★ 電子タバコ用【ニコチンリキッド】の個人輸入はこちら>>

ニコチンソルトのDIYリキッドが新発売!

【必見】おすすめCBDリキッド

【必見】おすすめCBDリキッド

比較
シェアする

欧米では幅広いシェアを獲得している電子タバコ(VAPE)。日本国内では、規制の関係でニコチン入りのリキッドは個人輸入でのみご購入可能ということもあり、加熱式たばこが人気となっています。電子タバコを使ってみたいという人の中にも、もっと多種多様なリキッドが楽しみたいというニーズもあるでしょう。 そんな中でおすすめなのが「CBDリキッド」と呼ばれるものです。今回はCBDリキッドの基本的な知識に加えて、おすすめのCBDリキッドまで紹介していきます。 電子タバコを始めてみたい人は参考にしてみてください。

Contents

1. 違法?合法?CBDリキッドと法律

まずは、「CBDリキッド」の基本的な内容について解説していきます。あまり日本では、聞きなれない言葉ですし、「CBDリキッド」と聞くと、若干グレーなイメージが湧いてしまいます。 「CBDリキッド」について正確な知識を理解して、購入などを検討してみてください。

「CBD」というのは、「カンナビジオール」という成分の名前です。 この「CBD」は麻という植物に含まれる成分で、規制対象のTHCを含まない麻の茎と種から抽出されたCBDの電子タバコ用リキッドが「CBDリキッド」と呼ばれます。 「麻」に含まれていると聞くと、どうしても「大麻」を想像してしまいますが、実際のところ「CBD」は全く合法な成分です。

そもそも日本では違法とされる「大麻」ですが、これについては大麻に含まれる成分の1つ「THC(テトラヒドロカンナビノール)」が精神活性作用を含んでおり、法律によって厳しく規制されています。 この「THC」と「CBD」は、成分として全くの別物であり、同じ麻に含まれている成分としても、「CBD」は麻の「茎・種子」から抽出されるのに対して、「THC」は麻の「花冠、葉っぱ」に含まれています。

このような点から「CBD」は全くの合法成分であり、日本でも「健康食品」や「サプリメント」の部類に入れられます。また、「THC」の摂取によって発生する幻覚作用などもありません。 「THC」が含まれた大麻リキッドは、絶対に入手して、使用することは許されませんが、「CBD」は全くの別物であると理解しておきましょう。

ここまで詳しく書くと、逆に怪しくなってしまうかもしれませんが、そんなことはありません。 「CBDリキッド」は、楽天市場でも当たり前のように販売されています。

繰り返しになりますが、「CBDリキッド」自体は全くの合法商品で、電子タバコを楽しむ上でのリキッドの1つとして広く認知されています。

2. CBDの効果は?

次に、「CBDリキッド」を使うことによる効果を紹介します。通常のリキッドと比べて、どのような効果が期待できるのでしょうか。
日本では、規制の関係もあり、これらの研究については、欧米が中心となっています。
「CBD」の効果については、様々な病気での治療効果が期待されているため、研究が進んでおります。ざっくり言うと、大きく2つの効果があると言われています。

・ストレス・不安の軽減
・鎮痛効果

もちろん、これらは現在研究が進められている段階で、現実的に治療に応用されるのは、まだ先になりそうです。また、日常的な「CBDリキッド」の利用を考えると、「リラックス効果」ぐらいの感覚になると思います。

電子タバコ(VAPE)というと、国内では、フレーバーによる多様化が中心となっていますが、このような効果が期待されているリキッドも販売されており、VAPEをより深く楽しむ上での選択肢になっています。

3. なぜCBDをVAPEで摂取するのか

3. 次に、CBDの摂取方法について解説していきます。

主な、CBDの摂取方法としては、「CBDオイル」と「CBDリキッド」の2つに分類することができます。

「CBDオイル」は、舌の下に直接垂らして、摂取したり、食品に混ぜる、カプセルに入れるなどの摂取方法が挙げられます。
「CBD」は、健康食品やサプリメントというジャンルに属しているため、「CBDオイル」に関しては、種類が豊富であり、手軽に摂取できるなどのメリットが挙げられます。

