★ 電子タバコ用【ニコチンリキッド】の個人輸入はこちら>>

ニコチンソルトのDIYリキッドが新発売!

プルーム・テックはどんなもの?電子タバコのVAPEとはどう違うの?

プルーム・テックはどんなもの?電子タバコのVAPEとはどう違うの?

比較
シェアする

さまざまな特徴を持つプルーム・テックに興味がある人も多いのではないでしょうか。ここでは、プルーム・テックの概要のほか、詳細なメリットやデメリットも紹介していきます。また、プルーム・テックを検討しているなら、電子タバコのVAPEも選択肢に入れるべきです。その理由についても紹介していきます。記事を読めば、プルーム・テックについて、VAPEとの違いも理解でき、自分に適切な方を選ぶことができるでしょう。

Contents

1.プルーム・テックとは

プルーム・テックとは、いわゆる加熱式タバコの一つです。その仕様や価格、購入できる店舗など、プルーム・テックの基礎知識を紹介していきます。

1-1.仕様

プルーム・テックとは、JTから販売されている加熱式タバコです。火を用いず、タバコ葉を燃やさないため、燃焼によるタールや煙が発生しないという点で非常に注目を集めています。プルーム・テックとひとくくりにされることも多いですが、その本体にはいくつか種類があり、詳細は後述しますが、仕組みもさまざまです。プルーム・テックやプルーム・テック・プラスの場合、カートリッジ内の液体を蒸気に変化させ、その蒸気が粉末タバコ葉を入れたカプセルを通過することで発生する、ニコチン混じりの蒸気を吸入して楽しむ仕組みになっています。

また、プルーム・エスの場合は、専用のタバコスティックをヒーターで加熱することで発生する蒸気を楽しむ仕様です。それぞれのリフィル(詰め替え用品)ブランドは、2019年現在、メビウスやピアニッシモなど広く愛されているブランドが販売されています。

1-2.価格

それぞれの種類によって価格は異なります。また、初心者に嬉しい、バッテリーやACアダプター、USBチャージャーをセットにしたスターターキットもあります。スターターキットであれば、メーカー希望小売価格が税込3000~7980円ほどです。別途購入が必要なリフィルは、480~500円で、1万円を切る形でプルーム・テックを始めることができます。

1-3.購入店舗

プルーム・テックは、さまざまな場所で容易に手に入れることができます。プルーム・テック専門店やプルーム・テックのオンラインショップはもちろん、コンビニエンスストアやタバコ販売店でも購入することが可能です。専門店では、試し吸いすることもできます。プルーム・テックにはいろいろなフレーバーがあるので、すでに喫煙している人でかつ、減煙目的でプルーム・テックを楽しみたい人は、自分が吸っているタバコのフレーバーに近いタイプを選ぶ人も多いです。もちろん喫煙をしていない人でも、専門店で試してみて、好みのものを探すことも可能です。

2.プルーム・テックの種類と比較

2019年現在、プルーム・テックの種類は3種類あります。それぞれの種類には異なる特徴があり、より自分に合った製品を選択することが可能です。それぞれの特徴について詳しく説明していきます。

2-1.プルーム・テック

2016年発売のスタンダードモデルで、いわゆるプルーム・テックといえば、この製品を指すことも多いです。低温加熱式で、使用時のタバコカプセル内の温度は約30℃と、安全面にも配慮されています。さまざまなフレーバーが楽しめるほか、タバコ葉が詰まった、タバコカプセルを使用しているので、しっかりとしたクリアなタバコの味わいを楽しむことができます。電子タバコでは物足りなかった人に、より向いているといえるでしょう。ニコチンやタールなどの有害物質を含んではいますが、従来の紙巻きタバコと比較して健康面への被害は少ないとされています。そのため、減煙目的で使用する人も多いです。

吸い込むだけで作動するという手軽さも人気の一つで、ライターなどで火をつける必要もありません。スティック型のスリムな形状は持ち運びにも適しており、出先や海外旅行などにも持っていきやすいです。

2-2.プルーム・テック・プラス

2019年に新たにラインナップに追加販売されたシリーズが、プルーム・テック・プラスです。プルーム・テックと同じく低温加熱式で、使用したときのタバコカプセル内の温度は約40℃ですが、プルーム・テックと比較して、タバコ葉と蒸気を増量しています。そのため、吸い応えがより強められています。よりタバコらしい、深い味わいを求める人に向いているといえるでしょう。また、プルーム・テックにはなかった電源のオン・オフボタンを新設定し、より使い勝手の良さを求めた形になっています。形状はプルーム・テックをそのまま継承したスティック型で、スリムな本体ボディは変わりません。

2-3.プルーム・エス

こちらも2019年にリリースされたシリーズの一つです。前述の二つと大きく違う点が、高温加熱式という形式をとっているということです。また、タバコカプセルではなく、スティックを使用しています。使用したときのタバコスティック内部の温度は約200℃まで上がり、紙巻きタバコに限りなく近い吸い応えを実現させています。加えて臭いは紙巻きタバコと比較して5%未満に抑えており、周囲へも十分に配慮したスマートな吸い方を楽しめるでしょう。

