かえるでしょう。しかも、ドンキは庶民的な雰囲気があり、気軽に入店可能です。服装や髪形が整っていない状態でも、気がねなく買い物できます。

さらに、POD型(カートリッジ式)のVAPEの取り扱いが多いのもメリットのひとつです。POD型は使いやすさと吸いごたえをかねそなえているので、多くのVAPEユーザーから愛されています。在庫が豊富でさまざまな商品をチェックできるのはうれしいところでしょう。そのほか、ドンキにはVAPE以外の電子タバコも並んでいます。異なる商品同士を比較することで改めてVAPEの魅力に気づくケースもあるでしょう。自分に合ったVAPEを探すうえで便利な環境が広がっているのです。

2-2.デメリット

ドンキでVAPEを買うにはデメリットもあるので注意しましょう。たとえば、本格的なリキッド式VAPEや消耗品を置いている店舗は少数です。また、新製品が入荷されるまでに時間のかかることが珍しくありません。古いモデルしか並んでいない店舗もあるので、新製品を探すには向かないでしょう。さらに、ドンキは実店舗にすると低価格であるものの、ネットショップよりは高くなってしまいます。安さだけにこだわってVAPEを買うなら、ネットのほうが便利です。

「専門スタッフの不在」もドンキのデメリットです。専門店と違い、ドンキのスタッフには十分なVAPEの知識がそなわっていません。深い質問をしても回答をしてもらいにくく、自力で商品を選ばなければいけないといえます。そのほか、「購入前に商品を試せない」ので、吸いごたえまでは確認できません。そして、ドンキではニコチン入りリキッドを購入できないのも、人によっては不便に思えるでしょう。ニコチンの有無で吸いごたえは大きく変わるので、こだわりのあるユーザーにとっては見逃せないポイントになりえます。

3.専門店で電子タバコVAPEを買うメリット・デメリット

VAPEを買うなら専門店に行く方法もあります。専門店なら丁寧なサービスと品揃えを期待できます。ただし、専門店にもドンキと同じくメリットとデメリットがあるので事前に把握しておきましょう。

3-1.メリット

専門店では商品知識豊富なスタッフが対応してくれます。VAPEに詳しくない場合でも、スタッフに聞けばさまざまな商品の特徴を丁寧に教えてくれます。好みなどをヒアリングして、お客に合ったVAPEを提案してくれるのも専門スタッフならではの強みです。理想的なVAPEを手に入れやすいのは専門店で買う最大のメリットでしょう。次に、ほとんどの専門店で「試し吸い」が実施されています。VAPEは嗜好品なので、結局は味がわからないと買うべきかどうかの判断がつきません。吸いごたえなども含めて、VAPEの良さをじっくりと吟味できます。

そして、「スタッフからの説明」があるのは初心者にとってうれしいポイントです。専門店でVAPEを買うと、スタッフからセットアップ方法を詳しく聞けます。パーツの名称やそれぞれの機能についても説明を受けられるでしょう。VAPEは操作に慣れるまで時間のかかる商品であり、最初にスタッフからアドバイスをもらえるとスムーズに利用開始しやすくなります。

3-2.デメリット

専門店でVAPEを買うデメリットは、「店舗の雰囲気」でしょう。女性ユーザーなどを考慮してスタイリッシュな外観の店舗も増えてきたものの、入りにくい店構えが多く残っているのは事実です。また、専門店は都市部に集中しているのもデメリットです。地域によっては気軽に通えず、専門店を探すだけでもひと苦労でしょう。

「価格」についても確認したい要素です。専門店ではVAPEを定価で販売しているケースが一般的です。値引きが少ないので、ネットショップなどに比べると購入をためらってしまう人もいるでしょう。そして、国内の専門店では原則としてニコチン入りのリキッドを取り扱っていません。ニコチンが入っていないと物足りないユーザーは、専門店で希望の商品を見つけるのが難しいといえます。

