電子タバコ・VAPEコラム

イギリスでの電子タバコの禁煙補助具認可による市場成長

イギリスでの電子タバコの禁煙補助具認可による市場成長

続かない禁煙の手助けとなる電子タバコ

ひと昔前はショッピングセンターやデパートのエレベーター前には灰皿が設置されていたように記憶しています。レストランでは各テーブルに灰皿が置かれていました。

今やそのような風景を目にすることはなくなり、喫煙者の居場所が徐々に失われつつあります。

こういった喫煙に対する世間の動きには理由があります。

まず一つがタバコの臭いです。タバコの臭いは非常に強いもので、たった数時間でも喫煙者と一緒にいれば洋服や髪にタバコの臭いが染みついてしまいます。喫煙者の中には車の運転中に喫煙をすることが日常的になっている人もいますが、車内にも同様に臭いが染みつきます。

喫煙者は喫煙後に臭いを消すために様々なケアを行います。こうすることで臭いは消えるように思えますが、喫煙者は臭いに慣れていることで気づかないだけで、非喫煙者からすると臭いはすぐにわかります。

それほどタバコの臭いは強いのです。

そしてもう一つの理由が健康被害です。喫煙をすることで肺がんをはじめとした様々な病気のリスクが高まるということは、今や小学校でも習うことです。

さらに、喫煙者の病気のリスクが高まるにとどまらず、周囲にいる非喫煙者の病気のリスクも高まります。むしろフィルターを通して煙を吸っている喫煙者よりも非喫煙者の方が、健康被害が大きいとあっては、世間が禁煙に動くのも納得できます。

世間的な禁煙の動きが強くなったことで、喫煙者の禁煙も活発化しています。

しかし、タバコには依存性の高いニコチンも含まれているので、禁煙も長く続かないものなのです。

ですが、今新たな禁煙補助のツールとして、電子タバコの活躍が期待されています。

電子タバコの禁煙効果がイギリスで証明される

電子タバコは通常のタバコのデメリットであった臭いと健康被害を抑えつつも、喫煙の満足感が得られるとして、喫煙者から注目を集めています。

タバコの臭いの元となるのも、肺がんのリスクを高めるのもタールという物質が原因ですが、電子タバコではタールが発生しません。また、電子タバコVAPEはリキッドを加熱することで水蒸気が発生し、それを吸うことで喫煙と同じ満足感を得つつも、周囲への迷惑は抑えることができます。

関連するページ:ニコチン入りリキッドについて

そのため、電子タバコは健康にも良く、禁煙効果もあると言われるようになったのです。

しかし、世界保健機構での意見は違います。電子タバコに禁煙効果があるかは解明されておらず、ニコチンにも病気を発症させるリスクがあるとしたのです。

そんな中、イギリスはある調査結果を発表しました。電子タバコは従来のタバコよりも有害性は95%低いという結果を提示したのです。

確かに、ニコチンに病気発症のリスクがあったとしても、タールが発生しないのであれば従来のタバコよりも危険度が低いことは明らかです。
さらに、電子タバコVAPEにはニコチンを含まないリキッドがあるため、さらに危険度が低くなること明白でしょう。

このような調査結果を発表したイギリスでは、電子タバコVAPEを禁煙補助具として認可し、病院でも処方されるようになりました。

このイギリスでの動きは、具体的な効果がなかなか解明されなかった電子タバコにとっての大きな前進と言えます。

電子タバコは禁煙効果によってさらに市場が拡大する

今回のイギリスの動きは、電子タバコの活躍をさらに後押しするものとなることが予想されます。
もし今後イギリスで、禁煙治療にVAPEの処方が一般化してくれば、この動きは世界的にも広まるでしょう。

日本ではVAPEに対する批判的な話題も飛び交ったことがあり、いまだに偏見を持ってしまっている人もいますし、まだまだ普及していないのが現状です。

しかし、世界的な電子タバコ市場の年間売り上げは8,300億円とも言われており、これによって日本でも独自の電子タバコが登場し始めました。

そのため、日本でも電子タバコが普及し、喫煙者のほとんどが電子タバコに切り替えることも時間の問題ですし、日本国内の電子タバコ市場もこれから成長していくと見られています。

関連コラム