インスタ、ツイッターで話題のシーシャ。電子タバコ、VAPEとの違いは?

インスタ、ツイッターで話題のシーシャ。電子タバコ、VAPEとの違いは?

比較
シェアする
新規会員限定 1000円OFFクーポンプレゼント
Vgt7Dkm

クーポンコードをコピーする

身体への影響や分煙化、タバコ税の増税など、さまざまなことが影響してタバコ離れをする人が増加しています。 しかし、喫煙者がいきなり禁煙をすることは非常に難しいことです。そこで、電子タバコに乗り換える人も増えていますが、最近ではインスタなどのSNSでシーシャも話題になっています。 シーシャは電子タバコのVAPEとどのように違うのでしょうか? タバコからシーシャや電子タバコに移行したいと考えている方や、シーシャと電子タバコの違いが知りたいと考えている方は、是非この記事を参考にしてみてください。

そもそもシーシャって何?

最近ではインスタやツイッターなどのSNSでシーシャを見かけることも増え、シーシャがどのような物か気になっているという方も多いでしょう。 海外では以前から人気のあるシーシャですが、日本でも最近人気が高まってきていると言えます。 そもそもシーシャとはどのような物であり、どのように楽しめばいいのでしょうか?

シーシャはどうやって生まれた?

シーシャは日本で生まれたものではなく、海外から日本へと広まったものです。 シーシャの発祥に関しては諸説あり、トルコやエジプト、インドから始まったなどと言われています。 明確な起源ははっきりしていませんが、現在では世界各地にシーシャが広がっています。 エジプトや中東ではシーシャと呼ばれていますが、アメリカでは「フーカー」、トルコでは「ナルギーレ」などと呼ばれており、国や地域によって呼び方はさまざまです。

タバコ自体は南米大陸が原産であり、15世紀になって普及したと言われています。 タバコの普及に伴いさまざまな喫煙器具が生産されるようになり、そこからシーシャも生まれたと考えられます。 もともとはタバコの葉を糖蜜に漬けたものを使用していましたが、果物やハーブなどの香りが添加されるようになり、ここ30年ほどで多様なフレーバーが楽しめるようになりました。

シーシャはどういう使い方をするの?

シーシャのパーツは、トップ・ステム・ボトル・ホースの4つに分けることができます。 シーシャの上部にあるトップにタバコの葉やフレーバーシーシャを乗せ、炭で熱することでタバコを燻します。 そして、煙をボトル内の中の水に通し、ホースを通して水蒸気を吸い込みます。 ボトル内の水はフィルターのような役割になっており、煙が水を通すことで冷やされ、柔らかくて滑らかな煙を楽しめるようになっています。 シーシャで使用するフレーバーシーシャとは、タバコ葉にフレーバーや糖蜜を混ぜたものになります。 ニコチン無しのフレーバーもあり、タバコ葉の代わりにお茶やサトウキビをベースにしています。

シーシャの楽しみ方とは?

シーシャはタバコや電子タバコのように合間時間などに吸うというよりも、時間をかけてゆっくりと楽しむ嗜好品だと言えます。 1時間や1時間半などゆったりと時間をかけてリラックスしながら、煙やフレーバーを味わうことができます。 海外の映画のワンシーンなどでも登場することがありますが、シーシャはガラスや陶磁器製で美しいデザインの物も多くなっており、ファッション的な観点からも楽しめると言えるでしょう。 シーシャは自宅でも楽しむことができますが、カフェやバーなどシーシャを提供するお店で利用する方が多いです。

話題のシーシャ、電子タバコとの違いとは?

シーシャはインスタ映えしやすいということもあり、SNSで話題になっています。 シーシャと電子タバコは見た目も全く異なるものですが、それ以外にどのような点に違いがあるのでしょうか?

