IQOSで革命を起こしたフィリップモリス社、VAPEと並行して世界展開。

前回、IQOSの新商品「IQOS3」についてのコラムを書かせていただきました。今回は、それも含めて、フィリップモリス社から株主向けにローンチされた資料から、VAPEの未来を想像していきたいと思います。

関連リンク

IQOSがVAPEを作った!?
POD型VAPE、STLTHとJUULは何が違うの?どっちがいいの?
新型IQOS 3「IQOS 3」「IQOS 3 MULTI(マルチ)」は、世界ではどのような立ち位置になっていくのか。
IQOSで革命を起こしたフィリップモリス社、VAPEと並行して世界展開。
ploomTECHでお馴染みのJTが打ち出した、新しい2軸のT-VaporとE-Vaporとは
ploomTECHでお馴染みのJTが新作2つのモデルの加熱式電子タバコ発表

4つのプラットフォームで紙巻たばこからの完全切替へ

IQOSの売れ行き好調 画像引用:https://www.pmi.com/investor-relations/overview/event-details/?eventId=5246135

2017年3月、株主に向けた資料によると、アイコスを販売する「フィリップモリス社」は今後、いわゆる紙巻きたばこを減らしていき、加熱式たばこなどの次世代のたばこに切り替えていく方針を打ち出しています。ちなみにフィリップモリスとは、アメリカ合衆国ニューヨーク州に本社を置く、世界最大のたばこメーカーです。マールボロ、ラーク、パーラメントなどが有名です。

そして、今後の展開として「4つのプラットフォーム」によって紙巻きたばこを減らしていくことを発表されました。

4つのプラットフォーム

画像引用:https://www.pmi.com/investor-relations/overview/event-details/?eventId=5246135

Platform 1 =加熱タバコ

いわゆる「IQOS」です。ポケットチャージャー、ホルダー、たばこスティックの3つで構成。ホルダーは、特定の温度範囲内でたばこ葉を加熱するバッテリー式の電気加熱制御システム。IQOSの新商品「IQOS3」についてのコラムはこちら >

Platform 2 =加熱タバコ

Ploomtechのように、たばこの葉が密閉されている製品です。たばこ葉の加熱温度をあらかじめ設定された温度範囲内に抑える製品設計が採用されており、 先端部の炭素熱源により加熱するシステム。電気システムなしでも熱が発生。

Platform 3 =電子タバコ(VAPE)

ニコチン含有エアロゾルを発生させる新しいタイプのプラットフォーム。

Platform 4 =電子タバコ(VAPE)

いわゆる「IQOS mesh」。ニコチン含有溶液を気化させるバッテリー駆動式デバイス。POD型VAPEです。

そんな最強のたばこ会社VAPEを出すということは、VAPE界にとって追い風になるということは間違い無いでしょう。

海外でこんなに展開しています!・・・内訳は?

IQOS :25の市場における主要都市で開始

IQOS :25の市場における主要都市で開始

EU地域:デンマーク、フランス、ドイツ、ギリシャ、イタリア、リトアニア、モナコ、オランダ、ポーランド、ポルトガル、ルーマニア、スペイン、スイス、イギリス
EEMA地域:日本(千歳、中部、福岡、大阪、東京の各空港)。 スイス(ジュネーブとチューリッヒの空港) 、イスラエル、カザフスタン、ロシア、セルビア、南アフリカ、ウクライナ
LA&C地域:カナダ、コロンビア
アジア地域:日本、ニュージーランド

IQOSは上記の主要都市で展開しております。しかし上位各国のたばこの国内シェアで見てみると、一見どの国も順調に成長しているように見えますが、桁が違うことに驚きます。

たばこの国内シェア

画像引用:https://www.pmi.com/investor-relations/overview/event-details/?eventId=5246135

データが一年以上前ですので、最新のものを見て見ます。以下、国別ではなく地域別ですが、アイコスユーザーのほとんどが日本に集中していることがわかります。(黒文字がアイコスユーザー数、白文字が紙巻きたばこを禁煙しアイコスに移ったユーザ数。単位は千人。2018年9月27日"PMI Investor Day")

地域アイコスユーザーmap

画像引用:https://sites.media-server.com/mmc-custom-portals/Philip_Morris_Intl/2018-09-27_Investor_Day_2018/Downloads/Jacek_Olczak_v1.pdf

加熱式たばことvape

画像引用:https://www.pmi.com/investor-relations/overview/event-details/?eventId=5246135

加熱式たばこを牽引してきたフィリップモリスですが、日本以外のシェアの低さは現実です。世界ではVAPEが主流で、フィリップモリスもVAPEを出さなければならないのでしょう。そしてフィリップモリスに限らず、"PloomTECH"でお馴染みの「JT」も、VAPEでの世界展開を進行しています。

JT

画像引用:https://www.jti.co.jp/investors/library/
presentation/2018_London/pdf/20180605_3.pdf

※なおJTの情報については、メルマガ次回配信をお待ちください!メルマガ未登録の方は是非、こちらから会員登録をよろしくお願いします!

まとめ

IQOSをめちゃくちゃ売っている会社でも、世界ではVAPEを売っている。今も未来も、VAPEは世界の主流。

関連リンク

IQOSがVAPEを作った!?
POD型VAPE、STLTHとJUULは何が違うの?どっちがいいの?
新型IQOS 3「IQOS 3」「IQOS 3 MULTI(マルチ)」は、世界ではどのような立ち位置になっていくのか。
IQOSで革命を起こしたフィリップモリス社、VAPEと並行して世界展開。
ploomTECHでお馴染みのJTが打ち出した、新しい2軸のT-VaporとE-Vaporとは
ploomTECHでお馴染みのJTが新作2つのモデルの加熱式電子タバコ発表

アメリカで一番売れてるVAPE、JUULはこちら

JUUL

juul

アメリカの全VAPEのシェアNO.1。ソルトニコチン で吸い応え抜群