新規会員登録で1000ポイントプレゼント

電子タバコの個人輸入とは?ニコチン入りリキッドの入手方法や注意点

電子タバコの個人輸入とは?ニコチン入りリキッドの入手方法や注意点

選び方・おすすめ
シェアする

1 電子タバコのニコチン入りリキッドの個人輸入とは

電子タバコのニコチン入りリキッドは、薬機法によって、日本国内での販売や譲渡が禁止されています。 そのため、電子タバコのニコチン入りリキッドに興味があっても、日本国内のタバコ店やその他ショップ等では目にすることはないはずです。そんな中で主な入手方法として挙げられるのが、電子タバコ専門サイトを利用した個人輸入です。

電子タバコをはじめようと考える方がまず、この個人輸入の方法について触れる必要があります。ただ、現在では簡単に個人輸入できるサービスなどもあるので、あまり難しく考える必要もありませんので、ご安心ください。

2 電子タバコのニコチン入りリキッドが日本で規制されている理由

電子タバコのニコチン入りリキッドが国内での販売を禁止されている理由としては、薬機法(医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律/旧薬事法)という法律があります。 まず、電子タバコのリキッドに含まれるニコチンは、薬機法第2条第1項により、医薬品(人又は動物の身体の構造又は機能に影響を及ぼすことが目的とされている物であって、機械器具でないもの)に該当します。 医薬品は厚生労働省の許可がなければ、輸入や販売ができません。

ただし、ニコチンが含まれないリキッドがあれば、規制はなく、輸入も販売も可能です。また、ニコチン入りリキッドでも、個人的に使用する目的であれば、輸入も許可が不要です。 重要なのは使用目的。自分ひとりで使用し、それを転売したり、配布したりしなければ、ニコチン入りリキッドは日本国内でも利用することができます。

3 電子タバコのニコチン入りリキッドを入手する3つの方法

  • ・専門サイトから直接購入する
  • ・海外で購入し、税関申告後、日本に輸入する
  • ・海外にいる個人から購入する

電子タバコは、味のバリエーションが豊富であることや、紙タバコに比べて経済的であることなどのメリットがあります。最近では、電子タバコを試してみたいと考える人も増えています。 しかし、店頭では購入できないため、入手方法がわかりにくい。そんなイメージのせいで、電子タバコを断念するのは残念です。ここでは、電子タバコを入手する3つの方法をご紹介します。

3.1 専門サイトから直接購入する

現時点でもっともオーソドックスなのが専門サイトでの購入。いわば代行販売のような形です。購入時には送料も含まれますが、もっとも安全なルートによる入手方法です。 電子タバコ専門サイトvape.shopなら、しっかりと日本語に対応しているので、お好みのフレーバーやブランドを探しながら、安心して購入することができます。

3.2 海外で購入し、税関申告後、日本に輸入する

自身で海外に渡り、購入するという方法もあります。電子タバコのニコチン入りリキッドは、個人的に使用する目的であれば、個人輸入は合法とされています。 しかし、海外で直接買いつける場合は安全性に懸念もあり、何より時間も手間も掛かるため、あまりおすすめできません。

3.3 海外にいる個人から購入する

海外にいる個人とのやり取りで、ニコチン入りリキッドを購入する方法もあります。個人間の譲渡も海外からであれば合法です。 しかし、英語を使用して連絡を取り合うケースが多いこともあり、敷居は高め。現地のスラングも理解し使いこなす必要があるので、あまりおすすめできません。

4 電子タバコを個人輸入する際の3つの注意点

  • ・輸入量が制限を守る
  • ・利用者の年齢制限を守る
  • ・購入時、成分が詳細に記載されているものを選ぶ

電子タバコを個人輸入する際には、いくつかの注意点があります。とくに注意すべきポイントは上の3つです。ルールを守り、安全に楽しむために、購入前・利用前に必ず確認しておきましょう。

4.1 輸入量の制限

濃度を問わず、1度に輸入できるニコチンの量、1ヶ月に使用する量の上限は120mlと決められています。1度の規定量を守っていても、輸入間隔が短いと、制限オーバーと判断されることもありますので、注意しましょう。

4.2 電子タバコ利用時の年齢規制

紙タバコと同様に、電子タバコを利用・購入できるのも20歳以上から、と決められています。理由としては、未喫煙者への喫煙誘導を防ぐためです。そのため、もちろん20歳未満の人は個人輸入の利用もできません。

4.3 リキッド購入時は成分が詳しく記載されているものを選ぶ

電子タバコのニコチン入りリキッドの種類は年々増加しています。はじめてリキッドを購入する人は、どれを選ぶか迷うことになるはずです。まず、製造元がはっきりしていないものや、リキッドの成分が記載されていないものは購入を避けましょう。体内に取り込まれるものなので、身体への安全性は十分に配慮しましょう。

5 電子タバコの個人輸入はルールを守り、安全性の高いものを!

電子タバコのニコチン入りリキッドは、薬機法によって、基本的には輸入や販売が規制されています。個人輸入をする際は、ルールや注意点に気を付けながら利用しましょう。 個人輸入では、電子タバコを楽しむことはできますが、輸入量や年齢制限といった規制に従う必要があります。安全に電子タバコを使用するためにも、製造元や販売元、記載されている成分などをきちんと確認しましょう。

電子タバコ専門サイトvape.shopなら、豊富な種類の中から、お好みのニコチン入りリキッドを安心して購入できます。個人輸入を手軽に行いたい方はぜひチェックしてみてください。