電子タバコ・VAPEコラム

VAPEの安全性―イギリス保健省の発表―

VAPEの安全性―イギリス保健省の発表―

健康への悪影響を95%削減

イギリス保健省の発表によると、ニコチン含有VAPEジュース(ニコチン入りリキッド)は一般的なタバコと比較して、健康への悪影響を与える成分が95%も少ないとの研究結果を発表しました。
中には粗悪な製品を生産する悪徳業者も存在し、またネットなどで調べても[たばこよりも害が少ない]説、[たばこと同様、呼吸器に悪影響を及ぼす]説など様々な全く逆の意見を唱えた記事があまりにも多く、結局どちらが正しいのかわかりにくい状態が続いていました。
またVAPEに関してはまだ歴史が浅い事も加味して、研究サンプルが少なかった背景もあり医学界のスペシャリストの間でも肯定派と否定派に分かれる程なので素人では健康に良いのか悪いのか判断しづらいのも当然です。

関連するページ:ニコチン入りリキッドについて

ところが今回のイギリス保健省の発表でVAPEには、たばこ等に含まれる喫煙由来の病気を引き起こす化学物質の多くが含まれていないという研究結果が示されました。
ちなみにVAPEに関しては以前に発がん物質が含まれているという研究結果から規制をしている市町村も存在しますが、イギリス保健省でVAPEの研究を行ったケビン・フェントン教授によると、"全く喫煙をしなかった場合との比較ではリスクが無いわけではないが、たばこの喫煙と比較すると有害性は低い"そして同教授は"たばこを止めたいと思っている人が、たばこより害が少ないVAPEに置き換える事で禁煙を手助けできる有効なツールにもなり得る"とも指摘しています。
また、VAPEはチョコレートやストロベリーなど、未成年者がおいしそうと思うような甘い匂いがする上、受動喫煙で起こる健康への悪影響も通常のタバコの喫煙よりも低いがために、未成年者が喫煙を始めるきっかけを作るのではないか、との声もありましたが同教授は、"その意見には特に根拠はないし、我々はVAPEの健康面での影響について、これからもより一層深く研究をしていく必要性がある"と回答しました。

VAPEの原料は何でできているのですか?

VAPEジュース(リキッド)の原料として使われるのは主に
・ベジタブルグリセリン
・プロピレン・グリコール
・香料 の三点です。

ベジタブルグリセリンをベースにしたジュース(リキッド)はその名の通り、植物由来のグリセリンを用いたジュースで、多くのメーカーはオーガニック成分として認証された製品のみを利用して調合を行っています。ちなみにこの成分はオーガニック由来のアロマオイルなどにも採用されており、アロマオイルを焚いたり、アロマディフューザーを使用した場合と変わらず健康に悪影響はありません。

プロピレン・グリコールはあまりにも過剰に摂取しなければ人体に悪影響は出ず、摂取しても安全の範囲内という立ち位置の成分です。
名前が似ている化学物質でジエチレン・グリコールというものがありますが、こちらの物質とは無関係の成分になります。

香料は飲料や食料に含まれる香料と同じものが使われており、ご存知の通り人体に影響が出る類の成分ではありません。

ただし、一部の業者(店舗型・オンラインの業者を問わず)ではコスト削減のために人体に有害な成分を配合したジュースを販売している場合も中にはあるので、安全な成分にこだわった店・サイトをきちんと調べて購入した方が良いでしょう。

関連するページ:フレーバー(味)から選ぶ

今更ですがVAPEとSMOKEはどう違うのでしょうか?

一般的なタバコやシーシャの場合はタバコの葉に火を付け、その煙を吸って吐く…つまり(SMOKE)を行うのですが、VAPEの場合は火を使わず、電気で熱を発生させ、その熱でジュースを水蒸気化させるので(VAPE)(水蒸気化する・水蒸気を起こす)という単語が使われます。特に英語圏では一般的に通用する「新しい単語」として、2014年からは「VAPE」の新しい定義、つまりVAPEを吸うの意がイギリスのオックスフォード辞典にも登場しています。

欧米でVAPEがトレンド化している事情とは?

一般的なタバコで一番有害な物質は何かご存知ですか?
それは言わずと知れたタールで、発がん性物質を含みます。
そして喫煙行為により体内で一酸化炭素の比重が上がる事で体の各器官の酸化を促し、動脈硬化を始めとして人体に様々な悪影響を与えます。
つまりVAPEはタールを摂取せずに喫煙気分を味わえる新しい喫煙の形と言えるでしょう。 更に掘り下げると欧米でVAPEが人気になっているのは以下の理由が挙げられます。


・節約…欧米の多くの国ではタバコ税が高い。国によってはタバコ一箱千円程の国や地域も。
・匂い…タールが含まれていないので髪や服、車や部屋が臭くならない。
・見た目…部屋などが黄ばまない。
・副流煙がない…周りの人に優しい。
・ゴミが出ない…吸殻・灰が生じないので掃除も楽で、燃え残りによる火災が起きない。
・おしゃれな本体…本体のデザインも豊富だが、本体の吸い口やケースなどを自分好みにカスタマイズしたり、好きなデザインのケースやストラップを取り付ける事でファッションアイテムとしても取り入れができる。また摂取量によってはジュースを入れるタンクを大きいものを取り付けたり、複数のバッテリーを併用するタイプのVAPEも存在する。逆に頻繁にVAPEしない場合は、ペンタイプの超小型タイプなど使用頻度や煙の量の好みで自分流にカスタマイズが可能。
・ジュースのフレーバーの種類が豊富…コーラ味やワイン味、レモンやシトラスなどの柑橘系、ストロベリー、チョコレートなどジュースのフレーバーに無限にチョイスがあり、例えばミント味のジュースをグレープ味のフレーバーに混ぜるなど、自分好みにジュースをミックスできる。また店頭でニコチン濃度を指定しての購入が可能(大体0mm~ニコチンレベルが高くても30mmくらいの間が多い。)

ファッションでトレンドだから、というイケイケな若者だけではなく、禁煙したい中年・高齢者でだんだんとニコチンレベルを落としていく、という使い方をする人も欧米では増えています。

関連するページ:ニコチン入りリキッドを自作する(ニコチン濃度計算機)

関連コラム