juulはコチラ

電子タバコVAPEはコスパが良い!紙巻きタバコよりどれくらい節約できる?

紙巻きタバコから電子タバコに乗り換える人は、様々な理由を持って乗り換えています。その理由の1つとして挙げられるのが、経費の削減のため。紙巻きタバコは年々値上がりをしており、喫煙者のお財布にダメージを与え続けています。では本当に電子タバコに乗り換えれば節約することができるのでしょうか。今回は電子タバコVAPEのコスパの良さについてご紹介します。

Contents

1 電子タバコVAPEは節約になるのか

そもそも電子タバコVAPEを使うことで本当に節約になるのでしょうか。
まずは紙巻きタバコの場合を考えてみます。JTが行った調査では、紙巻きタバコを毎日吸う人は、平均18本のタバコを吸っているという結果が出ています。1日にほぼ1箱のタバコを吸っているということです。
タバコの価格は銘柄によっても違いますが、およそ460円です。つまり1カ月で13,800円、1年間にすると165,600円も使っていることになります。

では日本で普及している電子タバコIQOSなどはどうかというと、実はそれほど出費は変わりません。IQOSに使うヒートスティックは1箱20本入りで460円と、紙巻きタバコと同じなのです。もちろんヒートスティック1本で吸える回数もそれほど違いはありません。
そこでリキッドタイプの電子タバコVAPEを見てみます。電子タバコVAPEで使うリキッドは、メーカによりますが、15mlで1,500円ほどです。リキッドは少量で充分に楽しめるので、1日に1mlを使うと考えると、1カ月での出費は3,000円。1年間にしても36,000円となります。

また電子タバコVAPEは、使っているうちにコイルが劣化することもあり、定期的な交換が必要となります。コイルの価格は1個で300円程度。交換は1カ月で2回程度なので、1カ月の出費は600円、1年間で7,200円です。

リキッドとコイルを合わせても、紙巻きタバコと比べれば、その差は歴然です。

2 コスパの良い電子タバコVAPEは?

電子タバコVAPEは紙巻きタバコなどと比べると非常にコスパが良いのですが、その中でもコスパが良いものとは、どういったものなのでしょうか。
まずは本体の価格が安いものです。先ほどはリキッドとコイルの価格のみで比較しましたが、電子タバコVAPEは紙巻きタバコと違い、本体を購入しなければなりません。つまり本体の価格によって、節約できる金額も違ってくるのです。

ただし高価な本体を購入しても、長期間使い続けていれば、いずれは紙巻きタバコよりも安上がりになります。

また出力の違いにも注目してください。電子タバコVAPEの中には爆煙タイプというものがあります。これは発生する水蒸気量が多いため、満足感が得られます。
しかしその分、リキッドの消費量も多くなります。先ほどは1日で1mlのリキッド消費を目安としましたが、爆煙タイプではそれ以上のリキッドを使用します。当然出費も多くなります。
つまり最もコスパの良い電子タバコVAPEの選び方としては、安価で出力の低い本体を選ぶことです。

このようにどの電子タバコVAPEがコスパが良いと言い切れないのは、電子タバコVAPEはカスタマイズが可能だからです。仮に出力が低い電子タバコVAPEであっても、パーツを取り換えることで爆煙タイプにもなり得るのです。

コスパを重視して電子タバコVAPEを使う場合は、様々なパーツなどを比較していく必要があります。初心者の方であれば、お手頃なスターターキットを購入すれば、手軽に電子タバコVAPEを始められるでしょう。中でも「JUSTFOG FOG-1 スターターキット」は、シンプルで初心者にも使いやすい上に、価格は5,400円とお手頃です。

JUSTFOG FOG-1 スターターキット
5,400円
アトマイザーと本体の一体構造、エアフロー構造の見直し、リキッド漏れを軽減!
スピットバック(リキッドの跳ね上がり)防止を意識したコイルの使用により、リキッドの口への飛び込みを抑えました。
樹脂タンク(PC)を使用することによりタンク割れによるリキッド漏れを軽減しております。
用途に合わせた2種類のコイルの使用によって快適にvapingすることができます。

JUSTFOG FOG-1 スターターキット

3 リキッドの選び方

BI-SO ビタミンピーチメンソール 30ml
2,850円
【ニコチンBI-SO】ビタミンB配合で活力を与えてくれる、Vita+Mist (ビタミスト) シリーズから新登場!ピーチ&メントールのフレーバーの電子タバコ(VAPE)用ニコチン入りリキッドです。

BI-SO ビタミンピーチメンソール 30ml

BI-SO グリーンアップルメンソール 30ml
2,850円
日本で人気の『BI-SO』リキッドからニコチン入りリキッドが登場。高品質な日本製のニコチンリキッドをお楽しみください。フルーツ系やメンソール好きな方にリピーターが多い、人気の電子タバコ(VAPE)用ニコチン入りリキッドです。

BI-SO グリーンアップルメンソール 30ml

nktr ICE シトラス 60ml
3,750円
強めでヘルシーなレモンフレーバーは一度試したら病みつきになること間違いなし。クールで爽快な後味。爽やかになりたい時にオススメの電子タバコ(VAPE)用ニコチン入りリキッドです。

nktr ICE シトラス 60ml

4 コスパはどっちがいいの?まとめ

電子タバコVAPEは、紙巻きタバコと比べると非常にコスパが良いことがわかりました。
ただし、使うパーツなどによってはお金がかかることもあるため、パーツにこだわるようになると、紙巻きタバコほどではないものの、出費が多くなります。

しかし電子タバコVAPEは、健康被害のない喫煙具。健康を気にせずに楽しめるというのも、コスパが良いと言えるポイントかもしれません。
また、ニコチン入りリキッドは日本国内で購入ができず、個人輸入という形で購入が可能です。現地の日本人スタッフが日本語で対応し、日本円での決済が可能です。
ぜひ一度お試しくださいませ。

特集一覧から選ぶ

JUULを日本に居ながら購入可能!個人輸入ならvape.shop!
かつてここまで洗練されたVAPEがあっただろうか。見た目、使い方、吸い方、サイズ、充電方法、そのすべてがミニマルである。さらに、従来よりも高濃度である「ニコチンソルト」を採用し、満足のいく吸い心地。アメリカ史上最強VAPEが、ついに発売開始。個人輸入ならvape.shopで。
ソルトニコチン・ニコチンソルト・ニコチン塩とは
アメリカで大人気の「ソルトニコチン」。日本ではまだ馴染みがないのですが、vape.shopでも入手できるようになりました。従来の電子タバコに満足できなかった人や、ヘビースモーカーの人におすすめと言うが、ニコチンソルトとは一体なんなのか。特集形式でご紹介します。
Vape Cafe
ここで一服していきませんか。vapeのコーヒーやティーのリキッドをまとめ ました。
vape brand introduction blackwood
タバコフレーバーで圧倒的人気リキッドブランド「blackwood」のブランド特集です。
summer sale 2018
夏の激安電子タバコのセール!この機会を見逃すな!
これぞサブ機。乾電池で動くJoyetechのBAT PACK(バットパック)
ニコチンを摂取するにも適した一つは持っていたいデバイスです。
vape brand introduction naked100
素材そのままの味を大切にしたリキッドブランド「naked100」のブランド特集です。
電子タバコ、VAPE(ベイプ)おすすめ最新ランキング【2018年】
2018年上半期のおすすめ最新ランキングを掲載しました。
特集一覧へ