新規会員登録で1000ポイントプレゼント

【朗報】ニコチン電子タバコでコスパの良い喫煙体験を

【朗報】ニコチン電子タバコでコスパの良い喫煙体験を

選び方・おすすめ
シェアする

1. 電子タバコのコストパフォーマンスは?

紙巻きタバコは年々高額になっていき、紙巻きタバコのユーザーは毎月のタバコ代の捻出に苦しい思いをしています。 そして、まだまだ終わりが見えないたばこ税の増税によって、加熱式タバコや電子タバコに乗り換える人が増加しています。 しかし、IQOSなどの加熱式タバコは意外とコスト的には電子タバコと変わりないものとなり、ランニングコストが安いと言われる電子タバコユーザーの人気が高まっています。 実際に電子タバコに乗り換えることでどれほどのコストが削減できるのか、紙巻きタバコや加熱式タバコと比較してみましょう。

電子タバコの種類と本体価格

電子タバコのコストパフォーマンスについて調べるにあたり、まずは電子タバコを始めるにあたって必要なものを知っておかなくてはなりません。 電子タバコを使用するために必要なアイテムは、電子タバコの本体とリキッド、そして消耗品です。 電子タバコは紙巻きタバコや加熱式タバコとは大幅に変わり、タバコではなく「タバコのように」楽しめるものです。 リキッドと呼ばれる香りや味わいのついた液体を、本体で加熱することで水蒸気を発生させます。 その水蒸気を煙に見立てて吸引し、吐き出すという仕組みになっています。 そのため、最初に本体を購入するという初期費用が必須になります。 ただし、電子タバコの本体は1種類ではなく、数えきれないほどの種類があるものです。 本体のタイプによっても価格相場が異なるので、まずはどんな本体があるのか紹介していきます。

①使い捨て式の電子タバコ

使い捨て式の電子タバコは、1本吸い終わるごとに捨てるという紙巻きタバコや葉巻のようなタイプになります。 使い捨て式の電子タバコの大半はスティックタイプになっていて、コンパクトで持ち運びやすいデザインになっています。 しかも電子タバコの知識がなくても誰でも手軽に使用することができ、電子タバコをとりあえず少しだけでも試してみたいという人におすすめです。 電子タバコを使用するためにはリキッドや消耗品が必要と前述していますが、使い捨て式の電子タバコであればリキッドはあらかじめセットされているので本体価格のみで済みます。 つまり、使い捨てタイプの電子タバコであれば本体費用のみで済むということになります。 使い捨て式の電子タバコの費用相場は、1,000円~3,000円です。 1本で1,000円~3,000円は高いと紙巻きタバコのユーザーは感じるかもしれませんが、1本で300~500回の吸引が可能になっています。 紙巻きタバコや加熱式タバコは1本で12回前後の吸引回数になるので、タバコ2箱分くらいの回数は楽しめることになります。 使い捨てタイプの電子タバコに関しては、試すにはちょうどいい価格ですが、長く使用を続けるにはコスパが良いとは言えません。

②カートリッジ式の電子タバコ

最近需要が高まっている電子タバコのタイプで、カートリッジ式もしくはPOD型とも言われています。 このタイプの電子タバコは、まるで使い捨てタイプの電子タバコのようにコンパクトでスレンダーな形になっています。 それでいて、カートリッジと呼ばれるリキッドの入った部分を交換すれば、ずっと使い続けることができるというタイプなのです。 電子タバコはリキッド補充やメンテナンスが必要なものですが、カートリッジ式の場合はリキッドの補充もメンテナンスも必要ありません。 カートリッジ部分をワンタッチで交換するだけなので、初心者でも簡単に使用することができます。 使い終わったカートリッジは捨て、本体であるバッテリー部分は使いまわしをするという仕組みになっているのです。 そのため、カートリッジ式の電子タバコであれば、本体であるバッテリー部分が初期費用として必要になり、カートリッジを定期的に購入するということになります。 カートリッジは購入した本体のメーカーが販売する専用のカートリッジを使用することになるので、さまざまなフレーバーを楽しみたいという場合であれば、カートリッジのフレーバーの種類が多いメーカーを選ぶようにしましょう。 カートリッジ式の本体価格の相場は3,000~5,000円となっており、使い捨て式よりも本体代金だけ見ると高額に感じられます。 しかし、ずっと本体が使い続けられることから長期的にみると、コスパはすごく良くなるのです。