4.海外と日本で買えるVAPEリキッドの違い

ドンキでも専門店でも、ニコチンフリーのVAPEしか買えない状況は同じです。なぜなら、日本国内で購入可能なリキッドは、そもそも海外製品とは別物だからです。ニコチン入りリキッドが日本で買えない理由を正しく学びましょう。

4-1.海外で買えるリキッド

まず、海外ではそもそもニコチン入りのVAPEリキッド自体が珍しいものではありません。普通に販売されているだけでなく、むしろVAPEリキッドの中でも主流を担っています。国によって規制はあるものの、日本以上にニコチン入りリキッドが手に入りやすい国はたくさんあります。

また、VAPE自体も日本より海外のほうが普及しています。背景として、アーティストやセレブリティがいち早くVAPEに反応したことが挙げられるでしょう。トレンドに敏感な人気スターたちは、VAPEをファッションアイテムとして取り入れ始めました。VAPE側もスターたちのビジュアルを利用し、スタイリッシュなイメージで広告を打ち出し始めました。その結果、若者層でVAPEがおしゃれなものとして認識されていったのです。SNS向けに美しい写真を撮りたがる若者の傾向ともぴったり重なったといえるでしょう。

4-2.日本で買えるリキッド

ニコチン入りのリキッドが日本で買えないのは薬事法にひっかかるからです。薬事法ではニコチンの譲渡や販売を禁止しています。そもそもニコチン入りリキッドは日本だと薬品とみなされるので規制がかかってしまいます。国内では販売できないのが現状なのです。そのため、日本のVAPEユーザーは喫煙習慣というよりも、禁煙や節煙を目的としてニコチンフリーのリキッドを利用しているケースが顕著です。リラックスのためにVAPEを吸っている人も少なくありません。

ただし、ニコチン入りのリキッドを個人輸入することは認められています。どうしてもニコチン入りのリキッドを使いたいなら、正規ルートから輸入すれば手に入ります。ただし、個人輸入できる量は1カ月に使う範囲内に収めなくてはなりません。おおよその目安として「120ml」を意識しておきましょう。

5.ニコチン入りVAPEリキッドを個人輸入する方法

どうしてもニコチン入りのVAPEリキッドが欲しいときは、個人輸入に踏み切るのも手です。2つの方法でニコチン入りVAPEリキッドは個人輸入できます。正しいルートで購入して安全にVAPEを楽しみましょう。

5-1.海外で購入する

まずは、自分が海外に渡ってニコチン入りリキッドを調達し、帰国する方法です。海外の店舗でリキッドを買うぶんには違法になりません。帰国時に税関へと申告する必要こそ出てくるものの、認められれば日本に持ち帰れます。海外旅行や出張の際、まとめ買いするのも効率的でしょう。

注意したいのは、日本国内でニコチンを譲渡するのは禁止事項だという点です。つまり、知人が海外に行くとき、お土産としてニコチン入りリキッドを頼むことはできません。逆に、自分が海外に行く際にも誰かのためにニコチン入りリキッドを買ってくることは認められないのです。あくまで、自分のために自分で購入するパターンでのみ、海外でのニコチン入りリキッド購入は許されます。

5-2.海外のネットショップで購入する

もうひとつの方法が「ネットを通じて海外から購入する」ことです。ネットショップの中には個人輸入を代行してくれるところもあります。そこに依頼すれば、日本にいたままでニコチン入りリキッドを手に入れられます。海外に渡る旅費を節約できるうえ、税関への申告などのわずらわしい手続きも発生しません。そのかわり、場合によってはある程度の語学力を要求されます。ネットショップの多くは日本語対応しておらず、英語によって情報が記載されています。支払いや手続きでトラブルを起こさないためにも、サイトの内容はしっかり把握してから依頼するようにしましょう。

また、日本円を取り扱っていないネットショップも少なくありません。その場合、決済は現地通貨に合わせることが鉄則です。手持ちの円を両替するなどしておかないと、サイト側ともめることになりかねません。そのほか、悪質なサイトも紛れているので依頼先は慎重に選びましょう。代金を振り込んだのに商品が届かなかったり、法外な料金を定めていたりするサイトは後を絶ちません。これらの悪質サイトと関わらないためには、リサーチ力がものをいいます。口コミなどに目を通し、評価の高いサイトと判明してから正式に利用しましょう。

