2022年もタバコ値上げが発表!値上げの価格と過去の銘柄と2018年から2021年までの価格推移は?

2022年もタバコ値上げが発表!値上げの価格と過去の銘柄と2018年から2021年までの価格推移は?

選び方・おすすめ
シェアする
新規会員限定 1000円OFFクーポンプレゼント
Vgt7Dkm

クーポンコードをコピーする

【速報】2022年タバコ値上げについて JT、フィリップモリス、BATが値上げを発表!

2022年もJT、フィリップモリス、BATが値上げを発表いたしました! 各社の値上がり製品を掲載してゆきます。

JT(日本たばこ産業)
2022年10月の加熱式タバコ41銘柄の値上げを発表しました。
【代表的な加熱式たばこの改定価格】
・メビウス・プルーム・テック専用 現行 570 円 → 改定 580 円
・メビウス・プルーム・テック・プラス専用 現行 580 円 → 580 円(据え置き)
詳しくはこちら

フィリップモリス
今回、値上げ発表があったのは49銘柄。
アイコスで吸う製品、マルボロヒートスティック、HEETS、アイコスイルマなどの49銘柄。
ブランドごとに値上がりの詳細を見てみましょう。
テリア シリーズ 580円→580円(据え置き)
センティア シリーズ 530円→530円(据え置き)
マールボロ・ヒートスティック シリーズ 580円→600円
ヒーツ 530円→550円

詳しくはこちら

つづいてBAT(ブリティッシュ・アメリカン・タバコ・ジャパン )
BATは加熱式タバコの34銘柄が値上げ対象となりました。
価格は以下の通りです。
代表的な銘柄
ネオ 560円→580円
ケント ネオスティック 500円→530円
クール・エックスglo hyper用 520円→540円
詳しい価格はこちら

タバコの値上がりは、ここ数年続いており、喫煙者には厳しい状況となるでしょう。

現段階で2022年の値上げに関する具体的な情報とともに、過去の値上げの推移をご紹介します。

コラムの後半部には、べイプとの年間の費用を比べていますので、ぜひご覧ください。

値上げに関しての新着情報は入り次第更新していきます。

2021年までの国内タバコメーカー JT における値上げタバコ一覧

JTが取り扱うタバコの銘柄は、アメリカンブレンドの「メビウス」、バージニアブレンドの「ホープ」、ドメスティックブレンドの「セブンスター」が人気製品です。

これらのタバコは直近3年で、どのくらい値上がりをしているのでしょうか。

銘柄(紙巻きタバコ) 2018年(10月)改定 2019年(10月)改定 2020年(10月)改定 2021年(10月)改定
メビウス 480円(+40円) 490円(+10円) 540円(+50円) 580円(+40円)
ホープ(10本入) 250円(+20円) 260円(+10円) 280円(+20円) 300円(+20円)
セブンスター 500円(+40円) 510円(+10円) 560円(+50円) 600円(+40円)

メビウスやセブンスターは2018年から+60円も引き上げられており、大幅な値上げになっています。

1日1箱吸うと考えた場合、60円の値上がりは年間で21,600円もタバコ費用が高くなってしまうことになります。

2019年から始まったタバコ値上げは4段階で行われる予定となっており、2021年10月以降に更なる値上げが行われます。

では、他のメーカーのタバコ価格はどれほど引き上げられているのでしょうか。

アメリカのメーカー PM(フィリップ・モリス) における値上げタバコ一覧

PM(フィリップモリスは)はアメリカに本社を置く世界最大のタバコメーカーです。

日本では日本法人フィリップモリスジャパン合同会社としてマールボロやラークといった世界的に人気の高いタバコを取り扱っています。

なんといっても、PMは加熱式タバコの「IQOS(アイコス)」を販売しております。IQOSのユーザーは年々増加しており、皆さんの中にも紙巻きたばこと併用している方はいらっしゃるのではないでしょうか。

