★ 電子タバコ用【ニコチンリキッド】の個人輸入はこちら>>

ニコチンソルトのDIYリキッドが新発売!

自分好みの電子タバコケースの選び方!種類や素材を比較しよう

自分好みの電子タバコケースの選び方!種類や素材を比較しよう

仕組み・吸い方
シェアする

愛用のVAPEを持ち運ぶなら、便利に安全に持ち歩きたいと考える人も多いのではないでしょうか。電子タバコケースにはさまざまな種類があり、適切なものを選ぶことで、より長くVAPEを楽しむことができます。この記事では、ケースの選び方のポイントについて紹介していきます。記事を読めば、どんな電子タバコケースを選べばいいか、正確にイメージすることができるでしょう。

Contents

1.電子タバコケースの必要性

電子タバコケースとは、電子タバコを収納することで安全かつ、快適に持ち歩くためのアイテムです。普段使いにはもちろん、外出先や旅行先などの壊れやすいシーンでも変わらずに電子タバコを楽しむために、あると便利なものとして広く愛されています。

2.電子タバコケースの利用がおすすめな理由

電子タバコケースはさまざまなシーンで活躍します。それは安全面を考慮した場合に限りません。ここでは、電子タバコケースを用意したほうがいい理由について紹介していきます。

2-1.故障から守ることができるため

電子タバコは、さまざまな機能が搭載されているものが多くあります。その分精密に作られており、外部からの衝撃に強いとはいえません。特に基盤や液晶部分は衝撃に弱く、持ち運ぶ際には故障のリスクがついて回ります。そういったリスクを、ケースに入れて持ち運ぶことで回避することが可能です。従来の紙巻きたばこは消耗品ですが、電子タバコ本体は長く使うことができるため、価格が高いものも多いです。壊れてしまった場合、すぐ買い換えるということも難しいといえるでしょう。電子タバコケースを使用することで、そのような高額の電子タバコも故障から守ることができるようになります。

2-2.傷や汚れから守ることができるため

電子タバコを毎日持ち歩いて使っていると、思わぬところにぶつけてしまったり、落として傷をつけてしまったりすることがあります。また、汚してしまうことも当然考えられます。気を付けて使用していても、ポケットの中でホコリが入り込んだり、手あかがついて汚れが落ちにくくなってしまうこともあるでしょう。傷ついたり汚れたりしたパーツを、すぐに新しいものに交換できるとは限りません。傷や汚れがつかないよう注意しておくことが必要です。電子タバコケースに入れて持ち運ぶようにすれば、神経質にならずに、傷や汚れがつくリスクを減らすことができ、快適に使用することができます。

2-3.付属品の携帯に便利なため

電子タバコは外で利用する場合、付属品を持ち歩かなければならないケースも多いです。たとえば長く使用する場合、補充用のリキッドを持ち運ぶ必要があります。旅行先などでは、充電用のケーブルなども一緒に持ち運ぶことも考えられます。付属品は小さいものも多く、乱雑になりがちです。ケースを用意しておけば、これらの付属品を本体と一緒に収納でき、付属品がばらばらになったり紛失したりすることを防ぐことができます。カバンの中も片付けることができるため、電子タバコケースのみでストレスなく出歩くことも可能です。

2-4.リキッド漏れの被害をおさえることができるため

電子タバコのVAPEは、本体に入れたリキッドと呼ばれる液体を気化させて楽しむものです。つまり、その特性上、持ち歩く場合にはリキッドを持ち運ぶことになります。リキッドを入れておくタンクや、入れ方の種類も多様化しているため、液漏れしにくいタイプの機種もあります。しかし、絶対に液漏れしないとはいいきれません。常にリキッド漏れのリスクがあることは考慮しておく必要があります。

リキッドは香りや粘度があり、カバンの中で液漏れすると、ほかの持ち物にリキッドがついてしまい処理が大変です。また、ニコチン入りのリキッドなどは手に付着すると、急性ニコチン中毒を起こす危険があるため、大変危険です。そのようなリスクを避けるためにも、電子タバコケースを使うメリットはあります。特に、ハードケースやポーチタイプのケースに入れておけば、リキッド漏れした際の被害を減らすことが可能です。

2-5.おしゃれに持てるため

電子タバコは、本体も見た目にこだわっている商品が多く、それを基準に選ぶ楽しみがあります。しかし、自分好みの吸い方を楽しむためには、どうしても本体機能を重視して選ばざるを得ません。そのため、人によってはあまり見た目が気に入らない場合もあります。電子タバコケースは、本体と比較しても、より見た目にこだわった商品が多く、素材や形状のバリエーションも豊富です。ファッションアイテムとして取り入れることができるため、電子タバコケースを使用することで、自分好みの見た目で持ち歩くことができます。

3.電子タバコケースの種類

電子タバコケースの種類は、多数あります。それぞれに特徴があり、自分の好みに合わせて使うことが可能です。ここでは、それぞれの特徴や、どんな場合におすすめかを紹介していきます。