③リキッド式の電子タバコ

リキッド式の電子タバコはリキッドを補充して使用するタイプのもので、一般的に電子タバコと言うとリキッド式のことを指します。 本体は使いまわし、リキッドを補充して使用することになります。 この本体はメンテナンスを必要としますが、壊れるまで使用し続けることができることから長期的に使用できるというメリットがあります。 しかも、リキッドはどんなメーカーのものでも使用できるため、自分好みのリキッドやコスパの良いリキッドなど自由に探して試すことができることが最大のメリットです。 本体はコンパクトなスティック状になったタイプのものから、ジッポのようなBOX型やパイポのような形のものまでさまざまなものがあります。 初心者でも簡単に使用できるものから、玄人向けの機能性が高いものまで幅広くあるので、本体の価格も幅は広くなっています。 価格相場としては3,000~8,000円ほどになりますが、高額なものは1万円を超える機能性に優れたものもあります。 本体価格はカートリッジ式よりも高くなるケースもありますが、使い捨て式やカートリッジ式よりも使えば使うほど圧倒的にコスパは良くなります。

電子タバコのリキッドの価格

電子タバコを使用するにあたって欠かすことが出来ないものが、本体であるデバイスに続いてリキッドが挙げられます。 もちろん使い捨て式を使用するのであればリキッドは必要ありませんが、カートリッジ式とリキッド式の場合にはそれぞれリキッドとカートリッジが必要になります。 まず、カートリッジ式の場合は、1箱4.5個入りで2,000円前後になります。 カートリッジ1個当たりの吸引回数はメーカーによっても異なりますが、300~500回が目安です。 紙巻きタバコが1本あたり12回前後の吸引となるので、カートリッジ1個あたりタバコの1箱もしくは2箱くらいの回数の吸引が可能ということになります。 例えば、1個のカートリッジで400回の吸引が可能なメーカーのものであれば、1日紙巻きタバコを1箱吸う人の場合は1ヵ月でカートリッジが18個前後必要になるということになります。 5個入りカートリッジで1箱2,000円であったと計算してみると、1ヵ月でカートリッジの費用は8,000円ほど必要になると計算できます。 そして、リキッド式の場合は15mlもしくは30mlといった単位で販売されています。 リキッドの価格もメーカーによって大幅に異なりますが、15mlで価格相場は1,000~2,000円ほどです。 1日に紙巻きタバコを1箱吸う人であれば、1ヵ月でリキッドを30ml消費すると言われています。 そのため、1ヵ月のリキッド費用は2,000~3,000円ほどになるでしょう。

電子タバコの消耗品の価格

リキッド式電子タバコを使用する場合、本体とリキッド以外にも消耗品が必要になります。 清掃に必要な道具は自宅にあるもので代用できるとしても、「コイル」と呼ばれる電子タバコのパーツは必ず消耗品として必要になるのです。 コイルとは、リキッドを加熱するために必要なパーツです。 どうしても加熱による負担がかかってしまうことから劣化してしまい、2週間ほどで交換が必要になってしまいます。 コイルは1個あたり300円ほどなので、1ヵ月で5個入り1,500円前後のものを購入すれば十分でしょう。

紙巻きタバコのコスト

それでは、いよいよ電子タバコとのコストパフォーマンスの違いを見ていきましょう。 まずは、紙巻きタバコの1ヵ月あたりのランニングコストから計算していきます。 紙巻きたばこユーザーは、1日あたり1箱消費するという人が多いものです。 1日1箱として、1ヵ月では30箱消費している計算になります。 そして、タバコ1箱の金額は銘柄ごとに異なりますが、500円前後が相場です。 JT(日本たばこ産業)で最も人気を誇る銘柄であるセブンスターは、日本で最も販売実績も高いタバコ銘柄になるので、セブンスターを購入している場合として1ヵ月のコストを計算してみましょう。 セブンスターは現在(2020年2月)時点で1箱20本入り510円になっています。 つまり、1ヵ月で510円×30箱=15,300円の費用が必要になります。 年間で考えてみると、15,300円×12カ月=183,600円です。 1日1箱以上吸う日もあると考えると、年間で20万円近くも出費しているのですから大きな出費と言えるでしょう。