そして、アイコスのマールボロヒートスティックより50円安い「HEETS(ヒーツ)」は新しいフレーバーがどんどん発売されており、人気が高まっています。

PMもJT同様にこの2年で50~60円値上がりしており、最も安価だったラークが現時点で500円台になってしまっています。

銘柄(紙巻きタバコ) 2018年(10月)改定 2019年(10月)改定 2020年(10月)改定 2021年(10月)改定
マールボロ 510円(+40円) 520円(+10円) 570円(+50円) 600円(+30円)
ラーク 450円(+30円) 460円(+10円) 500円(+40円) 540円(+40円)
パーラメント 490円(+40円) 500円(+10円) 540円(+40円) 580円(+40円)
バージニア・エス 480円(+30円) 490円(+10円) 530円(+40円) 570円(+40円)
ヒートスティック(IQOS/アイコス) 500円(+40円) 520円(+20円) 550円(+30円) 580円(+30円)
ヒーツ(IQOS/アイコス) 470円(9月発売) 470円 500円(+30円) 530円(+30円)

加熱式タバコもタバコ税がかかるようになっているため、紙巻きタバコよりも値上げ率は低いものの今後も更なる値上げが予想されます。

イギリスのメーカー BATJ(ブリティッシュ・アメリカン・タバコ・ジャパン) におけるタバコ値上げ一覧

BATJ(ブリティッシュ・アメリカン・タバコ・ジャパン)は、イギリスのロンドンに本社を置く世界的に名が知られるBATの日本の合同会社です。

BATは100年という歴史を誇るタバコ会社であり、日本ではケントやラッキーストライクなどの銘柄が主力となり、ロスマンズやポールモール、ニューポートなど国際的なタバコを展開しています。

そして、PMのIQOSと並んで知名度の高い加熱式タバコである「glo(グロー)」の販売も行っており、glo(グロー)専用のタバコスティックも展開しています。

銘柄(紙巻きタバコ) 2018年(10月)改定 2019年(10月)改定 2020年(10月)改定 2021年(10月)改定
ダンヒル 500円(+40円) 520円(+20円) 560円(+40円) 600円(+40円)
ラッキーストライク 500円(+40円) 520円(+20円) 560円(+40円) 600円(+40円)
ケント 450円(+30円) 460円(+10円) 480円(+20円) 520円(+40円)
キャメル 400円(7月発売) 400円 450円(+50円) 450円(0円)
タバコスティック(全般) 490円(+40円) 500円(+10円) 520円(+20円) 560円(+40円)

BATJも他社と同様に2年間で50~60円の値上がりとなっており、現時点で最も安価なキャメルも次の値上げで500円になることが予想されます。

年々上がっていく、タバコの価格帯は家計にも大打撃を与えることでしょう。とは言え、喫煙者にとっては、ニコチンの依存影響により、急に禁煙することはかなりハードルが高いはずです。お財布を気にせず、ニコチンを楽しめたらと思い悩んでいる方には吉報です。紙巻き・加熱式タバコよりも、初期費用・ランニングコストを抑えた製品があります。

次世代タバコ、今、話題の「VAPE」とは?

みなさんは、電子タバコ「VAPE」をご存知でしょうか?

電子タバコ「VAPE」とは、液体のフレーバーを気化させて煙を吸うことにより、喉にガツンとくるような刺激を楽しむ次世代のタバコです。VAPEにはニコチンを摂取するニコチンリキッドがあり、喫煙者から注目されています。

現在、一般的に普及しているIQOSを始め、glo、ploom tech等は、タバコの葉を熱したものを吸うタイプで、「加熱式タバコ」と呼ばれています。

見た目は、どちらも煙のようなものを吸っているので、同じもののように見えますが、仕組みは全く違うものなのです。

紙巻きタバコ・加熱式タバコ(IQOS等)・POD型VAPEのランニングコスト比較

加熱式タバコや紙巻きタバコは値上がりにより、1箱あたりの価格が500円を超えています。喫煙者にとって値上がりが続くことは大きな痛手です。

そのため、コストパフォーマンスがいいと言われている電子タバコ「VAPE」に乗り換える人が急増しつつあります。

しかし、本当に電子タバコ(VAPE)は加熱式タバコや紙巻きタバコと比較するとコストパフォーマンスが優れているのでしょうか?

