電子タバコ・VAPEコラム

電子タバコは高級品?通常のタバコとのコスト比較

電子タバコは高級品?通常のタバコとのコスト比較

電子タバコは敷居が高い?

日本でも徐々に浸透してきている電子タバコ。その先駆けとなったのでVAPEです。

電子タバコVAPEは単に通常のタバコの代わりになるだけでなく、おしゃれな見た目からアクセサリーのように扱われることもあります。
そのため、電子タバコをうまく使いこなしている人は、見た目もおしゃれな上に健康や周囲の人のこともしっかりと考えている、とてもかっこいい人と見られます。

しかし、そのおしゃれな見た目から高級品なのではないかと思う人も多く、価格の面でなかなか電子タバコを始められないという喫煙者も多いようです。

ところが、電子タバコはそれほど高級品だというわけではなく、誰でも手軽に始めることができるものなのです。

関連するページ:初心者向けスターターキット

幅広い価格帯で用意されているので初心者でも安心

電子タバコVAPEは火を使わず、電気でリキッドを加熱することで使うことができます。そのため、リキッドやバッテリー、充電器などが必要となります。このようなパーツが多くあれば、それだけコストがかかってしまいそうですが、電子タバコVAPEにはスターターキットが用意されており、安い物であれば1,000円程度で手に入れることができます。
しかし、あまりに安いと心配になるユーザーも多いため、主に4,000円程度のスターターキットが人気です。

また、多くの人が使っている電子タバコは通常のタバコと同じくらいのサイズのものですが、非常に大型の物もあり、こちらは30,000円を超える場合もあります。
使い捨てで非常に安い物もあり、自分に合った電子タバコを選ぶことができます。

低価格なものも用意されている理由は、中国製のものもあるからです。中国製の商品は低価格なものが多いですが、電子タバコも例外ではなく本体やリキッドも中国製は安いのです。

しかし、中国製は低価格な代わりに故障や健康被害が心配という人も多いでしょう。そういった場合には、中国製よりは値が張りますがアメリカやイギリスで製造されたものがおすすめです。 アメリカやイギリスでは電子タバコが普及しており、その国独自の基準を設けて製造しているため安全性が段違いです。

4,000円程度で手に入るのであれば、少し電子タバコを試してみたいという人でも気軽に始められます。
電子タバコは高価なものばかりではないので、予算などを考慮して合う電子タバコを選択しましょう。

通常のタバコと電子タバコのコスト

電子タバコは低価格な物も用意されているので、気軽に始められることは分かっていただけたかと思います。
しかし、問題は長く続ける場合にかかるコストです。やはり長く使い続けることで、それだけ費用も掛かってきます。
そこで、通常のタバコと電子タバコのコストを比較してみます。

まず、通常のタバコは1箱で460円ほどです。もし1日1箱吸う人であれば、1年間で165,600円かかります。さらに、タバコの臭いのケアにも費用がかかりますので、これ以上の金額が必要となってきます。

電子タバコの場合はリキッドを使いますが、1本でタバコ7箱相当なので、1日1箱分を吸うとしても1年間で約50,000円しかかかりません。また、電子タバコは臭いが発生しないため、臭いのケアなどには費用が掛からないこともポイントです。

もちろん、電子タバコには様々なパーツがあり、バッテリーは1年に1回程度、コイルなどは定期的に交換しなくてはいけないので、その分費用は掛かります。
しかし、リキッドで11万円も安くなっていることを考えると、パーツを交換したとしても電子タバコの方が安く抑えられることは明白です。

電子タバコは通常のタバコと比較して健康被害が少ないといった部分のみが注目されますが、コストの部分でも通常のタバコよりも喫煙者に優しいものとなっています。

関連コラム