電子タバコ・VAPEコラム

VAPEの安全性は?

VAPEの安全性は?

VAPEの安全性についてはこれまで世界中の専門家の間でその是非が討論され、医者ですら聞く人によって見解が分かれるほどでした。
一般消費者からするとVAPEは本当に安全なのか、それとも煙草よりもより一層害があるのかの真偽のほどが確かではないため、なかなかVAPEを始められないと踏みとどまっている人もいるのではないでしょうか。

ところが最近では、日本でもおなじみのブリティッシュ・アメリカン・タバコ社の研究や、欧米の科学者の研究で共通して、VAPEを吸っている人の肺細胞に破損は見られなく、空気を吸っているのと同等の安全性があるという研究結果を発表しています。

これらの研究の実験の一つの例として、ブリティッシュ・アメリカン・タバコ社の資金援助によって行われた煙草業界のガリバー企業とMEKTEK社の共同研究が挙げられます。
この実験では人間の肺細胞の機能を模倣したロボットを用い、従来の煙草の煙と二種類のVAPEリキッドの煙が人体の肺に与える影響に特化した研究を行いました。

そこで煙草の煙に晒された肺サンプルでは肺細胞が6時間後に死滅しているのに対し、VAPEの水蒸気に晒された肺細胞サンプルに特に変化は見られなかったという興味深い研究データが発表されました。
これにより煙草にいかに人体にとって有害であるかが浮き彫りになり、逆にVAPEの無害性が証明されました。

この研究結果を基にブリティッシュ・アメリカン・タバコ社広報担当であるマリーナ・マーフィー博士は、「この実験でのVAPE使用において、人体の気道組織に悪影響は確認できなかった」とVAPEの安全性を主張しています。
また、同社化学製品研究グループ代表マリーナ・トラニ氏は、「現状VAPEの安全性を実証するための明確な基準は定められていないため、弊社の手順は将来的なVAPE実験の基準を発展させていくために大いに役立つでしょう」と今回の実験の有用性を評価しています。
とは言え、VAPE本体・Eリキッドにも様々な種類がある事からVAPEの安全性を明確化するためには、これからもより多くの研究データを要するでしょう。

VAPEの安全性ついての議論はこの数年は特に加熱し、相反した見方があるのは確かではありますが、大方の研究者は煙草よりも有害性は低いとの一致した見解を示しています。
喫煙者はVAPEに切り替えるべき、と訴えているボストン大学公衆衛生部・地域保健学科教授マイケル・シーゲル博士も今回の肺細胞の研究を高く評価しています。
また「より多くの喫煙者がVAPEに切り替える、その「ニコチン市場の変革」は公衆衛生の観点では今世紀最大の偉業とも言えるであろう」と述べました。
それに対し別の衛生分野の専門家は液状のニコチンを加熱すると人体に有害な毒素が発生すると反論。しかしVAPE援護団体は、加熱しすぎると有害な毒素が発生するのは事実だが、加熱しすぎるという状態は誤った使い方をした結果に過ぎないと出張しています。

VAPE事業者団体・化学部門責任者トム・プルエン氏も今回の実験は非常にクオリティーが高いと支持し、VAPEの安全性を証明する始めの大きな一歩を踏み出したとの見方をしています。

「VAPEの安全性を訴える研究データの中には信頼性のないデータを根拠としたものも含まれているのも確かで、それは問題があるとは認識しています。ですが今回のブリティッシュ・アメリカン・タバコ社の研究結果の功績でVAPEに関する疑念を抱く人が減少したのではないでしょうか。」
「今回のブリティッシュ・アメリカン・タバコ社の研究結果は決して予想外の結果ではありません。VAPEから噴射される水蒸気中の成分に毒性が低い、というデータは世界中の研究者によって既に実証されており、今回の実験でその信頼性がより一層強固なものになったというだけに過ぎません」とプルエン氏もコメントしています。

関連コラム