加熱式タバコのコスト

IQOSやgloといった加熱式タバコは、電子タバコと混合されがちですが全く異なるものとなります。 加熱式タバコはタバコ葉を加熱して発生する煙を吸引する方式なので、紙巻きタバコと近いものになります。 タバコ葉を使用していることもあり、タバコとして扱われることからタバコ税も発生するのです。 そのため、加熱式タバコもタバコ税の増税の煽りを受けていると言えます。 加熱式タバコのコストの計算には、加熱式タバコの中でもシェア率の高いIQOSで考えてみましょう。 まず、IQOSを使用するには本体を最初に購入する必要があるので、初期費用として本体代が必須になります。 現在(2020年2月)時点で最新のIQOSは本体価格が税込9,980円です。 そこにヒートスティックと呼ばれるスティック状のタバコが短くなったような専用のスティックを1回ごとにセットします。 ヒートスティックは紙巻きタバコと同様に1箱20本入りになっており、ユーザーの多くは1日1箱使用することが多くなっています。 ヒートスティックの価格相場も紙巻きタバコと変わりはなく1箱500円前後となるので、1ヵ月に必要となるヒートスティックの費用は500円×30箱=15,000円と計算できます。 本体を1年使用したと考えてひと月計算にすると、本体代金は1ヵ月約830円です。 つまり、1ヵ月で本体代金830円+15,000円=15,830円のコストがかかることになります。 さらに、IQOSは1箱吸い終わるごとに本体を綺麗に保つためにクリーニングスティックという専用の商品でメンテナンスを行います。 クリーニングスティックは1箱30本入りで480円なので、毎月1箱は使用することになります。 そうすると、15,830円+480円=16,310円がIQOSでは必要なコストとして毎月発生することになると考えられるのです。 紙巻きタバコと違って煙が出ないことなどのメリットもありますが、1ヵ月のコストで考えると紙巻きタバコよりも高額になってしまっていることが分かります。

電子タバコのコストとの比較

それでは、紙巻きタバコや加熱式タバコよりもコストが良いと言われる電子タバコのコストについて見ていきましょう。 まず、使い捨ての電子タバコの場合は、コスパの良いタイプであれば1本で500回吸引が可能なものが1本1,000円ほどで購入することができます。 紙巻きタバコが1本12回の吸引が可能なので、使い捨てタバコは1ヵ月に15本ほど必要ということになります。 つまり、1ヵ月の費用は15,000円ほどになるという計算です。

それでは、カートリッジ式の電子タバコのコストはどのように変わってくるでしょうか? 本体が比較的安い3,000円のものを購入し、カートリッジが5個入りで2,000円と考えてみましょう。 カートリッジ1個当たりの吸引回数が400回だった場合として、カートリッジは1ヵ月に18個必要になります。 そうすれば、本体は3,000円÷12カ月=1ヵ月あたり250円となり、1ヵ月に必要なカートリッジ費用の2,000円×3.5箱=7,000円を足して1ヵ月に必要な費用は7,250円と計算できます。

そして、リキッド式の電子タバコの場合のコスト計算は本体の機能性の高さによって初期費用が大幅に変わってきます。 ここでは初心者と考えて高額な本体ではなく、一般的な5,000円くらいの本体を購入した場合として計算をしましょう。 5,000円÷12カ月で1ヵ月あたりの本体費用は約420円となり、そこにリキッド費用とコイル費用が加わります。 リキッドは1ヵ月で30ml使用すると考えて、相場価格の3,000円とします。 そうすると、1ヵ月に必要となる費用は、420円+3,000円+1,500円=4,920円になります。

これらの電子タバコのコストと、前述した紙巻きタバコや加熱式タバコのコストを表にして比較してみましょう。 比較すれば、コストの差が明らかになります。

タバコの種類 1ヵ月の費用 年間費用
紙巻きタバコ 15,300円 20万円前後
加熱式タバコ 16,310円 20万円前後
電子タバコ(使い捨て式) 15,000円 18万円前後
電子タバコ(カートリッジ式) 7,250円 約9万円
電子タバコ(リキッド式) 約5,000円 約6万円

