電子タバコ・VAPEコラム

おしゃれでコミュニケーションツールにもなりプレゼントにも最適な電子タバコ

おしゃれでコミュニケーションツールにもなりプレゼントにも最適な電子タバコ

電子タバコもコミュニケーションツールとなりうる

喫煙の文化が深く根付いている今、タバコはコミュニケーションツールの一つとも言われています。

また最近では喫煙場所が制限されるようになり、喫煙者は喫煙所に足を運ばなくてはならなくなりました。
喫煙所という狭い空間では人と人との距離も近くなり、喫煙所内で交流が生まれるようにもなったのです。

さらに喫煙者同士であれば、初対面であっても吸っているタバコの銘柄など共通の話題があるため、話には困らないというメリットもあります。

喫煙は身体に害が及ぶというデメリットばかりが注目されます。もちろんこれは大きすぎるデメリットですが、コミュニケーションという観点から言うとメリットも持っているということです。

では、最近タバコの座を揺るがしつつある電子タバコは、コミュニケーションという観点から見てメリットを持っているでしょうか。

電子タバコが通常のタバコの代替となっているのは日本でも同じことです。とはいえ、まだそれほど普及しているものでもないため、電子タバコを使っていると周囲の人からは物珍しい目で見られるものです。

中には電子タバコについて質問を投げかけてくる人もいます。電子タバコはタバコ独特の臭いがしないということもあり、タバコは喫煙者同士のコミュニケーションにとどまっていたところが、電子タバコは喫煙者と非喫煙者のコミュニケーションにも作用するため、タバコ以上のコミュニケーションツールとも言えるでしょう。

おしゃれの一部として楽しむ電子タバコVAPE

電子タバコVAPEはコミュニケーションツールとしてだけではなく、おしゃれの一部、いわばアクセサリーのような存在でもあります。

喫煙の場としてバーもよく利用されます。おしゃれなバーでタバコをふかすというのが大人の楽しみ方になっていますが、バーで電子タバコを使うこともおしゃれなものです。

電子タバコにはライトが搭載されており光を発します。バーのような薄暗い空間ではそのライトがより映え、さらにおしゃれに映るのです。
もちろん、これによってコミュニケーションは生まれていくでしょう。

そして、おしゃれの一部としての電子タバコの楽しみ方はこれにとどまりません。

電子タバコは本体のカラーバリエーションはもちろんサイズも様々あります。また、必要となるパーツもいろいろとありますが、バッテリーやアトマイザーと呼ばれるパーツにもカラーバリエーションがあります。

このように様々なカラーを組み合わせることで、自分だけの電子タバコを完成させることもできます。もちろんその日の気分によって色を使い分けることもでき、電子タバコの楽しみ方が幅広くなります。

見た目以外にも楽しみがある

電子タバコVAPEは見た目にこだわっておしゃれを楽しむだけでなく、もちろんタバコとしての楽しみ方もしっかりと持っています。

タバコには様々な味わいがあるように、電子タバコVAPEにもリキッドに様々なフレーバーが用意されているため、自分の好きなもの見つけることができますし、いろいろな味を試すこともできます。

さらにはDIYリキッドと呼ばれる、組み合わせでリキッドを自作できるものも用意されています。

関連するページ:ニコチン入りリキッドを自作する(ニコチン濃度計算機)

電子タバコの楽しみは非常に奥深いのです。

関連コラム