シーシャとは

シーシャとは水タバコの一種で、「水キセル」や「水パイプ」とも呼ばれることがあります。 水を通してタバコの煙を吸引するものになるため、紙巻きタバコよりも喉への負担が少ないという特徴があります。 そして、タバコフレーバーだけではなく、さまざまな香料や蜜で味付けされているため、フレーバーの多様性があることもシーシャを楽しめるポイントの1つだと言えます。 一度の喫煙で1時間以上楽しむことができるため、ゆったりとリラックスした特別な時間を過ごすことができます。

電子タバコとの違い

電子タバコとシーシャの大きな違いは、まずサイズ感です。 シーシャの場合は30cm~1mほどのサイズで中には水を入れることになるため、持ち運んで楽しむには不向きです。 しかし、電子タバコ(VAPE)は手のひらサイズのコンパクトなサイズ感になるため、持ち運びすることができます。 そして、シーシャを使用する際には1時間~2時間かけてゆっくりと楽しむという使用方法になります。 しかし、電子タバコは紙巻きタバコやアイコスなどのように合間時間に楽しむことができる嗜好品です。

リラックスしたい時や、気持ちを切り替えたい時など、好きなタイミングで手軽に使用できるという違いがあります。

体には悪いものなのか?

シーシャも電子タバコもどちらを利用するにしても、体への健康被害が気になるという方も多いでしょう。 紙巻きタバコに使用されるタバコ葉を燃やすことで、一酸化炭素やタール、ニコチンなどが発生することが体へ健康被害を及ぼすということはご存知の方も多いでしょう。 シーシャはタバコ葉を使用するものと、タバコ葉を使用せずに茶葉など他のものを代用する方法の2種類があります。 イギリスの保健相の調べによると、タバコ葉を使用したシーシャの1回分の吸引で発生する一酸化炭素は、紙巻きタバコの1本分で発生する一酸化炭素の約4~5倍になることが分かっています。 また、米国立衛生研究所(NIH)の研究によると、シーシャを1時間使用した際に喫煙者が吸入するニコチンの量は紙巻タバコ1本の1.7倍になり、6.5倍以上の炭素、46.4倍以上のタールも摂取すると発表しています。 シーシャは一度の使用で長時間煙を吸引することになるため、水によってタールなどの濃度を薄めることはできても、吸引量は多くなると考えられます。 そのため、タバコ葉を使用するシーシャは体にとって無害なものとは言い切れません。

一方で、電子タバコはタバコ葉を一切使用していません。 そのため、発がん性物質であるタールなどが発生する心配はなく、健康的に使用できるアイテムだと言えます。 リキッドと呼ばれる液体を燃焼して水蒸気を発生させる仕組みですが、リキッドは化粧品や食品などにも使用される添加物で作られているため安全性も高いと言えるでしょう。

シーシャと電子タバコの共通点

シーシャと電子タバコにはいくつか共通している点があります。 まず1つ目の共通点は、水蒸気を楽しむということです。 どちらも水蒸気を吸引する喫煙器具になっており、煙のような水蒸気が発生します。 しかし、煙とは異なり、水蒸気の場合は喉ごしが滑らかになるというメリットがります。 次に2つ目の共通点は、多様なフレーバーを楽しめるということです。 シーシャはタバコ葉やタバコ葉の代わりの物を使用し、電子タバコはリキッドを使用しますが、どちらも香りづけされたものを使用します。 紙巻タバコ風味、フルーツ、スイーツなどさまざまなフレーバーが存在し、気分によって変えることができます。 使用している成分も似ているため、シーシャと電子タバコは味わいも似ていると言われています。

ニコチンについて

喫煙者にとってニコチンの有無は重要なポイントになるでしょう。 ニコチンがあるからこそ吸い応えを感じることができますし、ニコチンは中毒性があるのでニコチン切れが不安やイライラを引き起こす原因になってしまいます。 シーシャや電子タバコにニコチンは含まれているのでしょうか?

シーシャにニコチンは入ってる?

