電子タバコ・VAPEコラム

従来のタバコと電子タバコの違い

従来のタバコと電子タバコの違い

電子タバコは健康増進法の改正案の対象外

喫煙者にとってタバコを吸うという行為が普通でした。しかし、今では電子タバコが普通となりつつあります。

もちろん、電子タバコがどのようなものかを知らないという人も多いはずです。やはりタバコに関心のある喫煙者しか電子タバコの存在を知らないものなのです。
ところが、ここ最近では一般的にも普及しつつあり、非喫煙者にも知られるものとなっているのです。

電子タバコは様々なメーカーから出ていますが、その先駆けともいえるものに電子タバコVAPEがあります。
電子タバコそのものの名前として「VAPE」という言葉が広まっていますが、実は電子タバコを吸う行為自体も「VAPE」と呼びます。

そして、ついには辞書で知られている"英オックスフォード大学出版局"が2014年の「今年の言葉」として「VAPE」を選んだのです。

このことからも、電子タバコが一般的に普及していると言えそうです。

人気の理由はタバコのデメリットを解消したから

電子タバコがこれほどまでに人気となった理由は、従来のタバコのデメリットを解消しているからです。

タバコの大きなデメリットとしては、健康被害と臭いが挙げられます。

喫煙によって健康被害が出る場合の原因のほとんどはタールです。タールはタバコ葉を燃やした際に発生する物質で発癌性があります。
しかし、電子タバコは火を使わないため、タールが発生することがありません。つまり、タールによって発生していた健康被害が無くなるということです。

また、火を使わないため煙が発生することもありません。
今までは煙によって周囲にも受動喫煙の恐れがありましたが、電子タバコでは受動喫煙の危険性も軽減されています。

電子タバコにはリキッドを使用します。このリキッドに有害な物質が含まれていると考える人もいるようですが、リキッドには人体に影響のない物質しか使われていません。また、香料などが使われていることもありますが、この香料も食べ物などに含まれているものと同じであり、健康には害がありません。

そして、電子タバコが解消したもう一つの問題である「臭い」。実は喫煙によって発生する臭いの原因もタールです。
電子タバコではタールが発生しないのですから、臭いは発生しないことも明らかです。

このように電子タバコは従来のタバコのデメリットを見事に解消しています。これは喫煙者だけでなく非喫煙者にとってもうれしいこと。
そのため、非喫煙者が喫煙者に電子タバコを勧める場合もあり、電子タバコが一般的に普及し始めたのです。

タバコのデメリットを解消したことで、電子タバコからは満足感が得られないと思われるかもしれません。
しかし、電子タバコは煙の代わりに水蒸気が発生し、タバコと同様の吸い心地を実現しています。
そのため、電子タバコでも満足感を得られる喫煙者がほとんどです。

ファッションとしての電子タバコVAPE

電子タバコVAPEはタバコのデメリットを解消することで人気となりましたが、見た目においても人気の理由があります。

電子タバコVAPEは、本体のカラーバリエーションが豊富に用意されています。本体の大きさやデザインなども様々あるため、性別に関係なく使いやすくなっています。
また、電子タバコVAPEは様々なパーツで構成されていますが、このパーツにもカラーがあるため、自分なりのカスタマイズも楽しむことができるのです。

本体にはLEDが搭載されており、使用中にはそのLEDが点灯します。暗めの場所で使用すると非常におしゃれです。

このようにカスタマイズ性に優れ、おしゃれに使うことができる電子タバコは、喫煙を楽しむためのものとしてではなく、ファッションの一部として取り入れられることも多くなりました。

電子タバコは見た目にも実用性にも優れており、誰しもが使いやすいものとなりました。これが、電子タバコVAPEが人気となった理由なのです。

関連コラム