紙巻きタバコと加熱式タバコに関しては、ほとんど費用に差がありません。 そのため、タバコ代の費用削減のために加熱式タバコに乗り換えることはあまり意味がないということが分かります。 そして、電子タバコにおいては、どの種類の電子タバコを選ぶのかによってランニングコストが変わってきます。 使い捨て式の場合でも年間で考えると少しコスト削減出来ているように見えますが、大幅な削減にはなりません。 ただし、1回で使い捨てられることから、とにかく電子タバコを試してみたいという場合には良いと言えるでしょう。 しかし、長期的な使用で考えればカートリッジ式やリキッド式の方が大幅に費用を削減できることが分かります。 とくにリキッド式は非常にコストパフォーマンスが良く、年間では紙巻きタバコよりも10万円以上のコストが削減できるのです。

なぜこれだけ費用に差が出るのかというと、やはり紙巻きタバコと加熱式タバコはタバコ税がかかることが大きい理由になります。 タバコ代金の3分の2は税金になっており、電子タバコはタバコではないのでタバコ税がかからないため費用が安く抑えられるのです。 これだけランニングコストが安くなるという結果があるからこそ、多くの喫煙者が電子タバコに移行していることにも納得ができますよね? しかも、電子タバコは国内だけではなく、海外の製品もネットで個人輸入によって購入することができます。 個人輸入であれば海外からの購入になるので消費税がかからず、更にお得に購入できることからも利用者が増加しています。

2.未成年に対する電子タバコの対策

電子タバコが紙巻タバコや加熱式タバコよりもコスト面では優れていることが分かりましたが、気になるのは安全面でしょう。 いくら費用が安く抑えられるからといっても安全性がなければ使用に不安があると思います。 そこで、電子タバコの安全性について、紙巻きタバコや加熱式タバコと比較してみましょう。

タバコの有害物質は「タール」

紙巻タバコが健康被害を与えると言われている理由は、紙巻きタバコの原料であるタバコ葉に原因があります。 タバコ葉には、通称「ヤニ」とも言われるタールという成分が含まれています。 このタールは植物由来の樹脂のことを指しますが、植物由来だからといって身体に害がないというわけではないのです。 タールには4000種類以上の化合物が含まれていると言われ、その化合物の中の半数は有害物質なのです。 そして、その中には発ガン性のある成分もあります。 このことから、タバコの喫煙はガンの原因になると言われているのです。 紙巻タバコの「ヤニ」というと、歯を黄色くしたり、壁を黄ばませたりするという印象を持っている人が多いでしょう。 タールは茶色く粘着性のある成分なので、歯や壁を着色し、その色は簡単に落ちるということがありません。 そして、紙巻タバコを燃やすことで中に巻かれているタバコ葉が燃やされるのですが、熱分解によって発生する煙を吸引することでタールも体内へと吸引されていきます。 肺に入ったタールは粘着性があることから長期間喫煙者の肺に溜まり続けることとなり、肺を真っ黒にしていくのです。 肺にこびりついたタールはなかなか取れませんが、禁煙することで徐々にですが綺麗になると言われています。

また、喫煙者の本人は気付かないかもしれませんが、非喫煙者からするとタールの独特のニオイが口臭となって臭ってくるものです。 喫煙者の口が臭いと言われる原因もタールであり、周囲の人を知らない内に不快にしている可能性があります。 口臭だけではなくタールの臭いは煙となって、服や髪にも付着します。 もちろん自分だけではなく副流煙となって周囲の非喫煙者にもニオイを付着させることになるので、紙巻きタバコによるニオイのトラブルは後を絶ちません。 タバコ葉に含まれるタールは、自分だけではなく周囲の人にも迷惑をかけているということを喫煙者は自覚する必要があります。