それぞれ1ヵ月間にかかる費用を比較してみましょう。

タバコ別1ヶ月のランニングコスト比較表

●紙巻きタバコ、加熱式タバコの1ヶ月のランニングコストは、1箱550円で1日1箱吸うと考えた場合

550円×30箱=16,500円

●VAPEのランニングコストは、

ニコチンリキッド60ml※と消耗品のコイル

3,500円+1,000円=4,500円

※ニコチンリキッドは、国内販売はしておらず、海外から個人輸入で手に入れることができます。

電子タバコ(VAPE)は加熱式タバコと同様に最初にデバイスの費用が発生しますが、1ヵ月あたりの費用で考えれば紙巻きタバコや加熱式タバコと比較すると12,000円もの節約になることが分かります。

年間で考えれば144,000円もの節約に繋がるのです。

コストパフォーマンスグラフ

完全に電子タバコ(VAPE)に切り替えることは難しいという場合でも1ヵ月間の半分を紙巻きタバコや加熱式タバコにして、半分を電子タバコ(VAPE)にするだけでも大幅に節約することができます。

1箱550円×15箱+リキッド3500円+コイル1000円なので、1ヵ月では12,750円の費用が発生することになります。

そうすると、1ヵ月全てを紙巻きタバコや加熱式タバコで過ごすよりも3,750円コストを削減できることになります。

徐々に電子タバコ(VAPE)に切り替えられるように調整し、いずれは完全に電子タバコ(VAPE)に切り替えてタバコにかかっていた費用を節約していくことがおすすめです。

加熱式タバコ(IQOS等)とPOD型VAPEの初期コストの比較

加熱式タバコは、2015年に新型のタバコとして発売されてから一気に知名度を高めました。

現在では、加熱式タバコユーザー数は紙巻きタバコユーザー数を上回っています。

加熱式タバコは、専用のヒートスティックを加熱することで発生する蒸気を吸い込むタバコです。

このヒートスティックにはタバコ葉が使用されているため、従来の紙巻きタバコに似た感覚を楽しめます。

ここからは、加熱式タバコと当サイトで人気の初心者向けVAPE『VAPORESSO OSMALLスターターキット』の初期コストを比較していきます。

加熱式タバコ(IQOS等)のスターターキットは、おおよそ7,000円で、

POD型VAPEであるVAPORESSO OSMALL スターターキットは2,200円なので、

VAPORESSO OSMALL スターターキットは4,800円安くなります。

このことから、加熱式タバコと初期投資額を比較してもコストパフォーマンスが良いことが分かります。

そして、長期的に使用する場合にはアイコスは専用のヒートスティックを購入することになりますが、ヒートスティックは紙巻きタバコと同様の金額です。

そのため、紙巻きタバコからアイコスに乗り換えても節約にはなるとは言えません。

手軽さが人気のPOD型VAPEとは?

電子タバコ(VAPE)にはさまざまな種類があり、電子タバコ(VAPE)を始めるにあたってデバイス選びで悩む方も少なくありません。

POD型VAPEは簡単な使い方で電子タバコ(VAPE)初心者に人気が高く、電子タバコ(VAPE)愛用者からは持ち運び用として支持されています。

手のひらサイズのコンパクトなボディのPOD型VAPEは、オールインワンタイプのスターターキットです。

コイル交換などの手入れの必要もなく、本体を充電してポッドカートリッジを挿入するだけなので非常に簡単に使用できることが特徴です。

しかも、安価なので紙巻きタバコや加熱式タバコから電子タバコ(VAPE)に切り替えたいと考えている方が試しやすいでしょう。

VAPORESSO OSMALL スターターキット
VAPORESSO OSMALL スターターキット ¥ 2,200

購入する

商品概要

カラー:ブラック、グレー、ダークブルー、レッド、イエロー、ブルー

本体サイズ: 84.2mm x 26.5mm x 13.4mm 重さ:約23g

材質:アルミニウム、PCTC樹脂、シリコン、他

内蔵バッテリー容量: 350mAh

【セット内容】

・1 x OSMALL本体

・1 x 1.2オームレギュラーPOD

・1 x USBケーブル

・1 x保証書

POD型VAPEのメリット

電子タバコ(VAPE)を紙巻きタバコ・加熱式タバコと比較すると大幅にコスト削減をすることができ、乗り換えしやすいことが分かりました。

しかし、POD型VAPEのメリットはコスパの良さだけではありません。

VAPORESSO OSMALL スターターキットの魅力の1つに、コンパクトという点が挙げられます。

VAPORESSO OSMALLは、かなりお買い求めやすい価格となっており、コンパクトで、軽く、ポケットサイズのリキッド充填式PODタイプのVAPEです。

重量約23gという軽さは、単3乾電池1本分とほぼ同じです。

MTL(マウス・トゥ・ラング)なので、ドローは重ためとなっており、タバコを吸う感覚と似ています。

オートパフ用なので、口につけて吸うだけでベイプを楽しめます。

電子タバコ(VAPE)は副流煙が出ない?!

