★ 電子タバコ用【ニコチンリキッド】の個人輸入はこちら>>

アイコス(IQOS)の害と、電子タバコとの違い

日本での人気が高まりつつあるアイコス。「電子タバコと言えばアイコス」「紙巻きタバコよりも健康被害が少ない」というイメージがありますが、本当なのでしょうか。実は、アイコスよりも体に無害な電子タバコVAPEが密かなブームになっています。

Contents

1 アイコス(IQOS)ってそもそも何?

アイコスは、加熱式のタバコです。最近では「禁煙は難しいので、とりあえずアイコスにしている」という方も増えてきました。

従来の紙巻きタバコとの大きな違いは、煙が出ないこととタールが発生しないこと。

煙が出ない理由は、葉を燃やさないためです。アイコスでは紙巻きタバコと同様にタバコ葉を使用していますが、葉を燃やさない限り煙は発生しません。 アイコスの場合はタバコ葉を熱し、その水蒸気を吸い込みます。

煙が出ないと周囲の人に迷惑をかけずに済むので、ありがたいですよね。

また、タールが発生しない理由も「煙が出ないこと」と関係しています。 タールは葉を燃やすことで発生するので、葉を燃やさないアイコスではタールがほとんど発生しません。 発生する有害物質が少ないため、従来のタバコよりは体への害が少ないと言われています。

2 アイコス(IQOS)に害はある?

「アイコスは煙も出ないし、健康に害が無い」と思いがちですが、本当にそうでしょうか。実は、アイコスにも人体に有害な成分は含まれています。

1つ目がニコチンです。タバコの主成分として有名ですね。ニコチンには依存性があります。そのため、アイコスを吸い続けても禁煙できるとは限りません。

加えて、アイコスのニコチン含有量は不明です。従来の紙巻きタバコの場合、煙の成分からニコチン含有量を割り出して公表していました。 しかし、アイコスは煙ではなく水蒸気を吸うもの。ニコチン量を正確に測定するのが難しいため、含有量を割り出せないのです。 記載が義務化されているわけでもないので、正確なニコチンの量は分かりません。

また、アイコス本体の掃除不足により、青酸(シアン化合物)が発生する可能性もあります。 青酸(シアン化合物)は、殺虫剤などに含まれている成分です。それを聞くだけでも有害な成分だと分かりますね。 手入れをきちんとできない方は、アイコスを使うことで余計に健康被害を受ける可能性があります。

一方、VAPEにはタバコ葉を使用していません。VAPEの主な成分は蒸留水や油です。 青酸(シアン化合物)も、もちろん含まれていないので、アイコスよりもVAPEの方が害が少ないのではないでしょうか。

3 加熱式タバコの有害性を【日本政府】が指摘

アイコスの使用者が増えていること、分煙や禁煙が進んできていることから日本でのアイコスの研究も盛んです。 2018年4月に日本政府が発表した文書によると、従来の紙巻きタバコに比べるとアイコスの発がん性は非常に低いようです。

ただし注意が必要です。あくまでも「紙巻きタバコに比べると発がん性が低い」だけで、「発がん性がない」わけではありません。 タールが含まれているため、発がん性もあります。「アイコスだから大丈夫」と思い込むのは危険です。

一方、VAPEにはタールが含まれていません。アイコスとVAPEを同じものと思わずに、成分の違いや発がん性の違いに注目し、よりお好みの方を選びましょう。

4 アイコス(IQOS)値上げ!

タバコの値段は全体的に上がっていますが、アイコスも例外ではありません。 以前は460円で発売されていたヒートスティックも、現在は500円に値上げされています。 「紙巻きタバコよりも安いはず」という気持ちでアイコスに乗り換えた人にとっては痛いニュースですね。

どちらにせよ高くなりつつあるタバコですが、税率の面で見るとアイコスの方がまだ優しいです。

紙巻きタバコの税率は63%ですが、アイコスは49%。同じ価格でも、紙巻きタバコの方が税率が高くなっています。

5 アイコス(IQOS)は電子タバコではない!

「電子タバコといえばアイコス」と思いがちですが、正確に言うとアイコスは電子タバコではなく加熱式タバコです。
加熱式タバコと電子タバコの大きな違いは以下のような項目があります。
・煙の有無
・ニコチンの有無、健康被害の程度
・種類の豊富さ

・煙の有無

加熱式タバコのアイコスは、煙が出ません。そのため、臭いも少ないです。電子タバコVAPEは、煙が出ます。成分の配合バランスによって、煙の量を調節することも可能です。 煙が嫌な人はアイコス、煙を楽しみたい人はVAPEがおすすめです。

・ニコチンの有無、健康被害の程度

加熱式タバコのアイコスは、タバコの葉を熱するためタールもニコチンも含まれています。電子タバコVAPEは、ただの水蒸気ですので、タールが含まれていません。

・種類の豊富さ

アイコスはフレーバーが限られていますが、VAPEは非常に多くのフレーバーがあります。また、自分でカスタマイズすることも可能です。

6 VAPEの害はありません!権威あるネイチャー誌が発表

現時点で、VAPEに害が無いとされています。成分表を見ても、食料品に使われているようなものが多く、安全して利用できます。

とはいえ、ニコチン入りリキッドを個人輸入する際、原料の不明な怪しいリキッドを使用していたり、必ずしも安心できないのが事実。
「人体に無害なものを」という気持ちでVAPEを使用する場合は、信頼のできる製品を購入しましょう。

特集一覧から選ぶ

IQOSがVAPEを作った!?
日本で爆発的な人気を誇るアイコス。ご存知の通り、アイコスは電子タバコ/VAPEではなく加熱式タバコです。たばこスティックという、タバコの葉のスティックを燃焼し楽しみます。しかし、イギリスの公式サイトでとんでもないものを発見してしまいました。
JUULを日本に居ながら購入可能!個人輸入ならvape.shop!
かつてここまで洗練されたVAPEがあっただろうか。見た目、使い方、吸い方、サイズ、充電方法、そのすべてがミニマルである。さらに、従来よりも高濃度である「ニコチンソルト」を採用し、満足のいく吸い心地。アメリカ史上最強VAPEが、ついに発売開始。個人輸入ならvape.shopで。
ソルトニコチン・ニコチンソルト・ニコチン塩とは
アメリカで大人気の「ソルトニコチン」。日本ではまだ馴染みがないのですが、vape.shopでも入手できるようになりました。従来の電子タバコに満足できなかった人や、ヘビースモーカーの人におすすめと言うが、ニコチンソルトとは一体なんなのか。特集形式でご紹介します。
Vape Cafe
ここで一服していきませんか。vapeのコーヒーやティーのリキッドをまとめ ました。
vape brand introduction blackwood
タバコフレーバーで圧倒的人気リキッドブランド「blackwood」のブランド特集です。
summer sale 2018
夏の激安電子タバコのセール!この機会を見逃すな!
これぞサブ機。乾電池で動くJoyetechのBAT PACK(バットパック)
ニコチンを摂取するにも適した一つは持っていたいデバイスです。
vape brand introduction naked100
素材そのままの味を大切にしたリキッドブランド「naked100」のブランド特集です。
特集一覧へ