電子タバコにタールは含まれていない

紙巻きタバコの副流煙にも害があることから分煙が進み、紙巻きタバコから加熱式タバコへと移行する人が増加しました。 そして、加熱式タバコに乗り換えた人の多くは、紙巻きタバコよりも健康被害が少ないと考えているはずです。 たしかに紙巻きタバコに比べると副流煙で周囲の人に迷惑をかけることは無くなりますし、健康被害も抑えることができます。 しかし、加熱式タバコには紙巻きタバコと同様にタバコ葉が使用されているので、健康被害の根本の原因であるタールは完全には取り除けていないのです。 紙巻タバコはタバコ葉を燃やして煙を発生させていましたが、加熱式タバコではタバコ葉を加熱することで煙を発生させています。 タバコ葉を蒸気に変えて吸引する仕組みとなることから、紙巻きタバコよりもタールなどの有害物質の発生は軽減できますが、ガンのリスクやヤニの臭いや着色の問題は残っているのです。

完全に有害物質であるタールを含まないものを選ぶのであれば、電子タバコになります。 電子タバコはリキッドと呼ばれる液体を加熱して水蒸気を発生させる仕組みとなり、水蒸気という点では加熱式タバコと同様です。 しかし、電子タバコはタバコ葉を全く使用していません。 そのため、紙巻きタバコや加熱式タバコのようにタールが発生することがないので、喫煙による健康被害を軽減させたいのであれば電子タバコが最も健康被害を軽減できると言えます。 また、タールが発生しないのでニオイや着色の問題も心配する必要がありません。 自宅の壁が黄色くなってしまうことや、自分の歯が黄色くなってしまうこと、口臭など自分と周囲への影響を改善することができるのです。

電子タバコのリキッドの成分とは?

電子タバコはタバコ葉を使用していないので、タールによる健康被害やニオイの心配をする必要はないということが分かりましたが、リキッドにはどのような成分が含まれているのか気になる人も多いでしょう。 リキッドには他に有害物質が含まれている可能性はないのでしょうか?

電子タバコのリキッドはさまざまなフレーバーの種類があり、たくさんのメーカーが販売しています。 しかし、どのリキッドも基本的には同じ成分で成り立っているのです。 電子タバコの主成分は、PG(プロピレングリコール)とVG(植物性グリセリン)という2種類の液体です。 そこに香料を加えることで、さまざまな味わいや香りが表現できるようになっています。 PGとVGがどのような成分なのかというと、どちらも食品などにも使われる安全性の高い成分です。 VGはiQOSやPloomTECHなどの加熱式タバコにも使われている成分となり、無色透明な液体です。 ココナッツ油やヤシの油といった植物性の材料から生成されたグリセリンで、甘みと粘度の高さが特徴です。 医療用品や食料品などにも使用されているので、安全性が高いと言われている成分になります。 PGも無色透明な液体となり、味やニオイはありません。 吸湿性のある液体なので、香料を溶かすことに適しています。 化粧品や食品など幅広い製品に用いられている成分であり、長年の研究によって人体への安全性が認められています。 防腐殺菌効果があるのでVGよりも保存性が高いとされています。

この2つの成分の配合比率を変えることによって、リキッドはそれぞれ特徴が出せるようになっているのです。 PGは香料が混ざりやすいという性質と、無味無臭という性質から、PGの比率が高いほど香料の再現度が高まります。 つまり、味わいや香りに、深みや旨味が強まるのです。 味や香りを重視するという人は、PGの配合比率が高いものを選ぶと良いでしょう。 一方で、VGはPGよりも粘度が高いので香料とは混ざりにくいという性質があります。 そのため、味わいや香りに関してはPGの配合が多いものと比べると劣ってしまうのです。 しかし、PGは煙をたくさん排出できるという長所があります。 爆煙と呼ばれる水蒸気がたくさん出るタイプの電子タバコを楽しみたいという人は、PGの配合比率が高いものを選ぶと良いでしょう。

そこにリキッドの味と香りの決め手となる香料が加わりますが、この香料も安全性の高い成分になっています。 フレーバーごとに加えられる香料は異なりますが、基本的には食品に使用されている食品添加物です。 メンソールフレーバーであればハッカ油が用いられ、バニラフレーバーであればバニラエッセンスが用いられます。 普段私たちも日常で口にするような成分のため、身体への影響を心配することなくさまざまなフレーバーを楽しむことができると言えるでしょう。 香料が加わるからこそ、発生する水蒸気は良い香りがするので、加熱式タバコや紙巻きタバコと違って煙の香りで不快感を与えることはほとんどありません。