3-1.ハードケース

容量があるため、補充用リキッドや予備用のバッテリーなども一緒に携帯できるのがハードケースタイプです。一日の中でVAPEを使用する機会が多い人にとっては特に重宝されるでしょう。また、頑丈な素材なので耐衝撃性があり、万が一落としてしまった際にも、VAPEの故障やリキッド漏れする心配が少ないタイプでもあります。ただし、ほかのケースと比較すると、サイズが大きく、ハードケースなのでかさばってしまうというデメリットもあります。場合によっては、持ち歩きづらいと感じてしまうこともあるので、ハードケースタイプを使う場合は、大きめのカバンに入れて持ち歩くといいでしょう。

3-2.ポーチ

ポーチはハードケースと同じく、十分な容量があります。そのため、補充用のリキッドや予備用のバッテリーなどを一緒に携帯することが可能です。ハードケースと比較すると耐衝撃性はありませんが、その分、内容物に合わせて小さくできたり、膨らみを許容できたりするため使い勝手がいいとされています。VAPE専用のものもありますが、VAPE専用でない化粧用や小物用のポーチを使うことで、よりデザインを楽しんでいる人も多いです。材質によってはリキッド漏れの際、ポーチから染み出て被害が及んでしまうこともありますが、ポーチ自体は水洗いできる場合があることもメリットの一つです。

3-3.スリーブ

ケースの種類の中でももっともコンパクトなのがスリーブケースです。本体を覆うだけの形状が多く、本体もコンパクトなタイプであれば、ケース無しのときと同じく、ポケットに入れて持ち歩くことも容易です。ストラップやカラビナをつけられるタイプもあり、ベルトループやバッグの外側に取りつければ、より手軽に携帯でき、使いたいときにすぐ取り出すこともできます。その分収納力は見込めませんが、ハードケースに使われるような頑丈な素材のものから、布製、革製の柔らかいものなど、バリエーションも豊富です。そのため、商品選びを楽しむことができるのもスリーブタイプの魅力です。

3-4.リキッド専用ケース

たとえば、リキッドだけを収納できる専用のケースのように、電子タバコ本体のためのケースではないものもあります。リキッド専用ケースは、さまざまな味を楽しむために、たくさんのリキッドを持っているという人は持っていて損はないでしょう。リキッドをすっきりと収納できるため、旅行のときや自宅で保管するときにも、かさばらずに使用することが可能です。誤ってリキッドが割れてしまったり、漏れてしまったりすることを防ぐことができる場合もあります。

4.電子タバコケースの素材

電子タバコケースの素材も、さまざまな種類があります。好みのものかどうかは当然判断基準になりますが、特徴も選ぶうえでは重要です。それぞれの特徴やどんな場合におすすめかを紹介していきます。

4-1.革

ポーチタイプやスリーブタイプに多く見られるのがこの素材です。ひと口に革といっても、牛革、山羊革など、豊富な種類があります。素材の特性上、使い続けるほどに変わる風合いを楽しむことができるのが一つの特徴です。また、革の種類によっては傷がつきやすい場合もありますが、かえってそれを味として楽しむこともできます。さらに、革特有の香りを好む人も多く、気品のあるものとしてたくさんの人に愛されています。高級感や清潔感を感じさせる素材のため、ビジネスシーンでも重宝されているタイプの一つです。

4-2.布

ポーチタイプに多く見られるのが、布素材のものです。帆布のようなしっかりした素材から、薄くやわらかな素材まで、種類は多岐にわたります。前述の通りVAPE専用ではなく、市販のポーチを使う人も多いです。そのため、それらを含めるとたくさんの商品があります。デザインがもっとも豊富にあるのがこの素材といっても過言ではないでしょう。カジュアルな印象を与える素材のため、ビジネスシーンとは使い分けて選ばれることもよくあります。容量が大きいものも多く、そのうえそれほどかさばりはしないので、外出時間が長く付属品を一緒に持ち歩きたいという人にも適しています。デザイン性にも利便性にも富んだ、オールマイティな素材です。

4-3.合成皮革

ポーチタイプやスリーブタイプに多く、また、ボックスタイプで使用されていることもあるのが合成皮革です。革に風合いが似ているものもありますが、革と違い、多少の汚れであれば、ふき取ることで簡単に汚れが落ちるというメリットがあります。さらに、革と比較すると安価な場合も多いので、革の雰囲気を楽しみつつ安く済ませたい人にとっては特にぴったりな素材といえます。

4-4.ABS樹脂

ABS樹脂とは合成樹脂の一種で、ハードケースに多く見られる素材です。数多くの製品に使用されているプラスティックのことを指します。軽くて、そのうえ衝撃に強いというメリットがあります。もっとも耐久性に富んでいるといっても間違いではありません。そのため、本体を故障から守りたい、傷から守りたいというような、特に機能性を重視したい場合に選ばれることが多いです。容量が大きくかさばるハードケースタイプのものがほとんどなので、普段からバッグなど荷物を持ち歩いているという人に、より向いているといえます。

