ploomTECHでお馴染みのJTが打ち出した、新しい2軸のT-VaporとE-Vaporとは

今回は、2018年6月にploomTECHでお馴染みJTから株主向けにローンチされた資料をまとめました。意外と知られて居ないJTのVAPEの世界展開を見ていきたいと思います。

関連リンク

IQOSがVAPEを作った!?
POD型VAPE、STLTHとJUULは何が違うの?どっちがいいの?
新型IQOS 3「IQOS 3」「IQOS 3 MULTI(マルチ)」は、世界ではどのような立ち位置になっていくのか。
IQOSで革命を起こしたフィリップモリス社、VAPEと並行して世界展開。
ploomTECHでお馴染みのJTが打ち出した、新しい2軸のT-VaporとE-Vaporとは
ploomTECHでお馴染みのJTが新作2つのモデルの加熱式電子タバコ発表

T-VaporとE-Vapor

T-VaporとE-Vapor

画像引用:https://www.jti.co.jp/investors/library/presentation/
2018_London/pdf/20180605_3.pdf

たばこ事業法により、国内で唯一たばこの製造を行っているJT。正式名称は日本たばこ産業株式会社で、メビウスなどのブランドが有名です。そんなJTが2018年6月に株主向けにローンチした資料には、「T-VaporとE-Vaporの2軸でやってきましたよ」というまとめのお話と、「2020年までに3つの新商品を投入しますよ」という未来のお話が描かれていました。

個人としては、「T-VaporとE-Vaporの2軸」がそもそもあったのが驚きでした。

ploomTECHなどのT-Vaporのボリューム

ploomTECHなどのT-Vaporのボリューム

画像引用:https://www.jti.co.jp/investors/library/presentation/
2018_London/pdf/20180605_3.pdf

T-Vaporとは、PloomTECHの領域です。2017年実績、$3.2Bn(32億ドル)となっております。

2020年までに日本の加熱式たばこの40%シェアを目指す

2020年までに日本の加熱式たばこの40%シェアを目指す

グラフがたばこカプセルでできていてかわいいです。今の二倍の、2020年までに日本の加熱式たばこの40%シェアを目指すそうです。

2つのアイテムでIQOSを追いかける

2つのアイテムでIQOSを追いかける

画像引用:https://www.jti.co.jp/investors/library/presentation/
2018_London/pdf/20180605_3.pdf

従来のploomTECHに加えて、2つのアイテムを2019年〜2020年に投入。

ざっくり言うと、それぞれこのような特徴になっています。

ploomTECH+

  • • 新しいデバイス、従来と同様の低加熱タイプ
  • • 豊かな蒸気で、改善された満足感
  • • 煙の臭いはなく、燃焼もなく、灰殻もない
  • • 使いやすく、メンテナンスが不要
  • • PloomTECHと同じたばこカプセルを使用

ploomS

  • • 紙巻たばこのような豊かな風味と香り
  • • 上質な味
  • • 臭いが少なく、燃焼もなく、灰殻もでない
  • • 直感的で便利、モダンなデザイン
  • • 最小限のメンテナンス

iPhoneみたいなネーミングです。(笑)画像がまだ入手できて居ないのですが、手に入れ次第こちらの記事を更新していきたいと思います。メルマガ購読の登録はこちらから!

E-Vapor

E-Vapor

画像引用:https://www.jti.co.jp/investors/library/presentation/
2018_London/pdf/20180605_3.pdf

T-Vaporに対してE-Vaporについてお話ししたいと思います。E-Vaporとは、いわゆるみなさんがご存知の"VAPE"です。JTが作るVAPE「Logic」の領域となっております。

E-Vaporの売上ボリューム

E-Vaporの売上ボリューム

画像引用:https://www.jti.co.jp/investors/library/presentation/
2018_London/pdf/20180605_3.pdf

2017年実績で、$6.3Bn(63億ドル)の規模となっており、ploomTECH事業の約2倍となっております。ここからも世界の主流がVAPEであることがわかりますね。

すでに発売している3つのVAPEアイテム

すでに発売している3つのVAPEアイテム

画像引用:https://www.jti.co.jp/investors/library/presentation/
2018_London/pdf/20180605_3.pdf

以下のような特徴になっています。引用:「Electronic cigarettes | JT Science」https://www.jt-science.com/ja/what-vaping/electronic-cigarettes

logic POWER

リキッドが充填された交換用カートリッジを使用する、シンプルなタイプの電子たばこです。バッテリーは使い切りの製品と充電式の製品があります。カートリッジシステム(Cartridge sytems)とも呼ばれます。

logic LQD

このタイプの電子たばこもリキッドが充填された交換用カプセルを使用しますが、より多くのベイパーを生成するよう、シガライクよりも容量の大きいバッテリーが使用される傾向にあります。バッテリーは充電式です。カプセルシステム(Capsule systems)とも呼ばれます。

logic PRO

このタイプの電子たばこは、使用者が自身でリキッドを補充することができます。クローズドタンクシステム同様、より多くのベイパーが生成されるよう、容量の大きい充電式バッテリーが使用される傾向にあります。多様な種類のデバイスとリフィル(補充)用リキッドを使用することができ、好みに合わせたカスタマイズが可能です。リフィル可能システム(Refillable systems)とも呼ばれます。

-引用ここまで-
今度はなんとなくMAC(Appleのパソコン)みたいなネーミングですね。(笑)実物がまだ入手できて居ないのですが、手に入れ次第こちらの記事を更新していきたいと思います。メルマガ購読の登録はこちらから!

すでに発売している3つのVAPEアイテムのポスター

画像引用:https://www.jti.co.jp/investors/library/presentation/
2018_London/pdf/20180605_3.pdf

ポスター広告の画像を見ると、logic LQDとlogic PROの違いがよくわかりますね。

JTのPOD型VAPE

JTのPOD型VAPE

画像引用:https://www.jti.co.jp/investors/library/presentation/
2018_London/pdf/20180605_3.pdf

そして、JTからもついに"POD型VAPE"が登場。とりあえず買ってみてJUULと比較かなあ…。

JTのPOD型VAPEのポスター

画像引用:https://www.jti.co.jp/investors/library/presentation/
2018_London/pdf/20180605_3.pdf

横から見ると、ちょっと四角いんですね。JUUL系です。

まとめ

これからのJTまとめ

画像引用:https://www.jti.co.jp/investors/library/presentation/
2018_London/pdf/20180605_3.pdf

ploomTECHで日本の喫煙の風景をがっつり変えてしまった会社でも、世界規模で見るとVAPEの売上が倍ある。さらにPOD型VAPEを投入していくことで、VAPEはますます世界の主流へ加速していくでしょう。
なお、JTのVAPE"logic"のレビューは追って掲載いたします。メルマガ購読の登録はこちらから!

関連リンク

IQOSがVAPEを作った!?
POD型VAPE、STLTHとJUULは何が違うの?どっちがいいの?
新型IQOS 3「IQOS 3」「IQOS 3 MULTI(マルチ)」は、世界ではどのような立ち位置になっていくのか。
IQOSで革命を起こしたフィリップモリス社、VAPEと並行して世界展開。
ploomTECHでお馴染みのJTが打ち出した、新しい2軸のT-VaporとE-Vaporとは
ploomTECHでお馴染みのJTが新作2つのモデルの加熱式電子タバコ発表

アメリカで一番売れてるVAPE、JUULはこちら

JUUL

juul

アメリカの全VAPEのシェアNO.1。ソルトニコチン で吸い応え抜群