電子タバコ・VAPEコラム

ペットにも安全な電子タバコVAPE

ペットにも安全な電子タバコVAPE

一人の社員から広がる電子タバコの輪

タバコは健康に悪影響を及ぼします。これはタバコのパッケージにすら書いていることですから明らかなことです。
しかし、タバコによる健康被害は、決して喫煙者だけが被るものではありません。周囲の非喫煙者も被害を受けてしまいます。それどころか、周囲の人が吸い込むタバコの煙はフィルターを通していないため、喫煙者が吸い込む煙よりも害が大きいとも言われます。

こういったタバコの被害から最近では喫煙場所の制限が幅広く行われるようになりました。そして、会社などでも分煙として喫煙室が作られています。

会社ではタバコ以外にも様々な問題があります。上司が権限を使って部下に無理な業務を行わせるパワハラ、異性の社員へのセクハラなど、ハラスメント行為が後を絶ちません。それと同様に、タバコによるスモークハラスメントというものもあります。なぜ喫煙室が作られた社内でスモークハラスメントが行われるのでしょうか。

スモークハラスメントが起こりうる場面として、喫煙者である上司が非喫煙者の部下を喫煙室に呼び出し、そこで業務に関する話をするということがあります。
もはや喫煙室が意味をなしていないどころか、普通の部屋よりも喫煙室の方が狭いので、よりダイレクトに煙を浴びることになります。

そんな喫煙室から電子タバコの輪が広がる例もあります。喫煙室で電子タバコを吸っていれば周囲の人も興味を持ちますし、電子タバコを使っている方も勧めたくなります。こうして徐々に電子タバコを使う人が増えていくのです。

たとえ喫煙室であっても電子タバコを使うことで、スモークハラスメントという言葉はなくなっていくのではないでしょうか。

小さな子どもだけでなくペットにも安全

電子タバコは健康被害の軽減に加え、火を使わないというメリットもあります。これは、家庭に小さな子どもがいる場合、副流煙によって子どもの健康に害が出ることを防ぎますし、タバコによって子どもがやけどするといった事故も防ぐことができます。

しかし、現代はペットを多く飼っている家庭が多い時代。子どもよりもペットの方が多い家庭のほうが多数を占めるのだそうですが、もちろん電子タバコはペットに対しても安全です。

タバコの煙は人間に健康被害を及ぼすのですから、犬や猫にも被害が出ることは明白です。むしろ動物の方が人間よりも身体が小さい分、より悪影響が及びやすいと考えた方が良いでしょう。

また、タバコは火を使うので危険ですし、それによって吸い殻も発生します。もし吸い殻をペットが飲み込んでしまったらどうでしょうか。やはり健康に被害がでるでしょう。

こういったペットに対する危険性は、電子タバコを使うことで全て解決できます。もちろん小さな子どもがいる場合も同様のことが言えますので、電子タバコの活躍の場は非常に広いと言えます。

家族とのちょっとした時間が増える

家庭でタバコを吸う場合、換気扇の下で吸うという人やベランダで吸うという人が多いのではないでしょうか。やはり臭いなどが気になるため、家族からは離れた場所で吸う人が多くなります。しかし、その分家族との時間は減っていきます。

しかし、電子タバコであれば、独特な臭いを発することがなく、リキッドのほのかな臭いしかしません。また、タールが発生しないので、壁紙が黄色く変色するといったこともなく、室内でも問題なく吸うことができます。

つまりその分、家族との時間を増やすことができるということです。

電子タバコを使うことは、自分の身体や家族、ペットの身体を気遣うことにつながりますが、なんといっても家族との時間を大切にできる素敵なアイテムなのではないでしょうか。

関連コラム