5.電子タバコケースの選び方

ケースの選び方にもさまざまな考え方があります。しっかりと考えて選ばないと、かえってケースが不要だと感じてしまうこともあるでしょう。自分好みの電子タバコケースを選ぶには、どのような点を重視すればいいのか、いくつかのポイントを紹介していきます。

5-1.電子タバコにあったサイズを選ぶ

まず、基本的な考え方としては、当然電子タバコ本体のサイズを考慮する必要があります。本体のサイズに合わないものを買ってしまっても意味がありません。本体にはさまざまな種類があるため、比例してケースの形状やサイズも多種多様です。自分の電子タバコに合ったケースを選ぶためには、事前に本体サイズの確認をして、それに見合う電子タバコケースを選ぶことが大切です。

5-2.使用頻度や持ち運ぶ付属品に合わせて選ぶ

電子タバコを持ち歩く際、自分がどの程度外出先で使用するかを頭に入れておくことも必要です。その頻度によって、持ち運ぶ付属品の必要量が変わります。使用頻度が高い場合は、補充用リキッドや充電に必要なケーブルなどの付属品も一緒に持ち運ぶ必要があります。本体と一緒にそれらを収納できるケースを選択するといいでしょう。反対に、それほど使用しない場合には、すっきりと収められるスリーブタイプのものが好まれる傾向にあります。

5-3.使用シーンに合わせて選ぶ

電子タバコケースは、使用シーンに合わせて選ぶことも大切です。たとえばビジネスシーンなどでは、持っているアイテムによって相手に与える印象も変わります。ビジネス関係にある人の前で使用する場合は、ある程度の線引きは前もってしておきましょう。ほかにも、たとえばアウトドアシーンや野外フェスなどのシーンでは、カジュアルなイメージのものでファッションアイテムとして楽しむことも可能です。携帯性に優れたカラビナ付きのケースがあれば、より便利に楽しむことができ、無くす心配もありません。

5-4.デザイン重視で選ぶ

携帯性や収納面以外にデザイン性を重要視することも、自分好みの電子タバコケースを選ぶためには当然大切なことの一つです。お気に入りの色やブランドから選んでも、まったく間違いではありません。革や布など素材にこだわってみるのも、一つの選び方でしょう。ケースはいくつ持っていようが、本人の自由です。本体と比べると価格もかなり低いので、いくつか種類をそろえて、気分によって変えてみるのも楽しみ方の一つといえるでしょう。

自分好みの電子タバコケースでVAPEを外でも楽しもう

電子タバコのケースは、自分の好みや使い方に合ったものを選ぶことが大切です。不用意に選んでしまうと、せっかく購入したものが不要に感じてしまいます。逆に、自分にぴったりのケースが見つかれば、もっと大切に、そして快適にVAPEを楽しむことができるでしょう。vape.shopでは、ケース付きのVAPEも豊富に取り扱っています。VAPEの扱いに慣れてきたら、自分に合ったケースを探して購入してみましょう。

CONTENT特集一覧から選ぶ

STLTHの使命は、安価で実用的かつ喫煙者を満足させる代替品を提供することによって、受動喫煙や吸い殻のポイ捨てなど多くの悪影響を及ぼす従来の紙巻きタバコからの切り替えを促すことです。ポッドカートリッジを 挿入するだけでご利用できます。
VAPE.SHOPでは、PayPalという決済方法がご利用可能です。しかし残念ながらこのPayPalは、日本ではそこまで知名度が高くありません。みなさまに安心してお買い物をいただけますよう、こちらのページにて「PayPalの安全性について」お伝えします。
大人気リキッドのノンフレーバーニコチンベースについて、500人以上の方にアンケートを実施しました。楽しみ方は十人十色。 まだお試しいただけてない方はぜひ参考にしてみてください。
日本で爆発的な人気を誇るアイコス。ご存知の通り、アイコスは電子タバコ/VAPEではなく加熱式タバコです。たばこスティックという、タバコの葉のスティックを燃焼し楽しみます。しかし、イギリスの公式サイトでとんでもないものを発見してしまいました。
かつてここまで洗練されたVAPEがあっただろうか。見た目、使い方、吸い方、サイズ、充電方法、そのすべてがミニマルである。さらに、従来よりも高濃度である「ニコチンソルト」を採用し、満足のいく吸い心地。アメリカ史上最強VAPEが、ついに発売開始。個人輸入ならvape.shopで。
アメリカで大人気の「ソルトニコチン」。日本ではまだ馴染みがないのですが、vape.shopでも入手できるようになりました。従来の電子タバコに満足できなかった人や、ヘビースモーカーの人におすすめと言うが、ニコチンソルトとは一体なんなのか。特集形式でご紹介します。
ここで一服していきませんか。vapeのコーヒーやティーのリキッドをまとめ ました。
タバコフレーバーで圧倒的人気リキッドブランド「blackwood」のブランド特集です。
特集一覧へ