副流煙の害

タバコの分煙化が厳しくなり、喫煙者は喫煙場所を探すことが困難な時代になってきています。タバコの分煙が厳しく行われている原因は、タバコから発生する副流煙です。

喫煙者が吸うタバコから出ている煙は「主流煙」と呼ばれますが、タバコの先端から出ている煙が「副流煙」と呼ばれています。

タバコ葉を燃やすことで発生する煙には有害物質が含まれていますが、副流煙にも同様に有害物質が含まれています。

そのため、タバコを吸わない人も同じ空間や近くにいれば間接的に煙を吸ってしまうことになり、健康に害が及ぶのです。

副流煙に含まれる有害物質にはニコチンやタール、一酸化炭素アミノビフェールなどが挙げられます。

主流煙の場合はフィルターを通して煙を吸い込みますが、副流煙はフィルターを通さないので主流煙よりも副流煙の方が有害物質の濃度が高いと言われています。

電子タバコには副流煙は含まれない

紙巻きタバコと異なり加熱液タバコは火を使わないため有害物質を大幅に抑えることができると言われていますが、タバコ葉を使用しているため多少なりとも有害物質は発生します。

一方で、電子タバコ(VAPE)の場合は紙巻きタバコや電子タバコのように副流煙が出るという心配はありません。

そもそも電子タバコ(VAPE)は紙巻きタバコや電子タバコのようにタバコ葉を使用していないため、タバコ葉による有害物質が発生しないのです。

電子タバコ(VAPE)はアトマイザーという噴霧器によって作られたタバコ風味のメンソールやフルーツなどのフレーバーの水蒸気を楽しむものになるので、ニコチン入りのリキッドであったとしても副流煙は発生しません。

そのため、周囲の人へ与える副流煙の影響についての心配もなく吸引を楽しむことができます。

電子タバコ(VAPE)は環境にも優しい

紙巻きタバコや電子タバコは、使用すれば吸い殻が発生します。

その吸い殻を道に捨てるような人もいるため、タバコのポイ捨ても副流煙と同様に問題視されています。

一方で、電子タバコ(VAPE)は吸い殻が出ることはありません。

リキッドと呼ばれる液体を加熱して発生する水蒸気を煙に見立てて吸引する仕組みになっているので、吸い殻が出てくることがないのです。

そのため、電子タバコ(VAPE)は環境にも配慮された製品であると言えます。

ニコチンリキッドで電子タバコ(VAPE)をより楽しめます

紙巻きタバコ以外にも、ニコチンを楽しむ方法があるのはご存知ですか?VAPEを使えば、タバコよりもコストを抑えてニコチンを摂取できるのです。

電子タバコ(VAPE)はフレーバーのついたリキッドと呼ばれる液体を加熱して蒸気を発生させます。リキッドは、さまざまなメーカーが多様なフレーバーを展開しています。

リキッドは大きく分けると、「ノンニコチンタイプ」と「ニコチンリキッド」に分けられます。

ニコチンリキッドとは、ニコチン入りなのでタバコのような吸い応えを楽しむことができるリキッドです。

簡単に吸いたい方向けに【JUUL ジュール】PODS VirginiaTobacco

JUUL専用のカートリッジで、紙巻きタバコで知られるヴァージニアの味わいを実現しています。

シンプルなアメリカンブレンドのタバコ風味なので、タバコから乗り換える人には馴染みのあるフレーバーと言えるでしょう。

JUULに使用されているリキッドには、効率よくニコチンを摂取できる『ニコチンソルト』を使用しており、吸い応えも抜群です。しっかりとタバコを吸った時のような感じを再現できるため、強めの紙巻きタバコから移行する人でも納得できるフレーバーと言えます。

本格的に挑戦したい方向けに【Blackwood ブラックウッド】ブラックダイヤモンド

カナダ生まれのリキッドメーカーであるBLACKWOODは、本物のタバコ風味を再現していると人気を博しています。

そのBLACKWOODが展開するリキッドの中でもブラックダイヤモンドはタバコ愛好家たちからも愛される人気のフレーバーです。

ライトなタバコブレンドになっているので、タバコ風味のフレーバーの中でも優しい仕上がりです。

甘さは控えめで、芳醇なオークの香りはタバコそのものと言えます。

キック感もしっかりあるので、タバコから移行した人でも連続して吸い続けたくなるリキッドです。

いかがでしたでしょうか?

