電子タバコ・VAPEコラム

電子タバコは受動喫煙の危険性が少ない

電子タバコは受動喫煙の危険性が少ない

電子タバコは健康増進法の改正案の対象外

近年、日本の飲食店では全席禁煙を掲げている店舗が増えていますが、まだ喫煙席を確保している店舗もあります。

そんな中、健康増進法の改正案として、飲食店では原則禁煙とするという内容が話題となっています。これは、受動喫煙によって同じ空間にいる非喫煙者が健康被害を受けてしまうことを防ぐためです。

しかし、この改正案には電子タバコや加熱式のタバコは含まないという動きが出ています。
電子タバコなどは新たに登場したものであるため、まだ研究が進んでおらず、本当に従来のタバコよりも健康被害が抑えられているかを解明できていない反面、周囲に健康被害を及ぼす可能性も解明できていません。
そのため、明確な研究結果がでるまでは電子タバコなどを対象外とする考えになりつつあります。

関連するページ:ニコチン入りリキッドについて

電子タバコからは危険な副流煙が発生しない

本来、タバコが危険だと言われているのはタールによる発癌の可能性です。タールはタバコの葉に火をつけることで発生し、煙と共に喫煙者の体内に入ります。
しかし、喫煙者が吸い込む主流煙はフィルターを通った煙であるため、幾分か健康被害は抑えられます。しかしタバコの先端から発生する副流煙は、タバコの葉から直接発生しているため、主流煙よりも害が大きくなってしまいます。これは研究の結果からも証明されています。
副流煙は非喫煙者の方が吸い込む機会が多くなるため、受動喫煙を防止するための対策が練られているのです。

ところが、電子タバコや加熱式タバコはそもそもタールが発生しません。電子タバコは、火を使わずにタバコの葉を加熱することで蒸気を発生させるものです。また、加熱式タバコは専用リキッドを加熱して蒸気を発生させます。

タールが発生していないのであれば、受動喫煙の危険性も低くなることは当たり前です。

まだタール以外の部分の危険性が解明されていないものの、喫煙者にとっても、非喫煙者にとってもありがたい存在であることは間違いないでしょう。

今の時代だからこそ電子タバコで禁煙を

以前は建物内に灰皿が設置されていましたが、今ではそのような光景を見ることはありません。また、飲食店でも喫煙者専用のコーナーが設けられ、分煙を行っている店も一般的となっています。
このように、喫煙者は肩身の狭い思いをしなくてはならないようになってきました。喫煙席であればタバコを吸うことは問題ないのですが、禁煙席のことを考えて喫煙できないという人もいます。

このように禁煙が進められる時代だからこそ、心置きなく喫煙できるわずかな場所を探すのではなく、禁煙に挑戦することをお勧めします。

といっても禁煙はなかなか難しいものです。禁煙を難しくしているものはニコチンと煙。ニコチンには非常に強い依存性があるため、摂取しないと落ち着かなくなってしまいます。また、煙を吸い込むことでタバコを吸っていると実感することも喫煙者の楽しみでしょう。
そのため、ニコチンパッチなどタールを摂取せずにニコチンのみを摂取する方法で禁煙に励んでも、煙を吸えないことからすぐにタバコを吸い始めてしまうのです。

それに対して電子タバコはどうでしょうか。
電子タバコはもちろんニコチンを摂取することができます。さらに水蒸気も発生するので、従来のタバコに近い形で楽しむことができます。たかが水蒸気と思われるかもしれませんが、ヘビースモーカーでも満足するほど従来のタバコに近い吸い心地です。

電子タバコは周囲の人に気兼ねなく喫煙を楽しむことができるのに加え、禁煙への近道にもなってくれるものなのです。

関連コラム