電子タバコ・VAPEコラム

意外と簡単!電子タバコの使い方

意外と簡単!電子タバコの使い方

電子タバコ(VAPE)を始めたいけど、機械音痴だからなぁ…と心配されている方も多いのではないでしょうか。
でも安心して下さい。実際のところ、携帯電話を持っている人であれば無難に扱える程度の難易度だと思って頂ければ結構です。

充電の仕方

VAPEのバッテリーはリチウムイオン充電池仕様になっていて、携帯電話と同じようにコンセントやパソコン、USBで充電することが可能です。
基本的にはVAPE本体についている充電の差込口に差すだけです。
(差込口は底部分にあるものと、サイドについているタイプがあります。)
アンドロイドのスマホやタブレットをお持ちであればそれもそのまま使えます。
(※VAPE本体に付属している充電ケーブルを使うことが推奨されています。)
古いタイプのものや電池を取り出すタイプのVAPEの場合は、クリアロマイザーやアトマイザーを回して外してから充電します。
最新式のディスプレイ式のVAPEの場合、充電中は携帯のように残量の部分にマークがついたりメモリのマスの部分が上下するように見えます。
ディスプレイ式でないVAPEの場合はUSBチャージャー本体かVAPE本体の一部、もしくはその両方が点灯します。
機種やバッテリー容量にもよりますが、2時間から、長くても6時間でフル充電になります。
充電が完了すると、ディスプレイ式のものは携帯と同じように一目でフルになっていると確認でき、ディスプレイ式ではないタイプのものだと点灯部分の色が変わります。
また携帯と一緒で、使っているうちにバッテリーが疲弊してだんだんとバッテリーが持たなくなっていきます。
使い方や吸う頻度、扱い方にもよって個人差がありますが、基本的にはバッテリーは6か月以上は持ちます。

バッテリーで注意したい点

携帯電話など一般的な電子機器と一緒で、高温多湿な場所での長期間の使用や保管を控えたり、水につけないようにする、衝撃を与えない、熱を加えたり火に近づけない、磁気製品や電子送信機器、ワイヤーやヘアピンなどとの保管や持ち運びをしないなどが挙げられます。
言い換えると夏の暑い日に車中に放置しないとか、万が一落としてしまった時のために衝撃吸収素材のケースに入れる、ストラップにつけて首からぶら下げるなどの予防策が考えられます。
バッテリーは使い方を誤ると故障や破損、怪我につながるので、管理にも気をつけたいところですね。

アトマイザーの交換頻度

アトマイザーには二種類あり、一度しか使えない(クリアロマイザー)タイプと洗浄し何度も使えるタイプがあります。VAPEが流通している国のVAPE市場では後者が主流となっています。
タンクによって合う・合わないサイズのコイルもあります。合わないコイルを使用することでタンクの底部からジュース(リキッド)が漏れるなど不具合が出る場合もありますので、手持ちのタンクに合うサイズのコイルを購入しましょう。
ちなみにヘビーにVAPEする人だと一週間から10日程度でコイルを交換する必要もありますが、一般的には2・3週間に一度の交換をお勧めしています。
交換の目安としてはVAPEを吸った時に味が焦げたような、喉にキツイ味になってくるのでそうなったら変え時です。
交換する時に気を付けたい点としては、コイルを変えたばかりですぐに吸うと、コイルが乾燥しているため、加熱時にコイルが焦げてしまいます。
せっかく交換したのに使えなくなってしまう(厳密には使用は可能ですが不味くなります。)
のはもったいないので、コイルを交換したら、ジュースを入れてから10分置きましょう。
裏技として、コイルの底部の白い綿のような部分にジュースを直接擦り付けてからタンクにジュースを入れると5分でもOKです。

お手入れ

タンクも時が経つにつれて汚れていきます。頻繁に洗う必要はないですが、水ですすいで洗うか、お湯にしばらくつけてからすすぐ簡単なお手入れだけ定期的に行いましょう。
その際の注意点としては、本体とコイルを必ず外しましょう。
また、害はないですが、タンクが濡れたままジュースを入れて吸うと「バチッ」とタンク内で音がして、蒸気の出が悪くなります。気になる人は乾くまで放置すると良いと思います。
コイルに関しては寿命がきたら交換するしかありません。
交換する際は本体からタンクを取り外し、コイルを回すと簡単に外せます。
新しいものを装着する際は、ゆるくつけると吸ったときに「アトマイザーがありません」の表示が出て、煙が出ない状態になります。
つまり、はめなおすハメになるのでコイルがゆるくない程度(押しても回らないくらい)にはしめておく必要があります。
難しくはないので誰にでもできるとは思いますが、やっぱりわからないなぁ、という場合は店頭で購入した場合は直接、ネットで購入した場合は販売元に問い合わせると良いでしょう。

関連するページ:電子タバコ アクセサリー一覧

関連コラム