紹介したように、電子タバコのリキッド成分は加熱式タバコにも使用されている成分も配合されていますが、それ以外の成分も安全性の高い成分で生成されています。 しかも、タバコ葉が使用されていないという部分が大きなポイントです。 リキッドの成分に関しては、健康に関しての被害を心配する必要はないので、味や吸い応えなどを決めるために配分比率を確認すると良いでしょう。

喫煙者がタバコをやめられない原因は「ニコチン」

紙巻タバコや加熱式タバコで使用されるタバコ葉に含まれる有害物質は、タールだけではありません。 ニコチンも健康への影響を及ぼす成分であると言われています。 ニコチンは強い依存性を持つ成分となり、喫煙者がタバコをやめられない原因はニコチンにあると言えます。 ニコチンを摂取すると体内でドーパミンが大量に分泌されるようになり、これによってストレス解消や気分が落ち着くといった効果が得られるのです。 しかし、30分もすればニコチンは体内から消えてしまうので、離脱症状としてイライラや不安、焦りなどが現れるようになります。 この症状を緩和しようと喫煙をしてニコチンを摂取してしまうというループを繰りかえしてしまうので、喫煙者はなかなか禁煙ができないのです。 紙巻タバコではタバコ葉を燃やしているのでニコチンがダイレクトに摂取されますが、加熱式タバコでもニコチン量に関しては摂取量に大きな差はありません。 そのため、紙巻きタバコのユーザーが禁煙のために加熱式タバコに乗り換えるという考え方は間違っており、ニコチン摂取量は変わっていないのです。

また、ニコチンは依存性を高めるというデメリットがあるだけではなく、女性ホルモンにも影響を与えると言われています。 ニコチンは血管を収縮させる働きがあり、卵巣の血流障害も招く恐れがあります。 そうすれば女性ホルモンの代謝が阻害されて、ホルモンの分泌量が低下してしまうのです。 これによって生理不順や不妊といった女性特有の悩みを引き起こす原因になってしまい兼ねないのです。

ニコチンやタールは健康に被害を与えるだけではなく、美容にも大敵であるとされています。 ニコチンやタールなどの有害物質は体を酸化させてしまうといった特性を持っており、体内に入ることで抗酸化作用を持つビタミンCが大量に消費されてしまいます。 ビタミンCは、肌に潤いやハリを与える働きのあるコラーゲンを生成する成分であり、老化防止にも欠かせません。 このビタミンCが不足することになるので、肌にも影響が与えられます。 肌のハリが無くなり、乾燥すればたるみやシワが出来やすくなり、見た目年齢を引き上げることにもなってしまうのです。 1日に必要なビタミンCの摂取量は100㎎とされており、紙巻きタバコ1本につきビタミンCは25㎎も消費されてしまうと言われています。 紙巻タバコのユーザーは1日に平均1箱を吸うとされているので、ビタミンCをたくさん摂取していたとしても消費に追いつくのは非常に困難なのです。

電子タバコにニコチンは含まれているのか?

ニコチンは、依存性を高めるだけではなく健康や美容にまで影響を与えてしまう成分です。 しかし、急に喫煙をやめることができれば苦労はありません。 ニコチンの離脱症状があることから、ニコチンの摂取はやめられないものの徐々に減らしていくことが出来れば理想的な禁煙が可能になるでしょう。 そして、その禁煙をサポートしてくれるアイテムが電子タバコであると言えます。 電子タバコはタールが含まれていないのでタールによる健康被害の心配はなく、ニコチンに関してはニコチンリキッドかノンニコチンリキッドを自由に選択することができます。 そのため、ニコチンリキッドでニコチンのみを摂取することもでき、徐々にノンニコチンへと変えていくということが可能なのです。