しかし、「CBDオイル」のデメリットもいくつかあります。1つ目は、経口生体利用効率の低さが挙げられます。これは、摂取したCBDに対して、成分が血流に到達して効果を発揮する効率をさしますが、経口摂取の場合、CBDは摂取した分量に対して利用効率が15%とかなり低いです。
また、価格も比較的高いですし、味としても決して美味しいわけではありません。そのため、「CBDオイル」は端的にコスパが悪い摂取方法ともいえます。

一方、「CBDリキッド」ですが、電子タバコを使って気化したものを摂取するという方法になります。「CBDオイル」とは逆に、経口生体利用効率が高く、50~60%と言われています。
また、「CBDリキッド」には、多様なフレーバーが用意されており、CBD自体の癖のある味を感じずにすみます。種類がまたまだ少なかったり、専用の機器が必要となる部分貼りますが、コスパを考えると「CBDリキッド」を使った方が良いと言えます。

こういった観点から、CBDを摂取するのであれば「VAPE」が最適といえるでしょう。

4. おすすめCBDリキッド

CBDリキッドについて、かなり詳しく理解ができたと思います。ここからは、具体的に、「CBDリキッド」を購入する話に触れていきます。

CBDリキッドはどこで購入すればいいのか。また、どのブランドがおすすめなのか知っていきましょう。認知度の低い商品でもあるので、できれば信頼のできるブランドを利用していとも思いますよね。

今回おすすめしたいのは、「Naked100」というブランドです。「Naked100」は、VAPE業界の中でも、非常に有名なリキッドブランドで、カナダにある老舗のVAPEリキッド屋さんによるものです。 「素材そのままの味」というのをコンセプトにしており、ユーザーからも非常に好評なリキッドブランドです。

そんな「Naked100」は、CBDリキッドも取り扱っています。経口摂取だと、コスパの悪いCBDですが、「Naked100」では、様々なフレーバーと組み合わせたリキッドを販売しており、より美味しくCBDを楽しむことができます。

また、製造管理も徹底されており、生産には違法成分が一切混入しないように管理が徹底されており、第三者検査機関による成分証明書もあるので、安心して購入できます。

ここでは、「Naked100」が取り扱っている人気の「CBDリキッド」をいくつか紹介していきます。

4.1 Naked100 CBD Amazing Mango

「Naked100 CBD Amazing Mango」は、完熟マンゴーピーチ味のフレーバーが含まれているリキッドです。フレッシュなフルーツの香りと甘みを感じさせる味わいは、CBDとの相性もぴったりです。フルーティーさの中に、クリーミーな味わいを加えた、まるでスムージーのような風味に魅力があります。

 

Naked100 CBD Amazing Mango

4.2 Naked100 CBD Lava Flow

「Naked100 CBD Lava Flow」は、ストロベリー、ココナッツ、パイナップルのフレーバーがブレンドされたリキッドです。吸い込むだけで、口の中に南国の香りが広がり、心地よいフルーツの味わいが楽っます。ココナッツの甘みの中に、ストロベリーの程よい酸味が魅力です。

 

Naked100 CBD Lava Flow

4.3 Naked100 CBD POG

「Naked100 CBD POG」は、トロピカルフルーツにメンソール系のクールなフレーバーをブレンドしたリキッドです。パッションフルーツや柑橘系の香りと、心地よいメンソールは、しつこさがなく、すっきりと使えるリキッドとなっています。

 

Naked100 CBD  POG

4.4 Naked100 CBD Really Berry

「Naked100 CBD Really Berry」は、ブルーベリー、ブラックベリー、レモンの3つのフレーバーをブレンドしたリキッドです。2種類のベリーが醸し出す甘みに加えて、レモンの酸味が程よいアクセントになっています。上品な味わいで、すっきりとした風味が楽しめます。

 

Naked100 CBD  Really Berry

5. CBDリキッド使用の際の、電子タバコ本体の選び方

CBDリキッドを使うためには、リキッドを聞かさせる電子タバコが必要となります。電子タバコにも、さまざま種類がありますが、CBDリキッドを使う上で適したものには、どのような特徴があるのでしょうか。

例えば、電子タバコには、発生する蒸気の量が多い「爆煙タイプ」と呼ばれるものがあります。この爆煙タイプは、燃焼温度が高いという特徴があるのですが、温度が高いとCBDの成分が失われてしまいます。そのため、CBDリキッドを使う際には、「爆煙タイプ」の電子タバコは向いていません。

