1 タール(ヤニ)がもたらす悪影響

嫌な臭いや歯の黄ばみの原因となる「タール」とはいったいどんな物質なのでしょうか

タール(ヤニ)がもたらす悪影響

1.1 タール(ヤニ)について

タール(ヤニ)とは植物などに含まれる樹脂のこと。粘々した脂っぽい感じと臭い、色が特徴です。 ヤニはねっとりとまとわりつき、喫煙者の喉や内臓に長くとどまって有害物質を出し続けます。

1.2 臭いについて

前に述べたとおり、タール(ヤニ)は強い臭いを持っている物質です。この臭いの強さは口の中に影響をおよばすだけでなく、服や髪の毛など様々な箇所にまとわりつきとどまります。
これはとても強い臭いですから、周囲に迷惑がかかり喫煙場所の近くを通りかかっただけでも臭いが服につくともいわれています。

1.3 着色について

タール(ヤニ)によって着いた色は簡単に除去することができません。またタール色素と呼ばれ、とても色が付きやすく有害物質とともにとどまり続けます。喫煙者の歯が黄ばんだり、部屋の壁が黄色くなるのもこのタール(ヤニ)が原因です

2 電子タバコVAPEはタールを含まない

電子タバコVAPEは、タール(ヤニ)による臭いや黄ばみを気にすることなく喫煙を楽しむことができます。

電子タバコVAPEはタールを含まない

2.1 タバコと同様の満足感を得られるVAPE

電子タバコVAPEには「タール(ヤニ)」が含まれないことはお伝えしました。

それでは、タールが含まれていなくても喫煙同様の満足感は得られるでしょうか?

禁煙が難しいといわれているのは、タバコには依存性があるからです。
この依存性はニコチンからきているものであり、タールが含まれていなくても満足感の減退にはつながらないのです。

VAPEにはタールは含まれませんが、ニコチンを含みます。従来のタバコの感覚で楽しむことができるため新たな禁煙アイテムとしても注目されています。

周囲の人から、嫌な臭いやタール(ヤニ)による着色を理由に禁煙を勧められている方は、電子タバコVAPEに切り替えてみるのも良いかもしれません。

2.2 VAPEの身体への影響について

禁煙ブームの理由は、臭いや色だけが問題ではありません。

喫煙をすることで癌のリスクが高まるなど、身体に及ぼす悪影響も、大きな理由の1つです。

喫煙が癌のリスクを高める原因はタールにあります。タールは約4000もの化学物質が結合したものだと言われており、それが体内に入ることで癌を発症させるのです。

こういった面からもタール(ヤニ)が含まれていないので、癌のリスクが高まる心配がなく、身体への悪影響を減らすことができるといえます。

しかし、VAPEも身体への悪影響が全くないわけではありません。
VAPEは、一部含まれていない商品もありますが、ニコチンを含む商品です。ニコチンは発がん性物質ではないため癌のリスクに影響することはありませんが、神経系に作用して血圧を上昇させたり、動脈硬化を引き起こしたりするのです。

そのため、身体への影響を無くして喫煙を楽しみたい場合は、VAPEのニコチン0mg相当のリキッドを使うことをおすすめします。

電子タバコVAPEは、様々なリキッドを楽しむことができる上に、自分の健康に対しても、周囲の人に対しても優しいタバコと言えます。