ただし、電子タバコのニコチン入りアイテムは国内での販売が許可されていません。 薬事法において国内での販売や譲渡が禁じられており、国内の電子タバコ専門店では取り扱っていないのです。 もし販売しているようなことがあれば、法律違反になってしまいます。 しかし、ニコチン入りアイテムを所有することが禁じられているというわけではありません。 それではどこでニコチン入りのリキッドを購入すればいいのかというと、海外サイトや個人輸入になります。 海外サイトから直接自身で購入したり、個人輸入にて海外のニコチン入りリキッドを購入したりすることは違法にはなりません。 ただし、購入するにあたっていくつかの注意点があります。
まず1点目は、海外サイトから直接購入するには言語や支払い、配送のリスクがあります。 そのため、海外サイトから直接購入するのではなく、安全な個人輸入サイトを見極めて購入することをおすすめします。 VAPE.SHOPは電子タバコの個人輸入サイトでも大手サイトなので、安全性も高く、信頼して購入することができます。
そして2点目の注意点は、購入する際の量です。 海外から一度に輸入できるニコチン入りリキッドの量は、1ヵ月に使用する量という規定があります。 1ヵ月で使用する量は120mlとされ、この量を超えてしまえば税関で止められてしまいます。 そうすれば手元に届かずに、また注文をやり直さなければなりません。
そして3点目の注意点は、ニコチンの濃度です。 ニコチンリキッドを購入する場合は、ニコチン濃度が選べるようになっています。 ニコチン濃度が高いほど刺激が強くなるので、初心者はニコチン濃度が低いものを選ぶようにしましょう。 最初からニコチン濃度が高い商品を購入してしまうと、喉への刺激が強すぎて痛みを感じてしまう恐れがあります。

また、ニコチンリキッドにはフレーバータイプとノンフレーバータイプがあります。 電子タバコ初心者はフレーバータイプを購入するようにしましょう。 ノンフレーバータイプのニコチンリキッドは、ノンニコチンリキッドに自身で濃度を計算して混ぜてニコチンリキッドを作るという自作用のリキッドです。 電子タバコに慣れてきてからノンフレーバータイプを購入して、自分の好きなノンニコチンフレーバーリキッドをニコチン入りにアレンジしたりして楽しんでみてください。 ただし、ニコチンは肌に触れると人体への影響が出ることもあるので、直接手に触れてしまわないように保管や制作には注意を払いましょう。 もし触れてしまった場合には、すぐに触れた部位を水で流してください。

電子タバコは安全性が高い

紙巻タバコや加熱式タバコにおけるタールなどの有害物質を心配して禁煙を始めたいという人に、電子タバコはピッタリのアイテムであると言えます。 喫煙をやめられないという原因であるニコチンは、ニコチン入りリキッドから始めれば摂取し続けることができます。 そして、徐々にニコチン量を減らしてノンニコチンのリキッドを目標にすることもできるのです。 リキッド自体の成分も身体への害がある成分は配合されていませんし、基本的には食品や日用品に用いられているような身近な成分で生成されているので、安心して使用できます。 自分の健康や周りへの迷惑、そしてコスト面を考慮しても、紙巻きタバコや加熱式タバコから電子タバコへ移行することはメリットが多いと言えるでしょう。 だからこそ、金銭的な面だけではなく健康も考慮して電子タバコを使用する人が増加しているのです。

3.ニコチン電子タバコを始めるなら「初心者セット」で格安に購入がおすすめです。

紙巻タバコや加熱式タバコから電子タバコへと切り替えるにあたり、どの電子タバコデバイスを購入すべきか、どのリキッドが良いのかと悩む人は多いでしょう。 電子タバコにはたくさんのデバイスやリキッドの種類があるので、初心者から見ればどのように違いがあるのか分からないものです。 値段で安いものを選ぶべきなのか、最初から美味しさを求めるために高評価のものを選ぶべきなのかと悩んでしまうことで購入までに時間がかかってしまいます。

そこで、ニコチン電子タバコを始めるのであれば、VAPE.SHOPのニコチンデビューセットをおすすめします。 電子タバコ初心者でも使用しやすいveco oneのスターターキットとフレーバー付きニコチンリキッドがセットになっています。 このセットを購入すればニコチン入りの電子タバコをすぐに始めることができるので、どのデバイスを購入して、どのリキッドを合わせるべきかと悩む必要もありません。

この初心者向けのセットはA・B・Cの3セットがあり、それぞれ通常で買うよりも低価格で購入することができるというお得さが嬉しいポイントです。 デバイスは共通してveco oneになっており、シンプルな機能で電子タバコ初心者でも簡単に取り扱えるデバイスです。 リキッドの注入もしやすいデザインになっているのでメンテナンスも楽ですし、難しい操作も必要ありません。 それでいて味の再現度が高いので、しっかりとリキッドの旨味を堪能することができます。 電子タバコに変えて味が落ちたと感じるのではないかという心配する必要もありませんし、多くの電子タバコユーザーに愛されているデバイスなので信頼感があります。 そして、スターターキットなので、電子タバコを始めるにあたって必要なものは全てセットになっているので、個別で購入するという煩わしさもありません。