1本約40秒という加熱待ち時間がありますが、バッテリーが十分にある場合は連続して吸うことも可能です。また、形状もほかの2モデルと異なります。とはいえ、手のひらにほどよく収まるサイズのボックス型で、場所をとりません。

3.プルーム・テックのメリット

プルーム・テックを使用するうえでは、数多くのメリットが存在します。どのようなメリットがあるのかを紹介していきます。

3-1.好きな回数吸える

プルーム・テックやプルーム・テック・プラスにおいては、回数によってリフィルが消耗されていくという点に特徴があります。アイコスやグローなど、ほかの加熱式タバコや、紙巻きタバコでは、1回吸いだすと、基本的に最後まで吸わなくてはならず、途中でやめることができません。一方、プルーム・テックシリーズの中でもプルーム・テック、プルーム・テック・プラスであれば、1回だけ吸って、置いておくことも可能です。ポケットやカバンなどにしまっておいて、また後から続きを吸うこともできるため、好きなときに好きな分だけ吸うことができます。

3-2.臭いの少なさ

アイコスやグローなど、ほかの加熱式タバコも、紙巻きタバコと比較すれば圧倒的に臭いは軽減されています。しかし、髪や服に多少の臭いがつくと感じ、また、独特な臭いが気になる人も中にはいます。特に非喫煙者にとっては、より気になるという人も少なくありません。それにひきかえ、低温加熱式を採用しているプルーム・テックやプルーム・テック・プラスであれば、ほぼ無臭だと感じる人が多いです。また、前述の通り、プルーム・エスであっても、紙巻きタバコの臭いをほとんどカットすることに成功しています。

3-3.毎回ゴミが出ない

紙巻きタバコはもちろん、アイコスやグローなどの加熱式タバコであっても、1本吸うたびに吸い殻が出ます。しかし、プルーム・テックやプルーム・テック・プラスであれば、タバコカプセルを使用しており、吸うたびにゴミが出るということがありません。タバコカプセルを交換するタイミングは約50パフです。これは、紙巻きタバコに換算して約6本分に相当します。もちろん、吸い方によって異なり、吸い終わればタバコカプセルを捨てる必要もありますが、タバコカプセルは無臭です。灰皿を使う必要はなく、そのままゴミ箱に捨てることができます。

4.プルーム・テックのデメリット

メリットについては前述の通りですが、プルーム・テックにもデメリットはあります。どのようなデメリットがあるかを紹介していきます。

4-1.吸いごたえが物足りない場合がある

紙巻きタバコを吸っている人がプルーム・テックに移行する場合、軽いと感じたり、物足りないと思ったりする人も多いのが事実です。特に、低温加熱式のプルーム・テックやプルーム・テック・プラスでは、満足できないという人も中にはいます。蒸気をタバコ葉に通過させる仕組みのため、高温加熱式でタバコ葉を加熱するアイコスやグローと比較すると、どうしても物足りないと感じてしまう人も少なくありません。ここでいう満足感とは、ニコチンを吸い込むことによって得られるタバコ感のことです。この場合は、高温加熱式を採用しているプルーム・エスを使用するのも一つの手といえるでしょう。

4-2.機種間でカプセルの互換性がない

タバコスティックを使うプルーム・エスはもちろんですが、タバコカプセルを使うプルーム・テックとプルーム・テック・プラスの間でも、カプセルの互換性はありません。必ず専用品を使う必要があるのは、デメリットといえるでしょう。フレーバーは増え続けていますが、プルーム・テックでも2019年現在においては、10銘柄のみの販売に留まります。季節限定銘柄の発売もありますが、紙巻きタバコほどの選択肢はないといって過言ではありません。また、プルーム・エスやプルーム・テック・プラスのフレーバーの数は、3種類と4種類でプルーム・テックとも差があります。機器により選べるフレーバーに差が出てしまうのは、満足感を得るという点においては不十分だといえるでしょう。

5.プルーム・テックを購入するなら電子タバコのVAPEもおすすめ

電子タバコのVAPEであれば、プルーム・テックのメリットを兼ね備えつつも、プルーム・テックと違った魅力もあります。その理由を詳細に説明していきます。

5-1.好きな回数吸える

電子タバコのVAPEもプルーム・テックやプルーム・テック・プラスと同様に、好きなときに好きなだけ吸うことが可能です。紙巻きタバコなどのように、一度吸い始めたら1本吸い終わるまで吸い切らなくてはいけない、というようなことはありません。ひとくちだけ吸ってやめて、あとはバッグやポケットなどにしまっておいて、また後から続きを吸うことも可能です。もちろん電源ボタンが付いている機種も多く、無駄にバッテリーを消耗することもありません。

