電子タバコ・VAPEコラム

自動車の運転時でも安全に使える電子タバコ

自動車の運転時でも安全に使える電子タバコ

運転中にタバコを吸うことで起きるトラブル

喫煙者がタバコを吸う場面としてよく目にするのが、食事の前後やお酒の席、ちょっとした休憩時間などです。
そして、車の運転中にタバコを吸うという人も非常に多いものです。しかし、車の運転中の喫煙は様々なトラブルを招きます。

一番に考えられるのが臭いです。車でタバコを吸えば、必ずシートやマットに臭いが付き、次第に臭いが取れなくなっていきます。その車の持ち主本人だけが乗るのであれば問題ないのですが、ご家族や友人など非喫煙者が一緒に乗る場合、非喫煙者にとっては辛い移動となってしまいます。

関連するページ:ニコチン入りリキッドについて

また、車の運転中にタバコを吸う人は、他人の車に乗っている時もタバコを吸いたくなるものです。しかし、車にタバコの臭いがつくことを嫌う人もいるので、そう簡単には吸うことができません。もし勝手に吸ってしまえば、おそらく大きなトラブルに発展するでしょう。

運転中の喫煙は危険性もあります。タバコは火を使うため非常に高温になります。もし、手元が狂いタバコを落としてしまえば発火するおそれもあります。運転中であればすぐに拾い上げることもできないため、非常に危険です。

運転中にタバコを吸い、灰を窓の外に落とす光景をよく目にしますが、これも危険です。窓を開けたつもりで外に灰を落とそうとしたところ、実は窓がしまっていて吸い殻が足の上に落ちてしまい、そちらに気をとられた瞬間に事故を起こして死亡したということもあります。これは実際にあった事故です。

運転中にタバコを吸う人は多いですが、意外と危険な行為なのです。

電子タバコならトラブルを防ぐことが可能

普段から運転中にタバコを吸っている人が電子タバコVAPEに切り替えると、こういったトラブルを防ぐことができます。

電子タバコVAPEの最大の特徴は火を使わないこと。これが全てのトラブルを解決してくれるのです。

まず火を使わないということは、落としたとしても発火する心配がありません。そのため、すぐに拾い上げなければいけないこともないのです。
また、万が一足などに落ちても熱くないので、気をとられて事故を起こすということもないでしょう。

さらに、車内に残って取れない臭い。この臭いはタバコから発生するタールが原因ですが、タールはタバコ葉が燃焼する際に発生します。つまり、火を使わない電子タバコであればタールが発生しないため、車内に臭いがついてしまうということもないのです。
これなら他人の車に乗る際も使わせてもらえるかもしれません。

電子タバコは禁煙の場所でも使えるの?

火を使わないため臭いが発生せず、煙もでない電子タバコVAPEですが、禁煙場所に指定されたところでも使うことができるのでしょうか。

最近禁煙場所が増え、喫煙所などの限られたところでしか喫煙ができなくなっている原因は、タバコの臭いと煙に含まれるタールです。電子タバコからは臭いもタールも発生しませんが、だからといって禁煙の場所で電子タバコを使っていいわけではありません。

飲食店でも喫煙席もしくは店外で電子タバコを使うべきですし、喫煙所などを利用することも大切です。
あくまでも家庭内などの限られた場所では自由に吸えるというもので、公共の場では最低限のマナーを守るようにしましょう。

しかし、海外ではイベント会場など多くの人が集まる場所では電子タバコの利用が認められています。この動きにならって日本でも一部のイベント会場で電子タバコが使えるようになってきています。

今後、日本でも電子タバコが使用可能になる場所が、徐々に増えていくのではないかと考えられます。このような動きがでることで電子タバコの活躍の幅が増え、より多くの喫煙者が電子タバコに切り替えるのではないでしょうか。

関連コラム