厚生労働省によると、WHO(世界保健機関)が定める世界禁煙デーの5/31から、省内のタバコの自販機を撤去すると発表しました。禁煙の流れが進む中、なかなかいきなりの禁煙は難しいものです。タールなど有害物質を含まない電子タバコ(VAPE)は禁煙具ではありませんが、禁煙に成功したという声が多く聞かれます。

Contents

1 厚生労働省内でタバコが買えなくなる、世界禁煙デー

加藤厚生労働相が5月29日の閣議後の記者会見で、5月31日の世界禁煙デーに合わせ省内のタバコの自販機を撤去すると発表しました。撤去と言っても1台ですが、なぜこんなにこのニュースに反響があるかというと、かつての世界禁煙デーは「1週間停止」するだけでした。しかし、近年の禁煙都条例などなど、世の中の禁煙の大きな流れを受け、タバコ自販機撤去に至ったようです。

また、下北沢に5/31のみ、「喫煙所なのにタバコが吸えない喫煙所」が登場するそうです。これはVAPE専用の喫煙所となり、紙巻きタバコやIQOSなどの加熱式タバコは吸えないそう。これらをはじめ、5/31にあわせ、様々な禁煙ニュースが報じられています。

2 IQOSやgloなどの加熱式タバコは、有害物質が"減った"だけ

禁煙はなぜしたほうがいいのでしょうか。それはタールをはじめとした有害物質が紙巻きタバコにはあるからです。タバコには4000種類の化学物質が含まれ、その中には200種類以上の有害物質が含まれ、発がん性物質は50種類以上にのぼります。まさに百害あってなんとやら。

そんな中、爆発的な人気を誇るのがIQOSやgloなどの加熱式タバコです。加熱式タバコとは、電子タバコとは違います。加熱式タバコは実際のタバコの葉を熱し、蒸気を吸入するというスタイルのタバコです。加熱式タバコは「有害物質が9割以上軽減」されますが、決して「副流煙の害が0になる」わけではありません。
目に見えない、有害な副流煙は、まさに恐怖です。
IQOSやgloなどの加熱式タバコに変えたからと言って、禁煙ができたとは言えないんです。

3 電子タバコVAPEはタール0。有害物質0

対して電子タバコ=VAPEは、味のついたリキッドと呼ばれる液体を水蒸気状にし、吸引し楽しみます。それは食品添加物に使用される安全な成分でできています。プラス、ニコチンリキッドはニコチンが入っています。もちろんタール0。有害物質0です。
電子タバコVAPEは、味が無数にあり、選ぶ楽しさもあります。ニコチンは摂取しつつ、味だけを楽しむ。タールをはじめとした有害成分はない。ただし、電子タバコVAPEは禁煙具ではありません。しかしこれで禁煙できたという声が多数聞かれます。こんなに楽しい禁煙があるでしょうか。

ニコチンベースリキッドというアイテムがあります。これはそのまま使用せずにお手持ちのリキッドに加える、味のないリキッドです。自分でニコチンの量を調節できるので、「これで紙巻タバコをようやくやめられた」との声が非常に多い商品です。

4 ニコチン入りリキッド個人輸入ならvape.shop

ニコチン入りリキッドは、日本では販売が禁止されており、個人輸入をするしか手はありません。
vape.shopでは、難易度の高い個人輸入をお手伝いさせていただいております。
ニコチン入りリキッドはぜひvape.shopで!

特集一覧から選ぶ

Vape Cafe
ここで一服していきませんか。vapeのコーヒーやティーのリキッドをまとめ ました。
vape brand introduction blackwood
タバコフレーバーで圧倒的人気リキッドブランド「blackwood」のブランド特集です。
summer sale 2018
夏の激安電子タバコのセール!この機会を見逃すな!
これぞサブ機。乾電池で動くJoyetechのBAT PACK(バットパック)
ニコチンを摂取するにも適した一つは持っていたいデバイスです。
vape brand introduction naked100
素材そのままの味を大切にしたリキッドブランド「naked100」のブランド特集です。
電子タバコ、VAPE(ベイプ)おすすめ最新ランキング【2018年】
2018年上半期のおすすめ最新ランキングを掲載しました。
vape brand introduction nktr
本格的なフルーツ感で根強い人気のリキッドブランド「nktr」のブランド特集です。
よくあるご質問
電子タバコVAPE使用上のよくある質問をQ&A形式でまとめました。
特集一覧へ