5-2.臭いの少なさ

プルーム・テックシリーズと同様に、タールが発生しないこともVAPEの魅力の一つです。服や髪に臭いがつかず、非喫煙者にも配慮することができます。また、プルーム・テックやプルーム・テック・プラスと同様に、タバコ葉を直接加熱するということがありません。水蒸気を楽しむものであるため、臭いが少ない点でも重宝されています。VAPEの場合はさらに、使用するリキッドにそれぞれフレーバーがあるため、その香りがほのかに香る程度です。

5-3.毎回ゴミが出ない

吸うたびに吸い殻や灰などのゴミが出ず、灰皿が必要ないことも、プルーム・テックやプルーム・テック・プラスと同様です。さまざまタイプはありますが、リキッドを充填するタイプのVAPEであれば、プルーム・テックでいうタバコカプセルに該当するゴミも出ません。よりクリーンに楽しむことができます。

5-4.フレーバーが豊富

VAPEは形状の種類や機器に関わらず、リキッドが自由に選べるという特徴があります。そのフレーバーも豊富にあり、より紙巻きタバコに近い味わいからフルーティなものや、コーラ味など特殊なものまで、種類はさまざまです。数多くの中から好みのフレーバーを見つけることができるのも、VAPEの楽しみ方の一つです。プルーム・テックシリーズでは、タバコカプセルを使用するプルーム・テックとプルーム・テック・プラス間でもカプセルの互換性がないなど、フレーバーに制限がありますが、VAPEではその心配もありません。本体が一台あれば、さまざまな味を楽しむことができます。

5-5.ニコチン入りリキッドでタバコ感を調節できる

VAPEにおいては、ニコチン入りリキッドを使って、自分で自由に濃度を設定することが可能です。プルーム・テックのタバコカプセルや、タバコスティックのようなパッケージ化されたリフィルからニコチンを摂取するのではありません。そのため、ニコチンを吸い込むことによって得られるタバコ感も、自分で調節することができます。少し味やタールが弱いと感じたら、自分好みの設定に変えることで、容易に解消することができるのもVAPEの魅力といえるでしょう。

6.ニコチン入りリキッド購入ならvape.shopがおすすめ

日本で販売されているリキッドは、2019年現在、ニコチンが入っているものはありません。ニコチン入りリキッドを購入するには個人輸入する必要があります。自分で個人輸入するのは、言葉や通貨の壁があり、特に初心者にとってはハードルが高いと感じる人も多いでしょう。難しいと感じる場合には、vape.shopでニコチン入りリキッドを購入するのも一つの手です。

vape.shopなら、サイトは日本語表記のため安心です。クレジットカード情報をサイト側が保有しないPayPal決済が可能なので、より安心して個人輸入をすることができます。会員数も2万人を越える実績があり、加えてユーザーレビューも多く書き込まれているので、参考にしながら購入できるのも特徴です。スターターキットの取り揃えも豊富なので、VAPEに関しては全くの初めてという人でも安心して購入することができるでしょう。

CONTENT特集一覧から選ぶ

皆さんはレモンの効果を知ってますか?レモンドロップは新たにひねりを加えた伝統的なレモネードのフレーバーです!甘く、酸味があります、ちょうど良い刺激があります!
STLTHの使命は、安価で実用的かつ喫煙者を満足させる代替品を提供することによって、受動喫煙や吸い殻のポイ捨てなど多くの悪影響を及ぼす従来の紙巻きタバコからの切り替えを促すことです。ポッドカートリッジを 挿入するだけでご利用できます。
VAPE.SHOPでは、PayPalという決済方法がご利用可能です。しかし残念ながらこのPayPalは、日本ではそこまで知名度が高くありません。みなさまに安心してお買い物をいただけますよう、こちらのページにて「PayPalの安全性について」お伝えします。
大人気リキッドのノンフレーバーニコチンベースについて、500人以上の方にアンケートを実施しました。楽しみ方は十人十色。 まだお試しいただけてない方はぜひ参考にしてみてください。
日本で爆発的な人気を誇るアイコス。ご存知の通り、アイコスは電子タバコ/VAPEではなく加熱式タバコです。たばこスティックという、タバコの葉のスティックを燃焼し楽しみます。しかし、イギリスの公式サイトでとんでもないものを発見してしまいました。
かつてここまで洗練されたVAPEがあっただろうか。見た目、使い方、吸い方、サイズ、充電方法、そのすべてがミニマルである。さらに、従来よりも高濃度である「ニコチンソルト」を採用し、満足のいく吸い心地。アメリカ史上最強VAPEが、ついに発売開始。個人輸入ならvape.shopで。
アメリカで大人気の「ソルトニコチン」。日本ではまだ馴染みがないのですが、vape.shopでも入手できるようになりました。従来の電子タバコに満足できなかった人や、ヘビースモーカーの人におすすめと言うが、ニコチンソルトとは一体なんなのか。特集形式でご紹介します。
ここで一服していきませんか。vapeのコーヒーやティーのリキッドをまとめ ました。
特集一覧へ