ニコチンはタバコ葉に含まれている天然成分であり、依存性を高める物質です。 シーシャは、タバコ葉を使用するものと、タバコ葉を使用しないものを選ぶことができます。 タバコ葉を使用しているシーシャであれば、タバコ葉によってニコチンを摂取することが可能です。 そのため、紙巻きタバコを使用している喫煙者の方も満足することができるでしょう。 また、タバコ葉を使用していないものはタバコ葉の代わりに他の物を代用しているため、ニコチンは含まれていません。 ニコチンが含まれていないものは、紙巻きたばこの喫煙者以外の方や、禁煙を目指している喫煙者の方におすすめと言えるでしょう。

電子タバコのニコチン入りリキッドは個人輸入で購入できます

電子タバコで使用するリキッドは、大きく分けるとニコチン入りとノンニコチンの2種類があります。 国内の電子タバコの専門店ではニコチン入りのリキッドは購入できませんが、オンラインによる個人輸入であればニコチン入りリキッドの購入が可能です。 電子タバコのリキッドはタバコ葉を使用していないため、タールなどは含まれておらず、ニコチンだけが含まれている状態になっています。 好みのニコチン濃度を選べるだけではなく、フレーバーの種類も豊富なので、気分に合わせたリキッドを探すことができます。

シーシャと電子タバコ、それぞれの楽しみ方の違い

シーシャと電子タバコには共通点もあれば、それぞれ違った点もあります。 そのため、シーシャと電子タバコのどちらを選ぶべきか悩んでしまう方も多いと思います。 それぞれどのように楽しむことができるのか比較し、自分に合う楽しみ方を見つけましょう。

シーシャと電子タバコ、どっちがおすすめ?

シーシャは自宅やお店で楽しむことがメインになりますが、電子タバコは自宅でも外出先でもどこでも楽しむことができます。 電子タバコはコンパクトなサイズ感だというだけではなく、使い方も手軽なものが多いからです。 紙巻きタバコなどと同様に外出先でも合間時間に吸いやすいという点から、日常使いに便利なものは電子タバコであると言えます。 シーシャはガラス製や陶磁器製で見た目に美しく、SNS映えしやすいという点も人気の1つですが、電子タバコも最近ではデザインの種類も豊富です。 シーシャは特別なひと時にはおすすめですが、日常使いとなると使用方法や手入れも難しくなるでしょう。

シーシャの楽しみ方

シーシャは持ち運びには不向きなサイズ感や使用方法ですが、特別な時間を過ごしたいという方にピッタリの嗜好品です。 一度吸引をすれば1~2時間は吸引を続けることになるので、ゆったりとリラックスした時間を過ごすことができます。 余裕のあるひと時を過ごすことができ、非日常を楽しむことができるでしょう。 他の喫煙器具では楽しむことができないほどのモクモクと上がる煙もシーシャを楽しむ方法の1つだと言えます。

電子タバコの楽しみ方

電子タバコは、紙巻きタバコや加熱式タバコの代用品とも言われるアイテムです。 コンパクトで手軽に使いこなせるため、日常的に持ち運んで楽しむことができます。 タバコ葉を使用していないため、タールやニコチンフリーで健康的に楽しめるという点も大きなメリットです。 もちろんニコチン入りリキッドもあるので、紙巻きタバコから乗り換える方も満足することができます。 また、フレーバーの種類がかなり豊富なので、気分によって変えることができます。また、自分だけのお気に入りフレーバーを探すという楽しみもあります。

それぞれに合った楽しみ方

シーシャと電子タバコは水蒸気を楽しむ嗜好品という点では共通していますが、楽しむ方法や利用シーンがそれぞれ異なります。 そのため、それぞれに合った楽しみ方で使用してみてください。 シーシャは最近ではシーシャ専門のカフェやバーなども増えてきているので、まずは専門店で楽しむことから始めることができます。 電子タバコは手軽にオンラインで購入することができるため、まずは気になるVAPEやリキッドをVAPE.SHOPで購入して始めてみてください。

まとめ

シーシャも魅力的ですが、やはり日常使いに便利で手軽に楽しめる嗜好品は電子タバコだと言えます。 VAPE.SHOPでは、他では取り扱いのないような珍しいフレーバーまで電子タバコ用リキッドを取り揃えています。 ニコチン入りリキッドを試したいという方や、ニコチン入りリキッドをDIYしたいという方にもおすすめです。 VAPE.SHOPで自分に合った電子タバコとリキッドを探してみてください。