★ 電子タバコ用【ニコチンリキッド】の個人輸入はこちら>>

ニコチンソルトのDIYリキッドが新発売!

禁煙サポートに電子タバコが選ばれる理由とは?メリットや注意点と始め方!

禁煙サポートに電子タバコが選ばれる理由とは?メリットや注意点と始め方!

禁煙・健康
シェアする

紙巻きタバコの喫煙者の禁煙サポートグッズとして、電子タバコが選ばれることが増えています。その理由として、紙巻きタバコの喫煙にはないメリットや手軽さなどがあげられます。この記事では、これから電子タバコで禁煙サポートを検討している喫煙者の方に、電子タバコのメリットや始め方、注意点などについて解説します。

Contents

1.禁煙サポートとして役立つ電子タバコの仕組みとは

電子タバコには、ニコチンを摂取する目的の加熱式タバコ(IQOS/フィリップモリス、glo/ブリティッシュアメリカタバコ、PloomTECH/JT)と、ニコチンやタールを含まない電子タバコがあります。なかでも禁煙サポートに役立つニコチンやタールを含まない電子タバコはVAPE(ベイプ)と呼ばれていて、その構造はカートリッジ、アトマイザー、バッテリーの3つの部品から構成されています。「カートリッジ」は、ドリップチップとも呼ばれる吸い口にあたる部分を指し、「アトマイザー」は、リキッドという風味のついた液体をためておくタンクと、加熱するためのコイルが合わさったものを指します。「バッテリー」は、電子タバコ本体を作動させるための動力源で、充電が必要になります。使用方法は、タンクから送られたリキッドを、バッテリーの電力によって加熱したコイルでミスト(蒸気)に変え、そのミストを口から吸いこんで使用します。まるでタバコを吸っているような感覚が得られることから、禁煙のサポートグッズとして注目されています。

2.禁煙サポートとして電子タバコが使用されている理由

この項では、電子タバコが禁煙のサポートグッズとして使用される理由を、その他の禁煙方法や、それに使用する一般的な禁煙補助グッズと比較しながら、その違いや魅力について詳しく解説します。

2-1.禁煙補助薬に比べ手軽に購入できる

禁煙というと病院で禁煙外来に行くというのが一つの選択肢として挙げられます。禁煙外来は、医療機関で医師の診察を受け、医師より出された処方箋で処方される禁煙補助薬を、薬局で購入する必要があり、手間と時間がかかります。その点、電子タバコはインターネットや、コンビニ、ドラッグストアなどで手軽に購入することができます。基本的に日本では、薬機法によって、ニコチンを含む電子タバコ用のリキッドは販売できないことになっています(海外からのニコチン入りのリキッド購入は可能)。そのため、ニコチンパッチやニコチンガムなどの禁煙補助薬のような医療効果はないとされています。しかし実際に電子タバコを使用することで、禁煙や減煙に成功した例もあり、紙巻きタバコの代替手段や、禁煙サポートグッズの選択肢の一つとして広がりをみせています。

2-2.使い心地・吸い心地が良い

禁煙補助薬のニコチンパッチやニコチンガムは、ニコチンの過剰摂取となるので、他の禁煙補助薬との併用や喫煙はできないなど使用に制限があります。その点で、電子タバコはニコチンが含まれていないため、その他の禁煙補助薬との併用や、喫煙機会を減らしていく紙巻きタバコの減煙と並行して使用することができます。またVAPEの場合、ニコチンを含む加熱式タバコのように、面倒な掃除を必要としないので、手軽に利用することができて、使い心地が優れています。またVAPEは、禁煙による口寂しさを満たし、重量感のあるミストを吸い込むことで、まるでタバコを吸っているかのような感覚を味わうことができて、その吸い心地の良さも選ばれる理由になっています。

2-3.薬のような副作用リスクが低い

ニコチンパッチやニコチンガムなどの禁煙補助薬は、禁煙方法としてその効果が期待できます。しかし、あくまでも医師に処方される薬なので、人によっては吐き気や頭痛、腹痛、便秘、不眠、抑うつ気分や不安、焦燥を感じやすくなるなどの副作用がおこることがあります。そういった副作用から、精神疾患や腎臓の病気のある場合は、禁煙補助薬を使用することができません。また他の薬を服用中の際や、車などを運転する場合にも使用することができず、その使用には制限があり、使い勝手や使うタイミングなど慣れが必要になります。そのような一般的な禁煙補助薬に比べると、電子タバコはニコチンを含むいわゆる薬ではないので、そうした副作用のリスクが低く、基本的にいつでも好きなときに吸うことができます。