一方で、低温の場合でも、CBDが蒸気にならないため、低温タイプの電子タバコが向いているというわけでもありません。

CBDリキッドを使う場合には、できれば温度管理ができるタイプの電子タバコが向いているといえます。

6. おすすめCBD向け電子タバコ本体

CBDリキッドを使う上での、適した電子タバコの特徴を理解したところで、ここからはおすすめのCBD向け電子タバコを紹介していきます。

6.1 VAPORESSO SWAG Kit

「VAPORESSO SWAG Kit」は、温度調節管理機能が付いている電子タバコで、調節範囲は「 100℃-315℃」となっています。バッテリーには、リチウム電池が1本使用されており、カラーバリエーションも豊富です。価格も7000円台と比較的リーズナブルになっています。

VAPORESSO SWAG Kit

6.2 Eleaf iStick Pico 75W

「Eleaf iStick Pico 75W」も温度調節管理ができる電子タバコで「100-315℃」までの調節が可能になっています。コンパクトなボディながらもパワフルな性能を発揮しており、リキッド補充も簡単にできるような設計になっています。

Eleaf iStick Pico 75W

6.3 JUSTFOG FOG-1

「JUSTFOG FOG-1」は温度調節管理機能はないものの、低出力で安心して使える上に、CBDリキッドに適しています。温度管理が面倒という人は、こちらの電子タバコでCBDリキッドを楽しんでみるといいでしょう。

JUSTFOG FOG-1

7. CBDリキッドを始めるなら、Naked100 CBDがおすすめ!

CBDリキッドについて、さまざまなことをまとめていきました。日本ではまだまだ認知されていないCBDリキッドですが、中には違法成分が含まれていたり、商品の管理がずさんなものもあります。 合法なCBDリキッドを安心して使うためにも、CBDリキッドのブランドには信頼ができるものを選んだ方が無難です。そういった意味では、「Naked100」は非常に信頼度の高いブランドで、製造管理も徹底されており、第三者検査機関での成分証明書もあります。 当ショップでも「Naked100」のCDBリキッドを取り扱っていますので、安心してCBDリキッドを始めたいと思っている方は、ぜひ「Naked100」の商品を購入してみてください。

CONTENT特集一覧から選ぶ

STLTHの使命は、安価で実用的かつ喫煙者を満足させる代替品を提供することによって、受動喫煙や吸い殻のポイ捨てなど多くの悪影響を及ぼす従来の紙巻きタバコからの切り替えを促すことです。ポッドカートリッジを 挿入するだけでご利用できます。
VAPE.SHOPでは、PayPalという決済方法がご利用可能です。しかし残念ながらこのPayPalは、日本ではそこまで知名度が高くありません。みなさまに安心してお買い物をいただけますよう、こちらのページにて「PayPalの安全性について」お伝えします。
大人気リキッドのノンフレーバーニコチンベースについて、500人以上の方にアンケートを実施しました。楽しみ方は十人十色。 まだお試しいただけてない方はぜひ参考にしてみてください。
日本で爆発的な人気を誇るアイコス。ご存知の通り、アイコスは電子タバコ/VAPEではなく加熱式タバコです。たばこスティックという、タバコの葉のスティックを燃焼し楽しみます。しかし、イギリスの公式サイトでとんでもないものを発見してしまいました。
かつてここまで洗練されたVAPEがあっただろうか。見た目、使い方、吸い方、サイズ、充電方法、そのすべてがミニマルである。さらに、従来よりも高濃度である「ニコチンソルト」を採用し、満足のいく吸い心地。アメリカ史上最強VAPEが、ついに発売開始。個人輸入ならvape.shopで。
アメリカで大人気の「ソルトニコチン」。日本ではまだ馴染みがないのですが、vape.shopでも入手できるようになりました。従来の電子タバコに満足できなかった人や、ヘビースモーカーの人におすすめと言うが、ニコチンソルトとは一体なんなのか。特集形式でご紹介します。
ここで一服していきませんか。vapeのコーヒーやティーのリキッドをまとめ ました。
タバコフレーバーで圧倒的人気リキッドブランド「blackwood」のブランド特集です。
特集一覧へ