6.ニコチン入りVAPEリキッドを買うならvape.shop

日本にいながらニコチン入りVAPEリキッドを買いたいなら、「vape.shop」を検討しましょう。vape.shopはVAPEの本場であるアメリカのカリフォルニアに拠点を置く個人輸入サイトです。豊富な品ぞろえで世界中のVAPEユーザーと取引をしてきました。もちろん、ニコチン入りのリキッドも取り扱っています。vape.shopの大きな魅力は、日本版サイトがリリースされている点です。日本語で詳細な手続きが説明されているので、個人輸入にまつわるミスやトラブルが起こりにくいといえます。さらに、日本円による決済ができるのもうれしいところです。

そのうえ、vape.shopには日本人スタッフがいます。問い合わせには日本語で対応してくれるので、疑問や不安は遠慮せずに問い合わせましょう。丁寧なサービスは口コミでの評価も高く、上級ユーザーからも一目置かれています。そして、リキッド以外の商品を買う際にもvape.shopは便利です。VAPE本体(スターターキット)やアクセサリーなどのバリエーションがあり、ユーザーの細かい要望にも応えてくれます。

電子タバコVAPEを買うならドンキ以外の選択肢もあり!

ドンキは気軽に電子タバコVAPEを買える点で便利です。しかし、品ぞろえや価格などで物足りなさを覚えるなら個人輸入も考えましょう。vape.shopはVAPE本体からリキッド、アクセサリーにいたるまで豊富なラインナップが魅力です。国内では買えないニコチン入りリキッドも取り扱っています。VAPEの楽しみ方を広げるために検討してみましょう。

ニコチンリキッドを購入するならvape.shopで!

CONTENT特集一覧から選ぶ

皆さんはレモンの効果を知ってますか?レモンドロップは新たにひねりを加えた伝統的なレモネードのフレーバーです!甘く、酸味があります、ちょうど良い刺激があります!
STLTHの使命は、安価で実用的かつ喫煙者を満足させる代替品を提供することによって、受動喫煙や吸い殻のポイ捨てなど多くの悪影響を及ぼす従来の紙巻きタバコからの切り替えを促すことです。ポッドカートリッジを 挿入するだけでご利用できます。
VAPE.SHOPでは、PayPalという決済方法がご利用可能です。しかし残念ながらこのPayPalは、日本ではそこまで知名度が高くありません。みなさまに安心してお買い物をいただけますよう、こちらのページにて「PayPalの安全性について」お伝えします。
大人気リキッドのノンフレーバーニコチンベースについて、500人以上の方にアンケートを実施しました。楽しみ方は十人十色。 まだお試しいただけてない方はぜひ参考にしてみてください。
日本で爆発的な人気を誇るアイコス。ご存知の通り、アイコスは電子タバコ/VAPEではなく加熱式タバコです。たばこスティックという、タバコの葉のスティックを燃焼し楽しみます。しかし、イギリスの公式サイトでとんでもないものを発見してしまいました。
かつてここまで洗練されたVAPEがあっただろうか。見た目、使い方、吸い方、サイズ、充電方法、そのすべてがミニマルである。さらに、従来よりも高濃度である「ニコチンソルト」を採用し、満足のいく吸い心地。アメリカ史上最強VAPEが、ついに発売開始。個人輸入ならvape.shopで。
アメリカで大人気の「ソルトニコチン」。日本ではまだ馴染みがないのですが、vape.shopでも入手できるようになりました。従来の電子タバコに満足できなかった人や、ヘビースモーカーの人におすすめと言うが、ニコチンソルトとは一体なんなのか。特集形式でご紹介します。
ここで一服していきませんか。vapeのコーヒーやティーのリキッドをまとめ ました。
特集一覧へ