2-4.コストを抑えられる

電子タバコを禁煙サポートに使用すると、紙巻きタバコの喫煙よりもコストを抑えることが可能です。例えば480円の紙巻きタバコを一日1箱(20本入り)を吸う場合は、480円×30日で1カ月あたり1万4400円かかる計算になります。分かりやすく比較するために「吸える回数」で考えると、紙巻きタバコは1本につき、おおよそ10回程度吸うことができるので、1カ月約6000回吸うことが可能ということになります。それに対してVAPEの場合は、リキッド30mlが2000円程度で、リキッド1本あたり約3000回程度吸うことが可能です。紙巻きタバコと同じように6000回吸うとすると、リキッド代は月に4000円程度になるので約3分の1ほどの費用になり、大幅にコストを抑えることができます。

3.電子タバコで禁煙するメリット

電子タバコは、手軽に購入できることや、使い心地や吸い心地の良さ、副作用のリスクが低い、喫煙のコストを抑えられるなど選ばれる理由があります。そしてそれ以外の電子タバコで禁煙するメリットは、どのようなものかについて、それぞれ詳しく解説します。

3-1.ゴミを減らせる

通常の紙巻きタバコの場合、吸うたびに吸い殻や灰などのゴミがでますが、電子タバコの場合は、吸い殻や灰などのゴミが一切でないので、ゴミの処理の手間がかかりません。もちろん灰皿も必要ないので、喫煙可能な場所であればどこでも、吸い殻や灰を気にせずに吸うことができます。また紙巻きタバコは、タバコの箱やライターなども意外とかさばって荷物になります。なくなれば、それらもまたゴミになります。電子タバコは、基本的にリキッドをタンクに注入した状態の電子タバコを単体で持ち運び、充電式のバッテリーで加熱して蒸気を発生させる仕組みなので、繰り返し使うことができて、荷物やゴミが増えるストレスもありません。

3-2.火災のリスクがなくなる

従来の紙巻きタバコは、もちろん火をつけて喫煙するので、常にライターやマッチなどの着火するための道具を併せて持つ必要がありました。そのため幼児がライターにさわってしまって火傷の原因となることがあったり、また消火しきれていないタバコの吸い殻や灰が火元となって火災が発生したり、衣類が焦げてしまったりするなど、常に火災の危険がつきまとう嗜好品という面もあります。その点、電子タバコを利用する際は、充電式のバッテリーによって加熱し、蒸気を発生させる仕組みなので、火そのものを使用することがなく、火災のリスクがなくなるのも大きなメリットです。

3-3.歯への着色がなくなる

紙巻きタバコを吸い続けていると、歯に黄色い着色汚れがついてしまいます。紙巻きタバコに含まれているタールが、その黄ばみ汚れを引き起こす原因になります。電子タバコには、その着色汚れの元となるタールが含まれていないので、黄ばみ汚れの心配がありません。紙巻きタバコの喫煙のデメリットとして歯の着色汚れがよく挙げられるので、歯への着色汚れがなくなる点は、電子タバコで禁煙する大きなメリットといえます。

3-4.使い方が選べる

電子タバコにはさまざまなタイプがあり、その使い方によって好みのものを選んだり、利用するシーンごとに使い分けたりすることが可能です。リキッド式電子タバコは、多種多様なリキッドの中から、自分の好きな味のリキッドを選んで注入することができ、さまざまな味や風味を楽しむことができます。カートリッジ式電子タバコは、カートリッジを付け替えることでリキッド交換できるタイプで、バッテリー充電の必要がありますが、メンテナンスの手間がかからないので利便性に優れています。使い捨ての電子タバコは、リキッドがなくなったら本体ごと交換するタイプで、充電器や交換用のリキッドを携帯する必要がないため手間がかからず、電子タバコに慣れていない人も手軽に取り扱うことできます。電子タバコは、紙巻きタバコに比べるとその使い方によってさまざまなタイプがあるため、自分の好みや用途によって使い方を選べるのもメリットの一つです。

3-5.さまざまな味がある

電子タバコのリキッドにはさまざまな味があり、好みに合わせてリキッドを選ぶことができます。タバコ系やメンソール系、バナナやストロベリーなどのフルーツ系、チョコレートやバニラなど甘味を感じられるスイーツ系、苦みのあるものや、スパイシーな風味のもの、エナジードリンク系など多種多様なリキッドがあります。さまざまな味の中から自分の好みのリキッドを見つけるのも、電子タバコによる禁煙サポートならではの醍醐味の一つです。

3-6.有害物質が含まれていない

基本的に電子タバコのリキッドには、紙巻きタバコに含まれるニコチンやタールといった有害物質が含まれていません。海外ではニコチン入りのリキッドも販売されていますが、日本では薬機法の関係でニコチンやタールを含んでいないリキッドしか販売することができません。さらにリキッドに含まれている添加物質も、食品への使用が認められているものなので比較的安全性が高く、安心して利用することができます。そうした有害物質が含まれていないというメリットから、紙巻きタバコの禁煙サポートとして電子タバコが選ばれています。