しかも、リキッドのフレーバーは、紙巻タバコや加熱式タバコのユーザーでも切り替えやすいメンソールとタバコ、フルーツメンソールの3種類になっています。 紙巻タバコを吸引していた感覚をそのまま味わうのであればメンソールやタバコフレーバーがおすすめですし、電子タバコらしい新しいフレーバーを試すのであればフルーツメンソールがおすすめです。 メンソールは爽快感と刺激が紙巻タバコのメンソールを吸引している感覚を思い出させてくれますし、タバコフレーバーはタバコの深みとほのかな甘みも再現されています。 フルーツメンソールは人気のグリーンアップル+メンソールの組み合わせとなり、誰もが美味しいと感じるフレーバーになっています。 これらのフレーバーは初心者から電子タバコユーザーにまで幅広く支持されているVAPE.SHOPで人気のリキッドなので、自信を持っておすすめできます。

電子タバコを始めたいけれど何を購入すべきか分からないという人や、電子タバコ初心者向けのセットを探しているという人は、まずVAPE.SHOPのニコチンデビューセットを購入してみてください。 電子タバコを始めることでタバコ代の節約にもなりますし、自分の健康を守ることにもなります。 そして、周囲の家族や友達、恋人、同僚などへの影響も抑えることができるのです。 ニコチンデビューセットで電子タバコが使い慣れたら、そこからVAPE.SHOPでさまざまなリキッドを試してみてください。 そうすれば、その時の気分にピッタリのフレーバーや、自分好みのフレーバーなどにも出会うことができます。 楽しくて美味しい電子タバコライフの一歩をニコチンデビューセットで始めてみましょう。

VAPEデビューセット

CONTENT特集一覧から選ぶ

かつてここまで洗練されたVAPEがあっただろうか。見た目、使い方、吸い方、サイズ、充電方法、そのすべてがミニマルである。さらに、従来よりも高濃度である「ニコチンソルト」を採用し、満足のいく吸い心地。アメリカ史上最強VAPEが、ついに発売開始。個人輸入ならvape.shopで。
VAPE(ベイプ)・電子タバコのおすすめデバイスを紹介!世界中で愛されているPODSTICK。VAPE(ベイプ)・電子タバコを使っていて、メンテが面倒…と思った経験ありませんか?vaporessoのPOD STICKは、簡単に使えるオススメのVAPE(ベイプ)・電子タバコです!
「ベイプから煙(水蒸気)が出てこない」「変な音がする」など、突然愛用しているベイプが故障してしまったという経験はありませんか? 買い替えることなく愛用しているベイプを使用できるようになります。 そこで、ベイプでよくあるトラブルごとに解決策を紹介していきます。
皆さんはレモンの効果を知ってますか?レモンドロップは新たにひねりを加えた伝統的なレモネードのフレーバーです!甘く、酸味があります、ちょうど良い刺激があります!
STLTHの使命は、安価で実用的かつ喫煙者を満足させる代替品を提供することによって、受動喫煙や吸い殻のポイ捨てなど多くの悪影響を及ぼす従来の紙巻きタバコからの切り替えを促すことです。ポッドカートリッジを 挿入するだけでご利用できます。
VAPE.SHOPでは、PayPalという決済方法がご利用可能です。しかし残念ながらこのPayPalは、日本ではそこまで知名度が高くありません。みなさまに安心してお買い物をいただけますよう、こちらのページにて「PayPalの安全性について」お伝えします。
大人気リキッドのノンフレーバーニコチンベースについて、500人以上の方にアンケートを実施しました。楽しみ方は十人十色。 まだお試しいただけてない方はぜひ参考にしてみてください。
日本で爆発的な人気を誇るアイコス。ご存知の通り、アイコスは電子タバコ/VAPEではなく加熱式タバコです。たばこスティックという、タバコの葉のスティックを燃焼し楽しみます。しかし、イギリスの公式サイトでとんでもないものを発見してしまいました。
特集一覧へ