10月から開始されるタバコ値上げと、電子タバコについて書かせていただきました。値上がりのタイミングで、コスパが気になる方は是非参考にしていただければと思います。

ニコチンリキッドを安心して楽しめるVAPE.SHOP

VAPE.SHOPは多様な電子タバコ(VAPE)のデバイスやアクセサリー、リキッドなどの販売を行っているショップです。

日本の販売店では入手することが困難な海外で人気の電子タバコ(VAPE)や、他では探すことのできないようなリキッドフレーバーなども見つけることができます。

VAPORESSO OSMALL スターターキットのようなカートリッジ交換式の電子タバコ(VAPE)になっており、手軽さとコンパクトさが人気の理由です。

ポッドと呼ばれるカートリッジを差し込んで吸引するだけという簡単な使い方により、電子タバコ(VAPE)初心者や持ち運び用の電子タバコ(VAPE)として人気があります。

POD型VAPEはコンパクトながらも味わい深く、本格的な電子タバコ(VAPE)を楽しむことができます。

ぜひ、サイトでのお買いものをお楽しみくださいませ!

返品・交換について

不良品や注文と異なる商品が届いた場合は、必ず当社までお問い合せください。また、注文手続き完了後、お客様都合のキャンセル・交換・返品は一切お受けできません。

在庫について

タイミングにより在庫にずれが生じることがございます。在庫数更新が間に合わずご注文頂いた商品が欠品となる場合もございますが、あらかじめご了承ください。

お支払方法について

クレジットカード決済(VISA、MASTER、JCB、AMERICAN EXPRESSのみ対応)及び銀行振込での決済が可能です。
銀行振込に関してですが、ご購入時にご登録されたメールアドレスにメールが入ります。ご入金情報は、本名ではなく、振込人IDで識別しておりますので、依頼人名として必ず指定の振込人IDをご入力下さい。ご指定の振込人ID以外でお振込みいただきました場合、正常に処理が行なわれませんので宜しくお願い致します。ご入金確認後の商品発送となります(前払い)。7日以内にご入金の確認が取れない場合、キャンセルとさせていただきます。振り込み手数料はお客様のご負担でお願いいたします。

送料・配送方法について

アメリカから輸入する場合は、飛行機+日本での輸送会社(佐川急便)、カナダから輸入する場合は、飛行機+日本での輸送会社(DHL、佐川急便等)でお届けします。 配送目安は注文完了後、通常 5~7営業日程度で到着予定です。金額は全国一律 1,900円です。 ※アメリカ発送とカナダ発送が混在したご注文ですと、送料が2倍となります。 日本から発送する商品は同じく佐川急便から、3〜5営業日程度。配送料は無料です。

 お届け日について

佐川急便にて配送いたします。ご注文及び決済完了後、通常3営業日以内に発送いたしますが、配送会社の状況等によって、商品到着日が遅れる場合がございますこと予めご了承下さい。

個人情報のお取り扱いについて

当店は、お客様からお預かりした個人情報(お名前・ご住所・電話番号等)は責任を持って保管し、商品の発送業務以外、第三者に譲渡・提供する事はございません。

返品について

傷・破損等、商品に不良品があった場合やご注文と異なる商品が届いた場合は、7日以内にメールもしくはお電話でご連絡ください。早急に対応致します。 その際の送料は当店の 負担とさせて頂きます。1度ご使用になった商品やお客様のもとで傷・破損等が生じた商品の返品・交換はお受け出来ませんのでご了承下さい。

営業日・営業時間について

ご注文は24時間受け付けております。
【メール】受付時間:24時間、※お返事は翌営業日以降、確認次第となります。
【弊社定休日】土/日/祝日 その他(サイト内トップページにある お知らせ欄 をご覧ください。)

運営会社について

Trade Works Asia Limited (米国関連会社 Vape.Shop USA Corporation)
1602A-3A, Tower 6, China Hong Kong City, 33 Canton Road,Tsim Sha Tsui, Kowloon, Hong Kong
(米国関連会社住所 19551 Bluffwood St., Rowland Heights, CA 91748)
メールアドレス:ds-info@tradeworksasia.com

セキュリティについて

このウェブサイトはジオトラストによって以下の内容が証明されています。ジオトラストが提供するSSLサーバ証明書は、認証局運用規定および利用規約に基づいて提供されます。クイックSSLおよびその他のインターネット信用サービスについて詳しくは、ジオトラストをご覧ください。