電子タバコ・VAPEコラム

電子タバコ・VAPEの平均的な値段とは

電子タバコ・VAPEの平均的な値段とは

電子タバコ・VAPEの平均価格は千円から3万円とかなりバラツキがあります。
というのも種類によって価格帯が異なるからです。

使い捨てタイプはお求めやすく、2,000円以下で購入できますが、煙の量も少なく、VAPEというよりは少し煙が出るハッカパイプを吸っているような印象です。一回使うとまた購入しなければいけないので日常的にVAPEしたい人には不向きです。
ただ最近はビタミンを配合して美容に優しいことを売りにしていたり、興味深い製品も見かけることも多いので、とりあえずVAPEがどんな感じなのか試してみたいという人にはいいかもしれません。

また安い価格帯ではペンタイプのものなどがありますが、煙の量も少なく本体が小さいのでこちらもまた日常的に吸いたい人には不向きなタイプと言えます。
このタイプのもう一つの欠点としては、充電がもたないので元喫煙者の場合充電回数が増えてしまい、結果バッテリーの消耗が早く、長期使用は難しいという点です。

元々喫煙していた人が満足感が得られやすい、吸った感じが強い/煙が多く出るタイプでは少なくとも5,000円~30,000円程度の価格帯のものが多いです。
(特殊仕様やデザインの製品ではもっと高価なVAPEも存在します。)
こちらのタイプは比較的本体の大きさも大きめでしっかりしているものが多いです。
本体が大きいものはバッテリー容量も多いものが多いので、長時間の使用が可能です。

しかしネットを見ていると、極端に安い商品を見かけることもあります。
ただしそのような商品は、安全性に疑問があるコピー商品であることが多いようです。
安い商品はただ単に壊れやすいばかりか、発火・爆発を起こすケースも世界各国で報告されています。爆発まで至ることは稀ですが、正規品よりも事故に至る可能性は格段に高いことは確かです。安いから、というだけでVAPEを買う=リスクが伴うことも忘れないで下さい。
仮に事故という最悪な事態が起こらなくても壊れてしまうと、また新しいVAPEを買いなおさなければいけないので、安物買いの銭失いになってしまう事もあります。

とは言っても、日本ではまだVAPE人口もそれほど多くないですし、どのメーカーが信頼できるのか知識がないしよくわからない…という人も決して少なくありません。
弊社で取り扱いをしている商品は、日本製もしくはアメリカ製で、各国の安全基準を満たしたもののみを厳選して販売しているので安心して使用できます。

関連するページ:初心者向けスターターキット

またEリキッドについてですが、国内外からオンラインで取り寄せることも簡単にできますが、こちらも本体同様、極端に安いものは避けた方が無難です。
ちなみに安価な製品は中国や、いわゆる発展途上国で生産されている場合が多く、原料や製造過程での安全管理などの基準が低かったり、そもそも基準自体が存在しない場合もあります。成分が不明瞭である場合も多く、安全性は保障できません。
体内に入るものですから、得体のしれないものはできる限り避けたい限りです。
それに引き換え、北米や欧米産のリキッドは物価の兼ね合いもありますが、高水準の生産基準が設けられているので、その分中国産よりはお値段も高くなっています。
一発のみ使用、というならまだしも長期的な使用をするのであれば体に悪影響のない品質の高いリキッドを選んだ方が無難と言えます。

関連するページ:ニコチン入りリキッドについて

関連コラム