4.電子タバコで禁煙する際の有効性とは

電子タバコによる禁煙の有効性については、国立がん研究センターの調査結果として、電子タバコは禁煙外来などの他の禁煙方法に対して、禁煙の成功率が約3分の1低下したという調査結果が出ています。この結果はアメリカなど海外での分析、評価されている調査結果とも一致しています。ですので電子タバコ自体が、必ず禁煙できるといった禁煙方法ではありません。しかし紙巻きタバコに含まれる有害物質が含まれていない点や、その他のメリットなどを考えると、従来の紙巻きタバコの禁煙や減煙を奨励する禁煙サポートグッズというのが電子タバコの位置づけです。そういった禁煙の奨励という点でプラスの影響があるといった見方もあります。

5.電子タバコで禁煙ストレスを減らす始め方

禁煙は、ニコチン依存などによる従来の喫煙習慣を変化させていくため、イライラやストレスが募ります。そこで電子タバコを利用して禁煙をする際に、禁煙のストレスを少しでも軽減して使うにはどうしたらいいのか、その手順や方法について紹介します。

5-1.まずは減煙することを目指す

いきなり、従来吸っていた紙巻きタバコから電子タバコのみの喫煙に切り替えるのは、なかなか難しい部分もあります。そこで、まずは完全禁煙ではなく、電子タバコを併用しながら紙巻きタバコを吸う本数を減らして、減煙していくことをおすすめします。電子タバコを使った減煙では、禁煙による口寂しさを補いながら進めることができるので、無理せずに紙巻きタバコを吸う回数を減らすことができます。そうして徐々に紙巻きタバコの本数を減らしていくことで禁煙のストレスを軽減することが可能です。

5-2.紙巻きタバコのような使用感を選ぶ

電子タバコを禁煙サポートとして利用する際には、紙巻タバコに近い使用感の電子タバコを使うのも一つのポイントです。電子タバコの形状は、大きく分けるとボックス型、スティック型、ペン型の3つの形があります。その中でも、禁煙サポートの場合、形や重さなど形状が紙巻きタバコに最も近いスティック型の電子タバコを利用するのがおすすめです。スティック型を利用することでタバコを吸う行為自体に対する依存が強い人でも、その使用感が紙巻きタバコの喫煙に似ていることからストレスや違和感なく利用することができます。

5-3.メンソールを含むタイプにする

電子タバコにはニコチンが含まれていないので、紙巻きタバコを吸ったときの喉への刺激、いわゆるキック感がありません。そのため電子タバコの煙量に満足しても、吸いごたえが物足りないということから、電子タバコ自体を使わなくなってしまうということもあります。そこでメンソールの成分が含まれているリキッドを使用することで、紙巻きタバコと同じような喉へのキック感を再現することが可能です。それによって電子タバコの適度な煙量とメンソールのリキッドによるキック感が合わさり、紙巻きタバコのような吸いごたえを感じることができます。また、元々メンソールの紙巻きタバコを吸っていた場合は、違和感なく電子タバコに移行できるので、特におすすめです。

CONTENT特集一覧から選ぶ

皆さんはレモンの効果を知ってますか?レモンドロップは新たにひねりを加えた伝統的なレモネードのフレーバーです!甘く、酸味があります、ちょうど良い刺激があります!
STLTHの使命は、安価で実用的かつ喫煙者を満足させる代替品を提供することによって、受動喫煙や吸い殻のポイ捨てなど多くの悪影響を及ぼす従来の紙巻きタバコからの切り替えを促すことです。ポッドカートリッジを 挿入するだけでご利用できます。
VAPE.SHOPでは、PayPalという決済方法がご利用可能です。しかし残念ながらこのPayPalは、日本ではそこまで知名度が高くありません。みなさまに安心してお買い物をいただけますよう、こちらのページにて「PayPalの安全性について」お伝えします。
大人気リキッドのノンフレーバーニコチンベースについて、500人以上の方にアンケートを実施しました。楽しみ方は十人十色。 まだお試しいただけてない方はぜひ参考にしてみてください。
日本で爆発的な人気を誇るアイコス。ご存知の通り、アイコスは電子タバコ/VAPEではなく加熱式タバコです。たばこスティックという、タバコの葉のスティックを燃焼し楽しみます。しかし、イギリスの公式サイトでとんでもないものを発見してしまいました。
かつてここまで洗練されたVAPEがあっただろうか。見た目、使い方、吸い方、サイズ、充電方法、そのすべてがミニマルである。さらに、従来よりも高濃度である「ニコチンソルト」を採用し、満足のいく吸い心地。アメリカ史上最強VAPEが、ついに発売開始。個人輸入ならvape.shopで。
アメリカで大人気の「ソルトニコチン」。日本ではまだ馴染みがないのですが、vape.shopでも入手できるようになりました。従来の電子タバコに満足できなかった人や、ヘビースモーカーの人におすすめと言うが、ニコチンソルトとは一体なんなのか。特集形式でご紹介します。
ここで一服していきませんか。vapeのコーヒーやティーのリキッドをまとめ ました。
特集一覧へ