★ 電子タバコ用【ニコチンリキッド】の個人輸入はこちら>>

電子タバコの危険性を説いた誤った情報に要注意

1 電子タバコは従来のタバコ以上に危険?

研究段階だからこそ騒がれる電子タバコVAPEの健康被害について。
すべてを信じ込まないで正確な情報を手に入れましょう

電子タバコは従来のタバコ以上に危険?

従来のタバコと比較すると健康被害が少ないことで話題となっている電子タバコVAPE。身体に害が少なく喫煙を楽しめると話題を集め、多くの喫煙者が利用するようになりました。

ところがVAPE利用者にとってショックな研究結果が「ニューイングランド・ジャーナル・オヴ・メディシン紙」に掲載されたのを知っていますか。

癌の原因になる物質「ホルムアルデヒド」が従来のタバコの5倍も放出されたというものです。

タバコは火を使うためタバコの葉が燃えタールが発生します。これが発がん性物質となるため、喫煙すると癌になると言われているのです。
それに対して電子タバコは火を使わずタールも発生しないので、癌になりにくいとされています。

それなのになぜ?
「ホルムアルデヒド」とはどんな物質なのでしょうか。

2 再実験によって掲載は誤報であると判明

多くの研究者はこの結果に異を唱え再実験を実施。完全な報告内容ではなかったことを発表しました。

再実験によって掲載は誤報であると判明

2.1 なぜ誤報が掲載されたのか

究者は「ニューイングランド・ジャーナル・オヴ・メディシン紙」に掲載された研究では、1台の電子タバコVAPEしか使用していない点に着目しました。

電子タバコVAPEは様々な種類があり、カスタム性も高いため、そホルムアルデヒドの放出量にも差が出てきます。
そこで5台の電子タバコVAPEを使用して再度実験を行いました。

その結果、従来のタバコは1日に20本吸うと1.5mgから2.5mgのホルムアルデヒドを吸収しますが、5台のうちの3台の電子タバコVAPEは1mg未満のホルムアルデヒドしか放出されませんでした。

つまり、非常に限定的な条件での実験であったにも関わらず、電子タバコVAPEは危険であるという情報が広がってしまったのです。

2.2 電子タバコに落ち度はないの

実験によって「ニューイングランド・ジャーナル・オヴ・メディシン紙」が掲載した情報は完全なものではなかったことが分かりましたが、それは5台のデバイス中、3台の実験結果でした。

では、残りの2台のデバイスはどうだったのでしょうか?
確かに従来のタバコ以上にホルムアルデヒドを確認したのです。

なぜデバイスの種類によって、従来のタバコよりも有害物質を多く放出してしまうのか続いて見てみましょう。

3 従来のタバコ以上に危険になる原因

なぜ安全であるはずの電子タバコVAPEから、従来のタバコ以上の「ホルムアルデヒド」が放出されたのでしょうか。

従来のタバコ以上に危険になる原因

3.1 多くのアルデヒドが確認された2台のデバイス

「ホルムアルデヒド」が多く放出された2台のデバイスについて調査を重ねた結果、電子タバコを最大出力で起動させていた。ということが分かりました。

最大出力で起動させることにより、リキッドが浸透する前にタンクが加熱されるため空焚き状態となってしまいます。このとき「ホルムアルデヒド」が多く発生していると考えられています。

最大出力で起動させれば早くリキッドが加熱され、すぐに電子タバコVAPEを楽しむことができます。
しかし、この空焚き状態では、味は焦げ臭く喉や鼻を火傷する恐れがあるのです。

つまり、喫煙者が好んで最高出力で起動させることは考えられないと考えられているようです。

3.2 今後の目標と確かな情報について

電子タバコを使う上で想定されない環境で使用することにより「ホルムアルデヒド」が放出され、電子タバコに危険が発生するということが分かり、研究者たちは「ニューイングランド・ジャーナル・オヴ・メディシン紙」に対して、研究結果の取り下げを求めました。

このように、今後も電子タバコに関する実験は多く行なわれ、実験結果が報告されることでしょう。

電子タバコVAPEが、従来のタバコに代わる優良な商品であるからこそ、確かな情報を入手し正しい使用法方で楽しむことが大切なのではないでしょうか。

そしてなにより、しっかりとした環境や実験基準などを明確にして、どのような場合においても安心して使用できる製品を求められるでしょう。

今後の電子タバコVAPEから目が離せません。

4 電子タバコを買うならvape.shop

電子タバコを買うならvape.shop

vape.shopでは、厳しい基準をクリアした電子タバコの通販を行なっております。全ての電子タバコを配送料無料でお届けさせていただいております。

わからないことなどがございましたら、全て現地の日本人スタッフがご対応致します!

電子タバコ・ニコチン入りリキッドなら、ぜひvape.shopをご利用ください!

特集一覧から選ぶ

IQOSがVAPEを作った!?
日本で爆発的な人気を誇るアイコス。ご存知の通り、アイコスは電子タバコ/VAPEではなく加熱式タバコです。たばこスティックという、タバコの葉のスティックを燃焼し楽しみます。しかし、イギリスの公式サイトでとんでもないものを発見してしまいました。
JUULを日本に居ながら購入可能!個人輸入ならvape.shop!
かつてここまで洗練されたVAPEがあっただろうか。見た目、使い方、吸い方、サイズ、充電方法、そのすべてがミニマルである。さらに、従来よりも高濃度である「ニコチンソルト」を採用し、満足のいく吸い心地。アメリカ史上最強VAPEが、ついに発売開始。個人輸入ならvape.shopで。
ソルトニコチン・ニコチンソルト・ニコチン塩とは
アメリカで大人気の「ソルトニコチン」。日本ではまだ馴染みがないのですが、vape.shopでも入手できるようになりました。従来の電子タバコに満足できなかった人や、ヘビースモーカーの人におすすめと言うが、ニコチンソルトとは一体なんなのか。特集形式でご紹介します。
Vape Cafe
ここで一服していきませんか。vapeのコーヒーやティーのリキッドをまとめ ました。
vape brand introduction blackwood
タバコフレーバーで圧倒的人気リキッドブランド「blackwood」のブランド特集です。
summer sale 2018
夏の激安電子タバコのセール!この機会を見逃すな!
これぞサブ機。乾電池で動くJoyetechのBAT PACK(バットパック)
ニコチンを摂取するにも適した一つは持っていたいデバイスです。
vape brand introduction naked100
素材そのままの味を大切にしたリキッドブランド「naked100」のブランド特集です。
特集一覧へ